スーパーの各部門について紹介!-いい点と悪い点を個人目線で-

スーパーは様々な部門から成り立っており、その良し悪しもそれぞれ違います。
ここでは各部門について、簡単な説明&ざっくりといい点・悪い点を紹介していきます。

スポンサーリンク


鮮魚部門

主な内容としては生魚を刺身にしたり、刺身など加工物のパック詰め、さらにそれらの品出し・発注をしていくということになります。
また、寿司部門が併設されていることもあります。
その場合はシャリとネタが用意されているので、自分で握らなければなりません。

いい点
魚を捌く技術を習得できれば潰しがきき、その後の職に困らない。
時給も他部門より割高。


悪い点
手にケガをしやすい。
魚の臭いが衣類や髪に付着してしまう。
水を使った作業が必須なため、冬場は作業場が寒い。
血に免疫がない人はメンタル面で厳しい。

精肉部門

精肉部門は、肉を自分たちで加工するかどうかによって内容が多少変わります。
基本は外注ですでに出来上がっているパック物を、品出ししていきます。
多くの店では、外注のものと自店加工のものが併設して並べられています。
自分たちで加工する場合は包丁とスライサーを使います。
もちろん発注も作業に含まれます。

いい点
スライサーを使いこなせるようになれば、こちらも比較的潰しがきく。
その他の作業内容も比較的簡単(鶏肉を唐揚げ用に切るといった、主婦でも行えるレベル)
意外にも、肉や血の臭いは付着しない。


悪い点
スライサーの取り扱いが危険。
血に免疫がない人はメンタル面で厳しい。

青果部門

青果物(野菜・果物)の加工・品出し・発注が作業内容になります。
カットしたり、袋に詰めたりなど細かい加工作業が多く、加工をしないと品物として売場に出せないものも多々あります。
花屋がテナントで入っていない店の場合、生花の取り扱いも青果扱いになります。

いい点
力仕事のため、握力や腕力がつく。
加工作業は簡単、危険性もほとんどない。
青果物の目利きができるようになる。


悪い点
重いものの運搬をしなければならず、腰を痛める可能性がある。
手荒れしやすい。
野菜に虫が付着していたり、中に入っていることもあるため虫嫌いの人は要注意。

スポンサーリンク

惣菜部門

おかずや弁当の製造・発注はもちろん、出来合い物の惣菜の品出しも行います。
惣菜も精肉と同じで、外注のものと自店加工のものを一緒に並べていることが多くなっています。
また、から揚げやとんかつなどは冷凍のものを揚げるだけではなく、肉を切ったりといった下準備からすべて自店で行う店もあります。
特に、手作りを売りにしている店によく見られます。
多くの店では揚げ物担当が揚げ物を作っていき、弁当担当がそれらを使用しておかずなどを詰めていきます。

いい点
作業内容が比較的簡単。
家事の延長線といった感じの作業で、とっかかりやすい。
重いものを持つことはほとんどない。


悪い点
やけどをする可能性がある。
油のにおいが衣類や髪に付着する。
弁当やオードブルの予約が入っている日は早出や残業を求められる可能性がある。

グロッサリー/チルド部門

グロッサリーは食品(菓子など非冷蔵品)・雑貨を指し、チルドは要冷蔵のものを指します。
チルドはさらに「洋日配(ヨーグルトや牛乳など)」「和日配(納豆や豆腐など)」に分かれます。
基本的には商品の品出しと発注、場合によってはレジ応援もしなければなりません。
時間が空いたら前出しや賞味期限チェックを行うことが多くなっています。

いい点
新商品についていち早く知ることができる。
個人のペースでもくもくと作業することができる。
作業内容としては簡単。
多少ならばオシャレしてもOK(生鮮部門と比べると)


悪い点
重いものを持つこともあるため、腰を痛める可能性がある。
手が荒れる。
レジ応援に呼ばれることがある。

レジ部門

お客さんのお会計はもちろん、店によっては包装や宅急便の受付など雑務も行う必要があります。
またリサイクル用に持ち込まれた牛乳パックやペットボトルなどの処理、サッカー台の下や各レジに備え付けのゴミ箱に溜まったゴミ捨ても行います。
その他使用済みのカートやカゴを所定の場所に戻すことも、レジ部門の大事な仕事の1つとなっています。

いい点
交代制のため、時間になったらきっちり帰ることが出来る(混雑時は除く)
多少ならばオシャレしてもOK(生鮮部門と比べると)


悪い点
お客さんからクレームを入れられることもあり、精神的な負担が大きい。
状況によってはトイレや水分補給もはばかられる。
慣れないうちは足が疲れる。
サービスカウンターがない店だと、商品の包装や宅急便の受付も行わなければならない。


ここまで読んだら、各部門について少しわかってきたのではないかと思います。
個人的にランキングをつけての部門紹介もしているので、そちらの記事も是非ご覧になってください。

スポンサーリンク