せりと三つ葉、違いはあるの?-どちらも彩りにかかせない-

あなたはせりと三つ葉が一緒に並んでいたら、どちらを買いますか?
どちらも似たような形だし、安い方を買って適当に使っているという方も多いことでしょう。

ところが、この2つは調べてみると細かな違いがあるのですよ。
今回はそんなせりと三つ葉についてのお話です。

スポンサーリンク


せりについて

せりは、せり科に属する多年草です。
1か所に競り合うようにして生えていることが、名前の由来となっています。

全国各地の湿地やあぜ道などに自生しているため、自分で採取することもできます。
しかし、その場合は毒草である毒ぜりと間違えてしまわないように注意してください。

もちろんスーパーでも入手可能ですが、地域や季節によっては取り扱いがない可能性があります。
ちなみに東北地方では、せり鍋のメイン食材として日常的に用いられているようです。

全国的にせりが店頭に並ぶ時期はお正月の前後といえるでしょう。
というのも、春の七草として七草粥に用いられたり、
お雑煮に用いたりするため、その時期は需要が高くなるからです。

その他、おひたしに使われることもあります。

三つ葉について

三つ葉も、なんとせりと同じくせり科の多年草です。
全国各地に自生しており、この点もせりとの共通点となっています。
せりと三つ葉は何となく似ているなぁと思っていましたが、まさか同じせり科だったとは…!

では何故三つ葉と呼ばれているのかというと…葉が3枚ついているからです。
見た目そのまんまですね笑

おひたし・和え物・丼物・お吸い物と、様々な料理に用いられていて、
非常に万能な三つ葉ですが、その中でも3種類の品種が存在しているのです。

根三つ葉

まずこちらの根三つ葉は、根っこがとても長いのが特徴となっています。
だから”根”三つ葉と呼ばれているのかどうかは、定かではありませんが…笑

下記の切三つ葉や糸三つ葉よりも日持ちし、栄養価も高くなっています。
文句なしの逸材なのですが、店頭では見かけませんね…。

おひたし・和え物はもちろん、卵とじやかき揚げにするのもおすすめですよ。

切三つ葉

この切三つ葉は、根三つ葉とは対照的に根っこが切り取られています。
根が切り取られているのはこの3種の中では切三つ葉のみなので、判別は容易です。
また、茎が細く白いのも他にはない特徴となっています。

こちらも残念ながら、店頭で見かけることはありません…。

アクが少ないため、茶碗蒸しやお吸い物に使って生でいただきましょう。

糸三つ葉

茎も葉も青いことから、別名青三つ葉とも呼ばれている糸三つ葉。
何故糸三つ葉なのかは…う~ん、わかりません!笑
根三つ葉や切三つ葉のように見た目でいうなら、青三つ葉の方がしっくりきますけどね。
ですが一般的呼称としては糸三つ葉の方がメジャーなようです。

この糸三つ葉が、スーパーで市販されている三つ葉の大部分を占めています。
物によって根元にスポンジがついていることもありますが、異物ではありません。

3種の中で最も芳香に優れているため、風味付けの飾りにするとよいでしょう。

スポンサーリンク


それでは、せりと三つ葉を画像で見比べてみましょう!
よく見ると葉の形がせりと三つ葉では微妙に違っているのですが、わかりますでしょうか?

あとは、茎の色に注目してください。
茎が白ければ、せりではなく三つ葉(根三つ葉もしくは切三つ葉)となります。
しかし、一般的に店頭に並んでいるのは茎が青い糸三つ葉となるので、ぱっと見はせりと間違えてしまいそうですね…。

結局、どう違うのか

上記の画像を見て、見た目の違いはなんとなくわかりましたか?
ポイントは葉の形と茎の色ですよ。
しかし見た目以外の違いも重要ですよね。

実は、三つ葉よりもせりの方が古くから食されているのです。
せりが春の七草であることは有名な話ですが、
この春の七草を食べる風習は古代(一説には平安時代)から続いています。
一方三つ葉が食べられるようになったのは、もっと後の時代からといわれています。
そもそも三つ葉は、「みつばせり」と呼ばれることもあるのです。
ということで、せりの亜種が三つ葉と考えられているのです。
ですから、せり≒三つ葉といえるでしょう。

つまり…どちらでもお好みで選べばいいと思います。
せり鍋や七草粥のように、明確にどちらを使うか決まっているものは別ですが。

主な産地・鮮度チェック方法

主な産地

せりと三つ葉で、産地は若干異なっています。

せりは、宮城と茨城で全体の半数ほどを占めています。
宮城はせり鍋の発祥地ですから、名産地であるのも納得です。

三つ葉は千葉・茨城・愛知・静岡が主な産地となっています。
関東や東海地方の太平洋側に集中しているような感じですね。

鮮度チェック方法

せりも三つ葉も葉物なので、まず葉の部分をみます。
黄色に変色しているものや黒っぽい斑点が出ているものは、鮮度が悪いものなので避けましょう。
傷んでいる箇所が僅かならば、その部分を切り落として使う手もありますが…。

それから、葉や茎が溶けているものもアウトです。
個人的には葉の変色よりも、溶けている方がより状態が悪くなっていると感じます。

このような葉物全体に言えることですが、
ぱっと見は綺麗でも、中身を広げたら傷んでいる箇所が出てくることもあります。
鮮度チェックはもちろん店側も行っていますが、1房1房の確認まではしません。
袋越しに表と裏の両面を確認して、傷みがみられなければ大丈夫だろうという感じです。
ですから、少しの傷みならご家庭で切り落として使っていただけるとありがたいです…。


三つ葉は全国的にメジャーな食材ですが、
せりは地域によってはよく使われているところ、そうでないところがはっきり分かれる食材です。
私が住んでいる地方では、せりが並ぶのは年末くらいなので、
せりを見かけると「今年も1年終わりかぁ」と感慨深くなります。
お値段も、せりは三つ葉の倍近く高いので、なかなかなじみがありません…。
そのようなこともあってか、せりには高級なイメージを持っています笑

皆さんの地方ではせりと三つ葉、どちらがなじみ深いのでしょう?
一度、比べてみて下さいね!

スポンサーリンク