赤りんご・青りんご定番の品種は?-そもそも何故色が違う?-

りんごの不思議な点といえば、赤色と青色の2種が存在することではないでしょうか。
赤りんごが普通で、青りんごは変種だというイメージがありますよね。

今回は何故色が違っているのか、それぞれの定番品種は何なのかについて紹介します。

スポンサーリンク


りんごの種類

まず、りんごは赤色のものと緑(黄)色のものに区別することができます。
緑(黄)色のりんごは「青りんご」とも呼ばれています。

赤色のりんご

ふじ/サンふじ

ふじはりんごの中でも収穫量No.1を誇り、人気の品種です。
りんごといえばふじ!と言っても過言ではないでしょう。
特徴はなんといってもシャキシャキの食感です。
溢れる果汁に、甘みと酸味のハーモニー。
そのうえ貯蔵性も高いという、文句なしのりんごとなっています。

つがる/サンつがる

ふじに次ぐ収穫量のつがる。
昔は有袋栽培のつがるが多かったのですが、最近は無袋栽培のサンつがるが主流となっています。
甘く果汁も多いのですが、貯蔵性がよくないのが難点です。

緑(黄)色のりんご

王林

青りんごの代表的存在ともいえる、王林。
なにしろ名前の由来は「りんごの王様」ですからね笑
果汁が多く、甘みが強いので、そのまま食べるととっても美味しいのです。
貯蔵性がいいのも嬉しいところです。

むつ

漢字表記は「陸奥」ということで、青森県生まれのりんごです。
大振りで、独特な香りが特徴。
ジュースなどの加工にも用いられることも多く、また「絵文字りんご」にも使用されています。
有袋栽培か無袋栽培かによって表面の色が変わるので、赤色のむつも存在しています。

トキ

黄色い部分に、うっすら赤い部分が混じっているのが特徴です。
何故赤い部分が出てくるのかについては、下記項目をご覧ください。
香りが強く、甘く美味しいのですが、旬が短いので購入はお早めに!

りんごの皮の色は、持って生まれた色素による

りんごは赤い皮のものと青い皮のものの、2種類に分けられます。
しかし何故、同じりんごでも品種が違うと色が違っているのでしょうか。

太陽の光で緑から赤に色素が変化!

もともと、りんごの実は緑色なのですが、皮の色が赤になる色素を持っている品種があります。
その色素を持っていれば赤く、持ってなければ黄色になります。
太陽の光に当たることによって、色素が反応し、赤く色づくというわけです。
むつの場合、色素を持っているので、太陽の光にさらすことによって赤色になります。
ちなみに、この性質を利用した絵文字りんごと呼ばれる、遊び心たっぷりのりんごを作ることができます。
わざと太陽が当たる部分と当たらない部分を作ることによって、絵や文字をくりぬいたように見えるのです。

こうして太陽の光を浴びた(=無袋)りんごは、名前に”サン”がつき区別化されています。
サンむつやサンつがる、サンふじなどが有名です。

色素変化するのは一部の品種のみ

しかし、他の王林りんごや黄王りんごもそうやって赤くなるのかというと、残念ながら赤くなりません。
王林や黄王は、赤くなる色素を生まれ持っていないため、赤くする方法がないのです。
論理的には、赤くなる能力は持っているらしいのですが…。
将来的にはむつ以外の青りんごにも、赤いものが出てくるかもしれませんね。

産地・鮮度チェック方法

主な産地

りんごの主な産地は青森です。
その他山形、長野と続き、全体的に東北地方が割合のほとんどを占めています。
「つがる」「むつ」「シナノ」というネーミングからも、東北・長野のりんごだとわかりますよね。

鮮度チェック方法

基本的には柔らかくぶよぶよしている部分がないか見れば十分です。
傷んでくると、最終的には溶けて汁が出てきます。
スーパーでは品出しの際にそのような劣化品は取り除いてしまうので、そんなに気にする必要はないですよ。
ただし、切った際に中身が傷んでいる可能性はあります。
そのような際には、遠慮なく店側にお申し付けください。

変わり種のりんごたち

ちょっと普通じゃない、珍しいりんごを探している方、こんなりんごはどうですか?

贈答用に最適な絵文字りんご

絵や文字が表面に描かれた絵文字入りの「絵文字りんご」。
「祝」や「寿」といったおめでたい言葉が入ったりんごは、大切な人への贈り物として重宝されています。
面白いものになると、クリスマス用に「メリークリスマス!」と書かれているものや、「2016」などと年号が書かれているものもあるのですよ。

観賞用?!小さな小さなミニりんご

手のひらサイズでおもちゃのような「アルプス乙女」。
ネーミングもとっても可愛いですよね!
このアルプス乙女は、りんご飴によく使用されています。
濃厚な味わいで、小さくてもおいしさは普通サイズのものと何ら変わりません。


その他、「ふじ&王林セット」のように、赤りんごと青りんごがセットになっているものもあります。
これだと、食べ比べができて一石二鳥ですよ!
見た目も綺麗ですし、もし贈答品に迷った時には是非選んでみて下さい!

 


以上、様々なりんごを紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
絵文字りんごやミニりんごは通常、スーパーで取り扱うことはめったにないレアものです。
確実に手に入れたい方は、通販を利用するといいですよ。

特に絵文字りんごは「祝」などの文字が表現されているものも多く、お祝いの品として最適です!

スポンサーリンク