春の訪れを感じさせる、豆類たち-いんげん豆とえんどう豆-

春野菜と言えば山菜たちが目立っていますが、その傍らで豆類も見逃せません。
きぬさややグリーンピースなど、彩りにかかせませんよね。

これらの豆類の違いは、見た目だけではありません。
さてその違いとは一体何なのでしょうか。

スポンサーリンク


実だけを食べるのか、さやも食べれるのか

今回紹介していく豆類は、いんげん豆とえんどう豆の2種になります。
さらに細かく「さやいんげん」「実えんどう」「さやえんどう」と分けることができます。
その中でもさやえんどうには「きぬさや」「砂糖えんどう」「スナップえんどう」といった品種が含まれます。
※現在はいんげんをさやごと食べるのが通例の為、「実いんげん」という言い方はしません。

さやいんげんやさやえんどうは、さやと実を一緒に食べることができる軟莢種(なんきょうしゅ)に、
グリーンピースはさやが硬いという意味の硬莢種(こうきょうしゅ)に分類されます。

簡単に言うと、実だけを食べる=グリーンピース、実もさやも食べる=さやいんげん・さやえんどうということになります。

さやいんげん

さやいんげんは、いんげんの若いさやを食べます。
バター炒めなどの炒め物、胡麻和えなどの和え物に用いられています。
流通しているもののほとんどがすじなしなので、すじ取りは不要です。
すじとりがないだけで手間暇が省けるので、今回紹介している豆類の中では手軽に使えるのではないかと思います。

名前の由来は、江戸時代に明からの帰化僧である”隠元禅師”という方によって伝えられたためです。

実えんどう

実えんどうとは、わかりやすくいえばグリーンピースのことです。
つまりグリーンピースは、えんどう豆の実の部分を指しているのです。
さやは硬いため食さず、中の実だけを食べます。

主にかつ丼やシュウマイなどの彩りとして使われることが多いのですが、豆ごはんとしてメインの食材としても使われます。

この実えんどうですが、ほとんどが缶詰や冷凍など加工品となっており、生の実部分は旬である春先~初夏の時期にしか流通していません。
新鮮な生のグリーンピースは缶詰や冷凍品とは違った風味が感じられるため、見かけたら是非一度食べてみて下さい。

さやえんどう

さやごと食べられるえんどう豆の品種を称して、さやえんどうと呼びます。
ですから、さやえんどうの中にスナップえんどう・きぬさや・砂糖えんどうといった品種が存在しているということになります。

スナップえんどう

スナックえんどうとしても呼ばれることがある、スナップえんどう。
グリーンピースを品種改良したもので、アメリカから輸入されました。

グリーンピースは、さやは食べずに実だけを食べると上記でも説明しました。
品種改良で生まれたこのスナップえんどうは、さやも食べられるようになっています。
大きなさやと大きな実が味わえるので、豆類の中でもボリューム感があります。

味は甘みが強くまた、ポリポリとした食感があります。
この特徴的な食感が「スナック菓子を食べているようだ」として、スナックえんどうと呼ばれるようになったのだとか。

付け合わせやサラダ、炒め物にどうぞ。

きぬさや

きぬさやはえんどう豆が大きくなる前に収穫した、未熟なさやです。
ですから中の実も小さく、さやも柔らかく薄くペラペラです。
今回紹介している品種の中では、ボリューム感が1番少ない品種といえるでしょう。

ほのかな甘みがあり、この甘みがまたたまりません!
ちらし寿司などの彩りのアクセントや卵とじなどの煮物に用いられます。

ちなみに、きぬさやの”きぬ”とは、さやがこすれあう音が絹ずれ(衣ずれ)の音に似ていることから名づけられたのですよ。

砂糖えんどう

こちらは、きぬさやの品種改良で生まれた品種です。
きぬさやに比べてさやが厚めでふくらみがあり、豆も少し大きくなっています。
もちろんさやも実も食べられますから、ボリューム感はそこそこありますね。

特筆すべきなのは、その甘さです。
なんと糖度10度以上になることもあるのだとか。
まさに”砂糖”のようなえんどうですね。

主な産地・鮮度チェック方法

主な産地

いんげん豆では北海道や福島といった寒冷地で、えんどう豆では和歌山や鹿児島といった温暖地で多く生産されています。
特に鹿児島は、いんげん豆・えんどう豆どちらの生産量ともにトップクラスで、豆類全般の生産が盛んな地域だといえるでしょう。

鮮度チェック方法

グリーンピースの場合は、鮮度が落ちてくると実から芽が出てきます。
じゃがいもとは違って芽に毒はないので、芽を取れば食べられます。
綺麗な円形ではなく、押しつぶされたような形になっているものも劣化しています。

その他のえんどう豆やいんげん豆は、傷んでくると一部分から白カビが生えたり、茶色く変色してきます。
以上のような異変がなくとも、劣化サインが出ていることがあります。
表面が鮮やかな緑色ではなく、薄汚れたようなくすみが出てきたら劣化しているサインです。


いんげん豆はともかくえんどう豆には様々な品種があり、それぞれに個性があるということがわかりましたね。
ボリューム感も異なっているので、料理に合わせてこれら豆類の使い分けをしてみて下さいね。

スポンサーリンク