バイトでのあいさつ、どう言えばいい?-夜なのに「おはようございます」?!-

スーパーに限らず、バイトでのあいさつはかなり重要です。
あいさつがしっかりできるかどうかで、第一印象が決まってしまいます。

さらに従業員以外にも業者の方やお客様に対しても、あいさつすることが大切です。
ここでは様々な状況別に、あいさつの仕方を紹介していきます。

スポンサーリンク


従業員に対して

新人の間はまだ気ごころを許せる人もいませんし、緊張しますよね。
特に初出勤の際は、朝礼などで自己紹介を求められる場面もあります。

自己紹介で話す事柄

自己紹介と言っても、どう話せばいいのかわからないという方も多いかと思います。
チーフや店長の方から紹介してもらえれば一番いいのですが、
そうでなければ自分から声をかけていきましょう。

自己紹介は簡潔に
「今日からお世話になります○○です。よろしくお願いします」
という感じでOKです。
個人情報(年齢や学校名、住所など)は、自己紹介の場では特別話す必要はありません。
どのみち、親しくなってくると自然とそのような話になりますから笑

出勤の際のあいさつ

とりあえず顔見知りでなくても「おはようございます」と声をかけましょう。
朝だけではなく、昼・夜でも「おはようございます」でOKです。
もちろん、他部門の人たちにも顔を合わせたらあいさつしましょう。

バックヤードや更衣室にいる人たちは、私服を着ていてもほとんどの人間が従業員なので、
気をつけてください。
特に新人に対する目は厳しいので、従業員だとこちらがわからずにあいさつできなかった場合でも
「無視された」などと勘違いされてしまうかもしれません。

また「見慣れない顔だけど、新人かな?」と思って、声をかけてくれる人もいます。
特にスーパーに勤めるパートさんは、おしゃべり好きな人が結構多いので笑
その際に「最近入ったばかりなんです」と伝えれば、いろいろ教えてくれると思います。

退勤の際のあいさつ

退勤の際は「お先に失礼します」がベターです。
「お疲れ様でした」でも悪くないと思いますが、厳密には退勤する人に向けてかける言葉なので、
神経質な人からはその点を突っ込まれてしまうかもしれません。

ちなみに、「ご苦労様です」という言葉はNGです。
一見問題なさそうな言葉ですが「ご苦労様」というのは、
通常目上の者が目下の者に向かってかける言葉となりますから、
新人バイトが使うと、ものすごく無礼なことになるのです。

あいさつを返してくれない人に対して

「こちらがあいさつをしているのに無視される」という悩みを持っている方もいるかと思います。
“新人のうちは特にあいさつを積極的にした方がいい”と上記で述べましたが、
果たしてあいさつを返してくれない人にもあいさつすべきなのか、悩みますよね。
結論からいうと、相手が自分より立場が上の場合はできる限りあいさつすべきです。

ですが返事をしてくれない人に言い続けるのは正直、心が折れますしイライラしてきます。
私も、最初は声をかけ続けていました。
「たまたま聞こえていないだけだろう」「たまたま機嫌が悪いのだろう」
そう思って我慢していましたが、ある時を境に考えが変わり、
今ではあいさつを返してくれない、またはあいさつをしてこない人には
こちらからあいさつはしなくなりました。
もちろん、相手との関係性や接触する期間などを考えたうえでの判断ですが。

何故、私があいさつをしなくなったのかというと、
あいさつを返さないまたはあいさつをしてこない人間は、
こちらのことを見下している・嫌っているからに違いないと思うようになったからです。
実際のところそういう奴は、自分が仲良くしてる人には自主的にあいさつしているのです笑
それか、かなりの気分屋か…いずれにせよ、いい印象は持っていません。

個人的意見としては、毎日同じ部門で顔を合わせるのなら我慢しますが、
部門が違いほとんど関わりがないのなら、我慢する必要はないと思います。

業者の人に対して

スーパーには、毎日様々な業者の方が店に来られます。
例えば荷物の運送会社の方、食品メーカーの方、警備会社の方など…。
自分には直接関係ないし、と思わずに業者さんに対してもしっかりあいさつをしましょう。
業者さんも、店側の従業員のことを案外見ているものなので、
あまりに対応が悪いとクレームがつけられる可能性もあります。

といっても、そんなに気負わずに普通にあいさつしていれば十分です。
ただ、個人的には「お疲れ様です」とはあまり言わないですね。
それよりは「いつもありがとうございます」「またよろしくお願いします」と
労いの言葉をかけるといいかな、と思います。

お客様に対して

お客様に対しては基本的に「いらっしゃいませ」が言えれば十分です。
更に印象付けたいなら、商品をお買い上げ(カゴに入れてくれた)された方には、
「ありがとうございます」とお礼を言うといいでしょう。
「おすすめの品はこちらです」「本日の広告の品は○○です」
と積極的に声をかけている従業員もいますが、無理して売り込みをする必要はないです。
もちろん、売り込みできれば素晴らしいことですが笑

また、できる限りすれ違う1人1人にあいさつしましょう。
特に、目が合った人には積極的に声をかけるといいでしょう。
混雑時など、お客様が多い場合は1人ずつあいさつするのはなかなか難しいので、
そんなときは周囲に聞こえるように大きな声を出すとgoodです。


よく「1日の始まりは気持ちいいあいさつから」と言われていますが、
まさに、たった一言「おはよう」を言える人間かどうか、
人間力が試されているといっても過言ではないでしょう。
お互いにあいさつしあえれば、気分よく1日を過ごせるのですが…。
無視するような人間がいるということは、とても悲しいですね。

スポンサーリンク