アスパラのグリーンとホワイト、どう違うの?-栽培方法が異なる-

普段私たちが「アスパラ」と呼んでいるものはグリーンアスパラを指しています。
実はアスパラには、グリーンアスパラの他にも白いホワイトアスパラが存在しているのです。

この2つの違いとそれぞれの特性について、みてみましょう。

スポンサーリンク


グリーンアスパラガス

冒頭でも述べましたが、普段私たちが「アスパラ」と呼んでいるのは、こちらのグリーンアスパラとなります。
店頭でも1年を通して見かける、定番の野菜となっています。

アスパラの名前の由来は、「たくさん分かれる」「激しく裂ける」という意味を持つギリシャ語からつけられました。
和名では「オランダウド」などとも呼ばれています。
ホワイトアスパラを見てみると、確かにうどに似てますよね!
何故”オランダ”ウドなのかといいますと、アスパラはもともとオランダから伝来した野菜だからです。

オランダから伝来した当初は、グリーンアスパラではなくホワイトアスパラが主流となっていました。
(ちなみに欧米では、日本とは逆にホワイトアスパラが主流となっています)
しかし日本では、次第にグリーンアスパラが主流となっていきました。

主にベーコン巻きにしたり、マヨネーズをつけて食べます。
その他揚げ物にしたりサラダにパスタなど、どちらかと言えば洋風料理に合う食材かと思います。

変わり種:ミニアスパラガス

ここで、レアなミニアスパラガスを紹介します!

手のひらサイズの可愛いグリーンアスパラとなっており、通常のアスパラより火の通りも早く柔らかくなっています。
下茹での処理がいらないので、時短にもなりますよ。
特にサラダやパスタにおすすめです。

こんなに便利なミニアスパラですが、残念ながら流通量は少なく店頭で見かけることはあまりありません。

ホワイトアスパラガス

グリーンアスパラと比べると圧倒的な認知度と流通量で差があり、下手するとホワイトアスパラなんて聞いたこともない、という方もいるほどです。
生産されたものはほとんどが缶詰用へ加工されており、生のホワイトアスパラは極わずかしか流通していません。

グリーンアスパラとの違いは、まず栽培方法にあります。
ホワイトアスパラは軟白栽培(光を当てずに栽培すること)されたものであり、光を当てるとグリーンアスパラとなります。
この軟白栽培はアスパラの他、うどや黄にらにでも用いられている栽培方法となっています。

味も若干異なっており、グリーンアスパラに比べて青臭みがなく、柔らかいことが特徴です。
ほのかな甘みもあり、独特の風味が感じられます。


入手しにくいミニアスパラとホワイトアスパラは以下よりお買い求めになれます。
おすすめなのは、ホワイトアスパラとグリーンアスパラの両方を使用したソテーです。
色合いも美しく、いつものソテーがグレードアップしますよ!

主な産地・鮮度チェック方法

主な産地

グリーン・ホワイトともに北海道が主な産地となっています。
特にホワイトアスパラの生産のシェアの多くを北海道が担っています。

その他長野や佐賀なども有名な産地となっており、アスパラは様々な地域で栽培されています。
輸入物ではオーストラリア・メキシコが多くなっています。

鮮度チェック方法

アスパラの鮮度チェックは、いたって簡単です。

まず、穂先を見て下さい。
潰れていたり、溶けていたり、形が崩れていないかを確認します。
一部分でも溶けているものは避けましょう。

次に茎の部分が折れていないかをチェックします。
茎が折れているということは意図的に衝撃を与えない限りありえないので、ほとんど大丈夫かと思います。

穂先と茎だけ見ればいいので、チェック方法としてはとても簡単なのですが、
アスパラの傷みのほとんどは穂先に現れますので、念入りに穂先はチェックしましょう。


以上でグリーンアスパラとホワイトアスパラは、色が違うだけじゃないということがわかりましたか?

手間暇をかけて栽培されたホワイトアスパラは希少性が高く、価格も割高なのですが、
グリーンアスパラとはまた違った味と食感を楽しむことができます。
いつものアスパラ料理もホワイトアスパラに置き換えるだけで、ぐんと違って見えますから、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク