長芋・山芋・大和芋・自然薯、どう違うの?-見た目で判別可能-

粘りにこだわった品種で、近年注目が高まっている長芋。
その粘りの強さから、願掛けに用いられることもあります。

しかし長芋コーナーには山芋、自然薯や大和芋など様々な品種が並んでいます。

それぞれ一体どう違っているのでしょうか。

スポンサーリンク


山芋は長芋などの総称

上記でも長芋(山芋)と記していますが、この2つはどう違うのか、わかりますか?
実は、長芋も山芋も植物学の分類上は「ヤマノイモ科ヤマノイモ属」となっているのです。
そこから長芋は中国原産、山芋は日本原産という区分で分けられていると考えられていました。
しかし、現代では長芋も国内で栽培されているため、原産地うんぬんはあまり関係なくなってきています。
最近では、「山芋は長芋・自然薯・大薯の総称」と考えられています。
ですから、長芋≠山芋と思っていて構いません。
なんせ、長芋と山芋を掛け合わせた新品種も続々と登場しているくらいですから。

山芋と長芋の違いについて

図でまとめると、結構わかりやすくなりますね。
※文字がわかりにくい方はクリックしてください、大きな表示になります。

長芋の品種を紹介!

ここからは長芋の主な品種を紹介していきます。

ネバリスター(根張星)

こちらのネバリスター(根張星)は、いちょういもとながいもとのコラボにより新しく出来上がった新品種です。
よく見ると、通常の長芋と少し断面が異なっています。
売場で見かけたら、見比べてみるといいでしょう。
さらに断面だけではなく、その名が示すように粘りが断トツなんですよ。
通常のものと比べると、約2倍の粘りがあるのです!
まさしく「粘り界のスター(?)」で「ネバリスター」というわけなんですね~!

やまといも・丸いも(つくねいも)

こちらのやまといもなんですが、関東と関西で同じ呼び名で全く違う商品を指します。
同じ呼び名でも、姿かたちが全く異なっているため判別は簡単に行えます。
関西のものは、まるで岩のように黒くごつごつしており、丸っこい形になっています。
外側が黒くても中は綺麗な白色になっているので、れっきとした山芋の仲間です。
かたや関東のものは、下記で出てくる「いちょういも」のことを指しており、色も形も違っているのです。

関西ではやまといも=つくねいも

関西ではいわゆるつくねいものことをやまといもと呼んでいます。
奈良の伝統・大和野菜の一つとして有名です。
同じくつくねいもに分類される芋として、石川の伝統・加賀野菜の一つとして有名な丸いももあります。
奈良のやまといもも石川の丸いもも、高級食材とされており、贈答品として用いられています。

いちょういも(関東ではやまといも)

こちらが関東でやまといもと呼ばれているものになります。
いちょうのように末広がりな形をしていることから、いちょういもと呼ばれるようになりました。
変色しにくく、アクが少なめで、皮がとても柔らかいのが特徴となっています。

しかし、すべてのいちょういもがいちょうの形をしているわけではありません
通常の長芋(山芋)のように、細長い形をしているものも混ざっています。
ですから、いちょういもを求めて購入する際は、袋の表記やプライスカードの名称をしっかり確認しましょう。

だるまいも

またなんとも可愛い名前ですよね笑
名前の由来はお尻の方がだるまのようにどっしりとしているからとのことで、先端がかなりの太さになっています。
アクが少なくでんぷん質が強いので、加熱して食べるとよりおいしく感じますよ。

スポンサーリンク


それでは、画像で比較してみましょう。
残念ながらだるまいもが見つけられなかったので、どうかご容赦ください汗

こうして見てみると、ネバリスターが一番普通の、見慣れた形をしていますね。
つくねいもは、丸く岩のようですね。
やまといもは、画像ではわかりにくいのですが、確かに末広がりの形をしています。
ひとえに「長芋」といっても、品種が違えばこんなにも違うものなんですね。

自然薯・大薯について

長芋は多種多様な品種が存在していて、スーパーでも定番の取り扱いとなっています。
対して同じ山芋に属する自然薯と大薯について、存在自体知らないという方も多いのではないでしょうか。
ここでさらっと説明しておきますね。

自然薯(じねんじょ)

自然薯(じねんじょ)は、元々日本に自生しているものを指します。
「自然」とついているので、なんとなく意味がわかりますよね。
栽培ではなく山の中にある天然物、だから自然薯ということなのでしょう。
かなりの粘性のため、とろろに適しています。

大薯

大薯(だいじょ)は、「台湾山芋」「沖縄山芋」という別名がついています。
また、九州各地では「つくねいも」とも呼ばれています。
…あれ?つくねいもって、さっきも出てきたような…と気付いた方は、ちゃんとページを読んでくれている証拠です笑

このつくねいもは、上記“「やまといも・丸いも(つくねいも)」”の項目で出てきたつくねいもとは別物です。
上記は「やまといも・丸いもという長芋がつくねいもとも呼ばれる」のであり、こちらは「大薯をつくねいもと呼んでいる」のです。
長芋と大薯で品種が違うのに、同じ呼び名をされているなんて混乱しますよね。

でもこれって、「いちょういもを関東ではやまといもと呼ぶ」のと同じようなことなんですね。
しかしこの大薯、見た目はやまといも・丸いもにそっくりなんですよ!
だから九州の人は大薯=つくねいも、という解釈をしているのかもしれません。

唯一、長芋のつくねいもと異なる点として、中身がうっすら紫色のものがあるということです。
見た目が似ていたとしても、中を切ってみれば一目瞭然というわけです。


ここで、画像を見てみましょう。
残念ながら大薯の画像がないのですが、自然薯ならありました。
特徴は自然の中で育った証でもある、不格好なその形にあるといえるでしょう。
土の中から人力で取り出すため折れたりしないように、採掘の際はとても神経を使っているそうです。
そういった手間暇がかかっている分、値段は通常の長芋よりも高くなっています。

主な産地

一般的な長芋の産地は、北海道や青森といった寒い地域の割合が多くなっています。
ちなみに同じ長芋でもいちょういもならば関東、つくねいもは全国各地と品種によって異なっています。

一方大薯は九州沖縄となっています。
これはもともと大薯が熱帯アジアの原産であることから、温暖な地域での栽培が必須となっていることにちなんでいます。

鮮度チェック方法

鮮度チェック方法ですが、いたって簡単なので傷んでいるものはすぐにわかります。

まず、表面の色をみてください。
傷んできているものはピンク色に変色しています。
土物である長芋は傷みにくいので、変色していたらかなり長い間売場に出しっぱなしになっているのだと判断しましょう。
※この方法ではつくねいもや大薯などもともと色が濃いものは見分けることができません。

カットしてある長芋も同様に、カットされた断面がピンクに色づいていたらアウトです。
ピンクに色づいているだけでもかなり鮮度が落ちているのですが、この状態はまだマシです。
更に劣化すると、溶けてきてしまうのです。
通常ピンクに色づいてきた時点で見切ってしまうので、溶けるまで放置されているようなら、その店の鮮度管理に問題があるといえるでしょう。


今回は複雑な山芋の種類についてお伝えしました。
まさに、”所変われば品変わる”の代表的な例なのではないかと思います。

これからは夏場だけではなく、是非冬の受験シーズンにも願賭けとして山芋を食べてみて下さいね!

スポンサーリンク