一年中大活躍!キャベツとその仲間たち-春キャベツとの違いは?-

キャベツは煮る・炒める・スライスする…など、様々に調理ができる万能食材です。
そのため1年を通して、食卓に欠かすことのできない食材となっています。

しかし春先には「春キャベツ」が出てきたり、冬場には「芽キャベツ」なんてのもあるのです。
これらは普通のキャベツとどう違うのか、それぞれの特性をみていきましょう。

スポンサーリンク


キャベツは、季節によって性質が違う

キャベツは、1年中店頭に並んでいますよね。
どれも同じに思えますが、実は季節によって産地も性質も異なっているのです。
性質が異なるということは、食感や適する調理方法も異なるということですから、
自分の目的に合うものを選ぶようにすると、よりおいしく食べられますよ!

春キャベツ

こちらの春キャベツには、「新キャベツ」「春玉」という別名もあります。
しかし、一般的には「春キャベツ」で呼んでいることが多いです。

春季によく見かける、丸っこいキャベツです。
カットした断面を見ると、巻き(葉と葉の間の隙間)がゆるくなっていることも特徴です。
葉は冬キャベツに比べて薄く、水分が多いため、コールスローなどのサラダにすると甘みを感じられておいしいですよ。
浅漬けにも適しています。

夏キャベツ

春キャベツと冬キャベツの間の時期には、夏キャベツ(「高原キャベツ」とも)が登場します。
「高原」の名がついている通り、高地・冷涼地で栽培されるキャベツになります。

基本的な特徴は冬キャベツとほぼ同じです。
そのためか、取り立てて「夏キャベツ」という売り込みはしていません。
スーパーでキャベツに特別感を持たせているのは、春キャベツくらいです。

冬キャベツ

一般的なキャベツといえば、この冬キャベツを指します(別名「寒玉」とも)
なのでわざわざ「冬キャベツ」と呼ぶときは、春キャベツと対比するときが多いです。

春キャベツとは様々な点が異なっており、まず全体の形は楕円状となっています。
葉は厚めで巻きもきつく、ロールキャベツなどの煮物や蒸し物に適しています。

越冬キャベツ

こちらはちょっと変わり種キャベツで、雪の下(雪の中)にあるキャベツを収穫するといった手法を取っています。
そのため「雪下キャベツ」「雪中キャベツ」とも呼ばれています。

どうして雪の下からキャベツが出てくるのかというと、普通に育てたキャベツを雪が降る前に畑に置いておくのです。
雪が降り積もったら、重機を使ってある程度の深さまで掘り起こし、あとは人の手で慎重に取り出します。
こんなにも手間暇をかけて作られた越冬キャベツは、と~っても甘くておいしいのですよ!
その甘さは、なんと糖度10度にもなっています!

ちなみに、雪の中は温度も湿度も貯蔵に適しているのだとか。
いうなれば、天然の冷蔵庫ですね。

スポンサーリンク


キャベツの仲間たち

ちょっと一味違ったキャベツを味わいたいのなら、以下のキャベツたちをご賞味あれ!

グリーンボール

このグリーンボールも、春キャベツのようなボール型をしています。
そのことから「丸玉」と呼ばれることも。
つやつやとした葉が最も特徴的となっています。

グリーンボールの性質は“葉が厚く、巻きがきつい”という冬キャベツに似ています。
甘みがあり、厚い葉のわりにやわらかいのでサラダやスープにおすすめです。

レッドキャベツ

レッドとついているように、赤色(というより紫色)の小さめなキャベツです。
別名は「紫キャベツ」とも。

葉は紫色ですが、中の葉肉はきれいな白色をしており、コントラストが美しいキャベツです。
巻きはしっかりとしていて、少し硬めの葉となっています。
調理法としては、生のままサラダやピクルスにすると、紫色を生かすことができますよ。
※加熱調理すると紫色の色素が溶けだしてしまうので要注意です!

芽キャベツ

この芽キャベツは、キャベツの葉の付け根にある「わき芽」が丸くなったものです。
見た目はまるで、ミニチュア版キャベツといった感じです!
中も、しっかり葉が巻かれています。

巻きがきつく、アクがあるため通常下茹でをしてから使用します。
シチューやポトフなどに入れるのがおすすめです。

また冷凍野菜としても重宝するため、生の芽キャベツが時期的にないときでも、
冷凍食品コーナーを探せば売っていることもあります。
↓グリーンボール、見た目は春キャベツにそっくりですね笑

その他の仲間たち

ここまで紹介してきたキャベツたちは、みな「ケール」という野菜がルーツとなっています。
このケールが品種改良されて、今のキャベツが存在しているのです。

そのケールからは、キャベツ以外にもブロッコリーやカリフラワーが生まれています。
キャベツもブロッコリーも、親元はケールということなんですね。

他に、葉ボタンもケールから生まれた仲間の1つです。
白や紫が鮮やかな葉ボタン、おいしそうですがもちろん食べられません笑

主な産地・鮮度チェック方法

主な産地

産地はそれぞれ異なっており、冬キャベツは主に愛知、春キャベツは千葉など関東地方、夏キャベツは群馬や長野となっています。
越冬キャベツは雪が豊富な北海道の名産です。

グリーンボールなど他のキャベツも含めて、どちらかというと寒い地方での生産が盛んとなっています。
西日本地域でも生産されていますが、出荷量としてはそんなに多くありません。

鮮度チェック方法

キャベツの場合、中を切ってみたら虫がいた…溶けていた…ということもありえますので、これなら大丈夫とは言い切れません。
しかし毎日キャベツのカットをしている私が見た限り、虫がいる、溶けていたことは極まれです。
ですから、過剰に気にする必要はありません。
気になる方は、工場でカットされ真空パックになっているカットキャベツを購入するといいですよ。
これならすでにざく切りになっており、異物が混入していることはほぼありえません。

さて、キャベツの鮮度は見た目と重さでわかります。
新鮮なキャベツは持った時にずっしりと重量を感じるので、ふわふわで軽い感じのものは古いものだといえます。
ここまでくると触った感触もふにゃふにゃで、食べられないこともないのですがおすすめはしません。

見た目の方ですと、まず黄色くなっている部分があるものは劣化が進んでいます。
その部分だけ切り取れば、何ら問題はないのですが、気になる方はやめておきましょう。
葉の質感が乾いた感じ(ふにゃふにゃ状態)の場合は、ふにゃふにゃの葉だけ剥いてしまえば大丈夫です。
それから、1/2や1/4にされたカットキャベツで重要なのは、切り口の色です。
切り口の色が黒ずんでいるものは、かなり傷んでしまっているので使わない方が無難です。
一部分でも溶けているものは、もう論外です。


何気なく選んでいたキャベツも、季節によってこんなにも性質が違っているだなんて驚きですよね。
キャベツは基本的には、どんな調理をしてもおいしく食べられるのですが、
さらにおいしくしたいのなら、その時期のキャベツに適した調理法の料理を作ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク