バイト中に体調不良…早退できる?-チーフや店長に相談を-

どんなに体調管理をしっかりしていたとしても、突然の腹痛や吐き気に襲われる可能性はあります。

そうなった場合に、「皆が働いてる中、なかなか体調不良を言い出せない」「早退すると迷惑になりそうだから、我慢する」という方も多いでしょう。

果たして、体調不良の時はどうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク


まずはしばらく様子を見よう

「ちょっとお腹が痛いかも…」「何だか気持ち悪い気がする」と感じた場合、安易に体調不良を訴えるのではなく、少し様子を見てみましょう。
時間が経てば痛みが和らいでいた、気にならなくなっていた、ということもありますから。

業務に支障をきたす程の症状――例えば冷や汗が出てきてまともに立っていられない、吐き気がして会話もできない…などが出た場合は、無理せず体調不良を申し出ましょう

店側は休まれたり、早退されることを嫌がる

しかし「何故様子を見なければならないの?すぐに言った方がいいじゃん!」と皆さんは思われるかもしれませんね。

その理由は最小限の人件費で店を回せるように、ギリギリの人数しか店側がシフトに入れていないことに関係しています。
ギリギリの人数しかシフトに入っていないため、1人でも途中で抜けてしまうと、店を回せなくなってしまう可能性があります。
そのため店側からすると従業員が急に休んだり、早退されることを非常に嫌がります。

そして体調不良をすぐに、何度も訴えていると”戦力外メンバー”として見なされてしまい、待遇が悪くなる可能性があるのです。

しかも、さほど見た目に病状が表れていない状態で体調不良を訴えても、仮病扱いされてしまうこともありえます。
仮病だと判断されれば、あなたに対する信用度がみるみる下がっていってしまいます。

ですから明らかに業務の遂行が不可能な状態になるまでは、少し我慢して様子を見ていた方がいいのです。

我慢が限界になったら、チーフや店長に相談しよう

どうしても、これ以上は我慢できない!無理!となった場合、まずはチーフ(もしくは店長などの責任者)に相談しましょう。

その際、なるべく自分から”帰りたい”などとマイナスの言葉を言わない方が、相手の心証はいいです。
さらに言うなれば、自分が帰った後の勤務を任せられる代わりの人間を探す、という手もあります。
ここまでやれれば店側としては、もう文句なしの100%の対応なのですが、なかなか難しいですよね。

チーフや店長に相談した後は、場合に応じて休憩を与えてもらうなり、帰宅命令が出されるなりといった指示が出されるので、それに従いましょう

もし休憩してもまだなお、体調が芳しくない場合は、その日はもう早退してゆっくり休んだ方がいいので、遠慮せずにもう一度チーフなどに相談しましょう。

体調不良の後は、周囲の人たちへのフォローを忘れずに!

早退など、体調不良によって他の人たちに心配や迷惑をかけてしまった場合、
次の出勤時には必ず一言「この間は迷惑をかけました」「代わりに入ってくれてありがとうございました」などといった、フォローを忘れずにしましょうね。

また他の人が体調不良を起こしていたら、自分もその人の代わりに勤務に入ってあげるなど、お互いに持ちつ持たれつの関係を築くことも大切です。

体調不良が続くときは、病院へ!

体調不良が度々起こるようならば、一度医師に診察してもらいましょう。

原因もよくわからず、体調不良で休まれたり早退されたりしていると、店側としてはこれから先どのようにあなたを扱えばいいのかわからず、困ってしまうのです。
いきなり休むかもしれない人を、大事な日のシフトに入れたりできませんからね…。

治療が必要なのか、休養した方がいいのかなど、医師に診察してもらったうえで、今後の方向性を具体的に店側に示すようにしましょう。


学校とは違い、バイトの場合「体調不良ならば、我慢せずに帰ればいい、帰らせてくれる」というわけにもいかないのが現状です。
よほど余裕のある店なら、どうぞ帰ってください!となるのでしょうけど…。

中にはしょっちゅう体調不良で帰る人もいますが、傍目から見ていると気分はよくありません。
本当に苦しそうにしているなら別ですが、中には「こいつ本当に病人か?」というような顔をしている人間もいますからね…。

万が一早退した後、その後偶然友人らと遊んでいる姿なんか見られた日には、すぐに店中の噂になってしまいます。

皆さんは決して、遊ぶための口実に体調不良を使っちゃダメですよ笑

スポンサーリンク