グレープフルーツのルビーとホワイトって?-スウィーティーにメロゴールドも-

グレープフルーツといえば、赤の果肉のルビーと白の果肉のホワイトの2種類が思い浮かびますよね。
しかしルビーとホワイトの違いがわからない方も多いのではないでしょうか。
実際は色だけではなく、味も違うのですよ。

またスウィーティーやメロゴールドといった珍しい品種についても、紹介します。

スポンサーリンク


グレープフルーツの主な品種、ルビーとホワイト

まず、グレープフルーツの基本的な情報をおさらいします。

グレープフルーツは、文旦とオレンジの交配によってできた果物です。
柑橘類である文旦とオレンジを親に持っているので、子であるグレープフルーツも柑橘類の仲間となります。

ここで、柑橘類なのに何故”グレープ”フルーツなのか不思議に思いますよね?
その由来は、1本の枝に多くの実が生る様子がグレープ(ぶどう)に似ているからなのです。
ですから、何らぶどう類とは関係はありません笑

現在、店頭に並んでいるものはほぼすべてが輸入品です。
その理由として、日本の気候が主な生産地であるアメリカの風土とは異なり、栽培に適さないことが挙げられます。
そのため国産品は、ごくわずかでかなりのレアものとなっています。

そんなグレープフルーツですが、主な品種はルビー・ホワイトになります。
他にも品種はあるのですが、それは後ほど紹介します。

それではルビーとホワイト、それぞれについて詳しくみていきましょう。

ルビー

冒頭でも記したように、中の果肉が赤いものはルビーと呼ばれます。
さらに果肉の赤さの濃淡によっても品種が異なり、通常ルビーと呼んでいる品種のものは、果肉が赤というよりピンク色になっているのです。
そのルビーよりもさらに濃い、深紅のような色をした果肉を持っているスタールビーという品種もあります。

どちらも共通しているのは、皮の色がホワイトに比べて赤みを帯びていること、そして甘く苦み・酸味が少ないということです。
※ホワイトと変わらない、黄色い果皮のときもあります※
すっぱいのが苦手だという方は、ホワイトよりルビー(スタールビー)を選ぶといいでしょう。

ホワイト

ホワイトは果皮が黄色く、果肉も白っぽい黄色をしています。
売場にはたいがいルビーとホワイトの両方が並んでいますが、皮の色が違うので判別は容易です。
たまに黄色の皮をしたルビーも入ってくるので、そんなときは混ざるとわからなくなってしまいますが汗

そんなホワイトはグレープフルーツの代表的品種ですが、近年はルビーの人気に押されています。

というのも、ホワイトは甘酸っぱくほろ苦さも感じられるため、好みがわかれる味となっているからです。
甘く酸味や苦みが少なく食べやすいルビーの方が、万人受けしやすいのでしょうね。
一方、この酸味と苦さこそが柑橘の美味しいところ、だからホワイトの方が好きという方もいます。

なんだか、いよかんとはっさくの関係に似ているような気がしますね笑


ルビーとホワイトは見た目だけではなく味も異なっていることを、知らなかった方もいたのではないでしょうか。
そして、ほとんどが輸入物だということも…。

国産品はレアものだと上記でお伝えしましたが、探したら国産品がありました!
貴重な国産グレープフルーツ、是非味わってみて下さい。

皮は緑色、中は白色!これもグレープフルーツ?!

グレープフルーツはルビーとホワイトだけではありません。
ちょっと変わった、緑色をしている品種もあるのです。

みなさん「スウィーティー(オロブロンコ)」と「メロゴールド」って聞いたことありませんか?まだまだ、知らないよという方も多いかもしれませんね。

この2つは、果皮が緑色で果肉は白色(ホワイトと同じような色)、甘く種がないという点が共通しています。
※果皮は熟すにつれ黄色になっていきますので、黄色になっているものもあります※
見た目によらず、甘くておいしいのでちまたでは人気となっています。

そんなスウィーティー(オロブロンコ)とメロゴールドについてみていきましょう。

スポンサーリンク

スウィーティー(オロブロンコ)

まずスウィーティー(オロブロンコ)と、どうして2つも名前があるのかについて気になりませんか?
実はこの2つの呼び名は同じものを指しており、イスラエル産のものをスウィーティー、アメリカ産のものをオロブロンコと呼んでいるのです。

緑の皮に、白い果肉とまるで大きなライムのような風貌をしています。
酸味や苦みが少なく、甘みが強いことが特徴となっており、しかも種もないのでとても食べやすい品種です。

下記で紹介するメロゴールドは姉妹品のため、見た目や味の特徴が似ています。

メロゴールド

スウィーティー(オロブロンコ)に比べると、若干果皮の色が黄色味を帯びています。
※個体差や熟し具合にもよります※
メロゴールドの”ゴールド”は、果皮が熟したときの色が、金色のように見えることにちなんでいるのです。

味や甘さなどは、姉妹品であるスウィーティー(オロブロンコ)に準じており、甘く種がないのでこちらも食べやすい品種となっています。

主な産地・鮮度チェック方法

主な産地

グレープフルーツ全般にいえることですが、日本国内での生産はほとんど行われていません。
その理由は冒頭でも述べましたが、日本の気候は栽培に適さないためです。

そのため、国内で販売されているグレープフルーツのほぼ全てがアメリカやアフリカ、トルコ・イスラエルといった国からの輸入品です。

ごくわずかながら国内で行われている栽培地は、九州・四国中国地方といった温暖な地域が多くなっています。

鮮度チェック方法

まず、皮の状態をチェックしてください。
その時点でぶよぶよしているもの、カビが生えているものはアウトです。
ぶよぶよしている程度なら、中身は綺麗な可能性もありますがおすすめしません。

店頭では中身の確認ができませんから、皮の状態を見て選ぶことになります。
しかし、皮が綺麗だったからといって安心はできません。

家に帰っていざ食べようと切ってみたところ、中の果肉がぱさぱさだったり、黒ずんているということもありえるのです。
黒ずんていた場合は、その箇所を除いて食べることができます。
しかしぱさぱさだった場合は、食感もぼそぼそでおいしくないので、やめた方が無難です。


今回はグレープフルーツの各品種について紹介してきました。
皆さんおなじみルビー・ホワイトについては味の違いを、ちょっとマイナーなスウィーティーやオロブロンコについてはその存在を知っていただけたかと思います。

今まで何気なく選んでいた方は、これからは目的や気分によって食べる品種を変えてみて下さいね。

スポンサーリンク