万引きなど、スーパーで起こる7つの事件!-無断駐車も?!-

スーパーで働いていると、様々な事件に遭遇します。
皆さんもよくTVで見ているであろう万引きはもちろん、無断駐車や嫌がらせまで…。
ここでは、スーパーで起こりうる7つの事件を紹介します。

スポンサーリンク


万引き

店によって異なりますが、私の勤める店では数か月に1度のペースで発覚しています。
保安員、いわゆる万引きGメンに来てもらうのも数か月に1度なので、もしかしたら頻度を増やせば検挙ももっと多くなるかもしれません。
いずれにせよ、かなりの頻度で行われていることには違いありません。

偶然現場を目撃→取り押さえの場合もありますし、以前から怪しいと踏んでいた人間をマークしていて現行犯で捕まえる場合もあります。
タイミングを誤ったり、不確かな情報だけでは取り押さえることができません。

確保された被疑者は、まず店の事務所に連行されて店長(不在の場合は副店長)と話をすることになります。
余罪の有無など聞き出し、最終的には警察を呼ぶことになります。
この辺の流れはTVで放送されている通りです。

常連だったあの人が…ということもよくある話で、その時のショックは計り知れません。

内引き

内引きとは万引きに対して、従業員が内部で行う窃盗を指す言葉です。
簡単に言うと従業員による万引きということになります。

従業員はお客さんよりも犯行に及びやすいので、内引きされる可能性が常に店にはあります。
店内の品物をバックヤードに下げるふりをして、こっそり持ち帰るということが容易にできてしまうのです。
また、商品を「後で買うから」といって取り置きし、そのまま帰ってしまう…という手口も存在します。

今のところ私自身は、内引きで処分を受けた従業員は見ていませんが、疑惑が出ている従業員はいます。
しょっちゅう売場から商品を持ってきていて、本人は「ただの取り置き、ちゃんと後で買うから」と言い張ってますが、怪しいったらありゃしない。
店長に相談しても「現行犯じゃないと」との一点張り。
どうやら、客だろうが従業員だろうが現行犯でないとどうしようもないみたいです。

これを読んだ皆さんは「内引き簡単そうじゃん」だなんて思ったかもしれませんね。
ですが内引きは絶対にしちゃいけませんよ!

窃盗

スーパーもコンビニほどではないですが、窃盗に遭うことがあります。

私の勤める店の系列店も、数年前に被害を受けました。
金庫に入っていたその日の売上金約100万を盗られてしまったのです。
犯行は深夜、閉店後に従業員出入り口を壊して侵入し、金庫に一直線だったとのことらしいのです。
金庫には暗証番号がかかっていましたが、どうやら犯人は周知していたようで、あっけなく開けられてしまいました。
警備員が駆け付けた時にはもぬけの殻で、結局犯人は捕まらず今に至ります。
従業員か元従業員の犯行だとの見方が強まりましたが、誰だのか見当もつきません。
大金がなくなってしまったのでショックでしたが、人的被害はなかったので本当によかったと今では思います。
その後セキュリティーを強化し、2重ロック金庫に変更、途中で売上金の回収を警備会社に依頼するなどの対策をとることになりました。

正直、こんな小さな会社でも強盗被害を受けるんだとびっくりしましたよ。
内引きと同じで、従業員が犯行に及ぶ可能性もあるんだと思い知らされました。
実際、従業員が従業員の金銭を盗むという事例も発生することもありますから。
貴重品の管理もしっかりしなければなりません。

追記(2017.05)
ついにうちの会社で、従業員による窃盗が起こってしまいました…。犯人は昔からいるベテランの主婦パートで、数年前から何度か怪しい動きをしていたらしく、内部では要注意人物扱いされていたそうです…。
前から怪しまれていただけあって、周囲の人たちは「やっぱりあの人だったんだ」というような反応だったそうです。詳しいことは書けませんが、よくお金を扱うレジ部門の人は、少しの言動でも怪しまれないように注意した方がいいかと思います。
お金に触る機会が多い=不正を行う可能性もある、ということもいえますので…。

不法投棄

よくコンビニのゴミ箱に「家庭ごみの持ち込み禁止」と書かれていますよね。
スーパーも、トレーや牛乳パックの回収用にゴミ箱を設置していますが、その中に他のゴミが混ざっているのです。
店側は、見つかったゴミを一つ一つ取り除いて、業者の人に持って行ってもらえるようにしなければなりません。
このひと手間ひと手間が、従業員の負担となっているのです。
皆さんのマナーが向上することによって、従業員の作業効率もはかどり、ひいては店全体の円滑な運営にもつながっていくのです。

また、ひどいケースだと真夜中にゴミ袋を店の前に捨てていくということもありました。
上記の窃盗にしろ、真夜中で誰もいない時を狙って行われるので、犯人の特定も難しいのです。
このケースでは2~3度で終わったので良かったのですが、常習犯が現れた場合どうしようか…と頭を悩ませています。

スポンサーリンク

当て逃げや接触

駐車場でのトラブル・その1。
基本的に「駐車場内(敷地内)での事故・トラブルに関して当店は一切関知いたしません」というスタンスとなっています。
ですから、もし当て逃げや接触をされてしまった場合、当事者同士の話し合いをお願いしています。
ただ、「隣の車に傷つけられた可能性があるから、車の持ち主を呼び出してほしい」などと言って下されば、呼び出しを行うことができます。

もし、自分が他の車を傷つけてしまった場合も、店内放送で相手を呼び出してもらうなどして、直接相手と接触を図って下さい。
あくまで、店が出来ることは呼び出しくらいです。
監視カメラの映像を公開するかどうかは、プライバシーの関係上店側の判断になるので、確実に見せてもらえるかはわかりません。

無断駐車

駐車場でのトラブル・その2。
駐車場が広く、店からの距離があるほど行われやすい無断駐車。
日中と真夜中なら、日中の方が意外とバレにくいです。
誰がどれほどの時間車を停めているかなんて、店員は正直見ていられません
数時間程度、最悪朝~夕方くらいまでならお咎めはないと思われます。
真夜中に停めた場合、朝出勤してきた従業員から「見覚えのない車、従業員ではなさそうだから無断駐車だな」と思われてすぐにバレてしまいます。
店は従業員の車をだいたい把握しているので、無断駐車なのかどうかの見分けがつくのです。

無断駐車への対処は、店長の判断によって変わります。
見つけ次第すぐに貼り紙を貼る店長もいれば、数日間停めっぱなしでも何もしない店長もいるのです。

ちなみにコンビニはもっと厳しいので要注意ですよ!
なぜなら、店から駐車場全体が丸見えで敷地も狭いですし、ほんの数時間でも貼り紙を貼られるなんてことも。

その他嫌がらせ・変質者

あまりスーパーで変質者が発見されることもないのですが、過去にこんな事件がありました。

露出狂との遭遇

ある日レジに立っていた私は、お客さんから「男子トイレに挙動不審な男性がいる」との知らせを受けました。
すぐに店長に話をしたところ、店長が男子トイレを見張ることになりました。
私はてっきり、「どうせ万引きなんだろうな」としか思っていませんでした。
しかし、出てきた男性は…なんと!下半身丸出しだったのです!!
見知らぬ男性の×××を見てしまった私は恥ずかしさよりも、好奇心の方が勝り「こんなことあるんだ!すげ~」と感慨深い気持になりました笑
その後、その男性がどうなったのかは不明ですが…。
店長、どうしたんだろう?笑

排出物が…

それから、こちらもトイレに関係する話なので、お食事中の方はごめんなさい!
一時期、男子トイレに飲み残しのお茶と思われる飲料が入ったペットボトルが置き去りにされる事件が頻発していました。
最初は「こんなにお茶残してもったいないね~」という話だったのですが、
回数を重ねるにつれ「…これ、お茶じゃなくて尿じゃない?」という噂になりました。
確かに、わざわざお茶を飲み残して置いていくなんて普通考えられませんよね。
この一連の行為は店に対する嫌がらせではないかという話になり、犯人を捕まえるチャンスを狙っていたのですが、結局こちらも犯人は見つけられず…。


ここまで読んだ方は「この会社ヤバくね?強盗も万引きもろくに捕まえられてねぇじゃん!」と思われるでしょうね。
えぇ、わかってます、ぶっちゃけヤバいと思います…。
他の企業はどうなんだろうか、めちゃくちゃ気になります。
まぁ、ここまでひどいことはないんじゃないかと思います。
逆に言うと、スーパーでバイトするとこんな様々なイベントアクシデントに遭遇できますよ!
強盗はさすがに勘弁してほしいところですが。

スポンサーリンク