スーパーの従業員は、車や自転車をどこに停めてる?-基本は従業員用駐車場-

スーパーへの通勤方法は人それぞれ、車だったりバイクだったり、自転車だったり様々です。

しかし通勤に使用する車両をどこに停めればいいのか、迷っちゃいませんか?
「わからないから、とりあえずお客様用の駐車場に停める」と思っている方もいるかもしれませんが、それは避けた方がよさそうです。

その理由については、ページを読み進めていけばわかります。

スポンサーリンク


基本的には従業員用駐車場が用意されている

車の場合

従業員用の駐車場が通常は用意されているので、従業員はそちらに停めることになっています。
店によっては用意されてない場合もあり、その場合はお客様用駐車場に停めることになります。

駐車場内では誰がどこに停めるかの指定があったり、また暗黙の了解で各々がいつも同じ場所に停めるようになっていたりします。
そのようなテリトリーがあるゆえ、自分が何気なく停めた場所が他の人が停めるべき場所だった…ということもありえます。
もしどこなら空いているのかわからなければ、少し離れた場所に停めておけばいいでしょう。

自転車、バイクの場合

自転車やバイクを停めるための従業員用駐輪場というのは、よほど大きな店でない限り用意されていません

そのため従業員用駐車場の一角に停めるか、またお客様用駐輪場に停めたり、はたまた従業員用出入り口付近に停めることになります。
自転車だと邪魔になりにくいので、従業員用出入り口付近に停めると楽かもしれませんね。

お客様用駐車場に停める場合は…

もし従業員用駐車場がないなどの理由でお客様用駐車場に停めることになった場合、注意事項があります。
それは、駐車する場所についてです。

あくまでもお客様のための駐車場ですので、お客様の利便性を第一に考えなければなりません。
そのため、店の出入り口から近い場所にはなるべく停めないようにしましょう。
例え、駐車場が空いていたとしてもです。

お客様の中には足の不自由な方、妊婦さん、お年寄りなど出入り口に少しでも近い場所に停めたい方も多くいらっしゃいます。
そのような方たちも含めお客様のための駐車場に、長時間動かない従業員の車を停めておくということは、ホスピタリティに欠けた行為となってしまうのです。
面倒でも、離れた場所に停めるようにしましょう!

離れた場所に停めて、当て逃げなどのトラブルも回避

また離れた場所にあえて停めることには、お客様のためでもあり、自分のためでもあるのです。
というのも、当て逃げなどのトラブルから身を守るという意味があるからです。

出入り口に近いと、必然的に車の移り変わりも激しくなります。
つまり、いろんな車が自車の隣に停まる=ドアパンや当て逃げなどのトラブルに遭う可能性も否定はできません。
従業員用駐車場でのトラブルなら、その場所に停めるのは基本的に従業員しかいませんから、時間帯などからある程度人物の特定もできます。
しかしお客様用駐車場で起こったトラブルでは、人物の特定はなかなか難しいところがあります。


個人的には面接の際に「何処に車両を停めればいいのか」を聞いておけば間違いないかと思います。

もし聞きにくい場合は、自分で店の周囲を歩いて確認してみる、もしくは上記の注意点を守ってお客様用駐車場に停める…という方法を取るといいでしょう。

スポンサーリンク