バイト中にお客様から言われる質問や内容とは?-ほとんどが商品と価格について-

スーパーでバイトをしていると、お客様から声をかけられることもあります。
そこで何気ない挨拶や会話を交わしたりするのですが、中には「こんなこと聞くの?!」と思ってしまうような質問をされることも…。

そこで今回はよくあるお客様からの質問の内容と対処法を記載してみました。
これからスーパーでバイトを考えている方に是非参考になればと思います。

スポンサーリンク


価格に関する内容

価格が間違っている

恐らく、お客様から言われる内容として最も多い事柄だと思います。
値段が違っている理由は様々なのですが、ポップ(プライスカード)を変更し忘れた、売変ミスしてしまったなど、店側の過失が大多数を占めています。

もしお客様から言われた場合は該当の品物を確認して、担当者に確認を仰ぎましょう。
返金するか・交換するかなどの判断は担当者が行うので、勝手に判断するのはよくありません。

通常価格について

特売の品の場合、通常価格はいくらなのか知りたがるお客様もいます。
何故かと言うと、通常価格と特売価格を比較したうえで商品を買うかどうかの判断をするためです。
通常価格より安くなっていればいるほど、お客様の購入意欲は上がります。

この場合も、部門担当者に確認をしましょう。
しかし、いくら部門の担当者でも全ての品の価格を暗記しているわけではありませんし、聞かれてもすぐに答えられないことがしばしばありますが汗

商品に関する内容

商品の入荷日について

欲しい商品が欠品していたり、在庫があってもより新しいものが欲しいというお客様から聞かれることがあります。
しかし部門の発注者に聞かないとわからない事柄なので、部門担当者(発注者がわかっていれば、発注者)を呼んで話をしてもらいましょう。

新商品などの発注要請

新商品が出た場合などに多いケースとなります。

まず、皆さんは同じ商品でも「あの店にはあるのに、この店にはない…何故だろう?」
と思ったことはありませんか?
それは、発注可能な商品が部門担当者やバイヤーの裁量によってある程度決められている
ということが原因なのです。
なので同じチェーン店でも店によって、品ぞろえに差が出てくるわけです。

その欲しい商品がある店に足を延ばして買えばすむ話なのですが、
それもなかなか面倒な話ですよね。
ですから、特に常連のお客様は「この店にもあの商品を置いて!」と要請してくるわけなのです。

このことも上記と同じで、発注担当者にお願いすることになります。

商品の傷みなどの苦情

価格の間違いに次ぐ頻度で、お客様から申し出される内容となっています。
対応としては同じものと交換もしくは返金処理となりますが、
部門担当者に指示を仰いだ方がいいでしょう。
特にレシートを持参していないお客様に対しては、対応いたしかねる場合もありますから。

商品の味について

単純に「これって美味しいの?どうなの?」という質問なのですが、なかなか答えにくいですね汗
本当に自分が食べたことがある物についてはいいのですが、
食べたこともない物については答えようがありません。
こればかりは部門担当者でもわかりかねるので、
素直に「食べていないのでわかりません」と答えましょう。
それで怒られたことは今まで一度もありませんから、大丈夫ですよ。
これで怒ってきたら相当なDQ…何でもないです笑

商品を値引きしてもらえないかどうか

部門担当者が値引きを忘れていた場合など、
お客様の方から「賞味期限が近いのに、割引されていない」「傷んでる場所があるから値引きにならないのか」と言われることがあります。
この判断も、部門担当者に行ってもらいましょう。
商品にはそれぞれ「賞味期限(消費期限)の○日前に○%引きする」といったマニュアルがあるため、
部門関係者以外が勝手な判断で値引きしてしまうと、マズいことになる可能性があります。

スポンサーリンク

他の客に関する内容

万引きなどの犯罪行為・不審者の報告

めったにないことですが、お客様が他のお客様の行為に対して報告してくることがあります。
万引きを見かけた・盗撮を見かけた・当て逃げしていた・商品にいたずらしていた…など
その内容も様々となっています。
報告を受けた場合はすぐさま店長もしくは副店長に連絡しましょう。

その他・店に関する内容

空調が暑い/寒い

夏も冬も、従業員とお客様では体感温度が大きく違っています。
冬場は、食品を取り扱っている以上必要以上に暖房をきかせることはできません。
空調から出る暖かい空気によって、商品の傷みが早くなってしまうからです。
傷む商品は何も生鮮品だけではなく、パンなどその他商品も傷んでしまうため、吹き出し口の近くに置くことができません。
ですから、冬でもスーパーの店内はあまり暖房をきかせず、お客様が厚着していてもなお寒く感じるのです。
逆に夏場は商品が傷まないように冷房をガンガンかけるため、もともと薄着のお客様はさらに寒く感じます。

また、節電の為逆に空調を適切に使用していない店も見受けられます。
この場合ですと、冬は寒く夏は暑く感じます。

空調を使用していても使用していなくても、個人の体感で暑い/寒いと感じた場合、
「もっと冷房(暖房)をきかせて」とお願いしてくる方もいるのです。
言われたら「店長に伝えておきます」と、店長の判断を仰ぎましょう。

従業員の態度について

「○○という店員に質問したけど、愛想が悪かった」など、他の従業員の態度の悪さについて言われることもあります。
こちらも「店長に伝えておきます」と返事をしておきましょう。
お客様がわざわざこのような内容を言ってくるということは、何かしらの対処を求めているということになりますから。

荷物の運搬の依頼

大量に買い物をしたお客様が、「車まで運ぶのを手伝ってほしい」と頼んでくることがあります。
手が空いているのならば、是非手伝ってあげましょう。
もし他の誰かに呼ばれていたり、作業の途中ならば、他の人に代わってもらうなどの対処を取りましょう。
決してお客様を放置していてはいけません。

コピー機など各種機器の操作方法

最近のスーパーでは、お客様用のサービスとして様々な機器が設置されています。
コピー機、ATM、製氷機、ドライアイス、浄水器…これらの操作方法がわからず、聞いてくるお客様がいます。
いくら操作方法を記してあっても、読んでいなかったり、わかりにくかったり…。
やはり人に聞いた方が、確実ですしわかりやすいですからね。
もし、聞かれてわからなければ店長か副店長を呼びましょう。

自販機などの設置機器のトラブル

上記でも述べましたが、様々な機器が設置されているということは、当然トラブルも起こるのです。
お金を入れたのに商品が出てこない、お金が隙間に落ちていって取れない、作動しない…などなど。
お金が取れないという程なら自己対処できますが、商品が出てこない、作動しないというのは最悪メーカーさんを呼ばなければいけない可能性もあります。
ですから、店長か副店長に対応してもらいましょう。


ここまでみてきましたが、ほとんどが商品と価格に関する内容になっていますよね。
対応さえ間違わなければ、クレームにはつながらないので、
わからなければすぐに部門担当者もしくは店長・副店長を呼ぶことが大切です。

スポンサーリンク