スーパーの従業員、駐車はどこに?-お客様用駐車場は使用可?-

みなさんは通勤先であるスーパーに、どのような移動手段を使っていますか。

徒歩・車・バイク・自転車など、さまざまな手段がありますが、地方だと徒歩や公共交通機関よりも車やバイクでの通勤が多数を占めていることでしょう。

しかし車両をどこに停めればいいのか、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

とりあえずお客様用の駐車場に停めているという方も多いかもしれませんが、それはできれば避けたほうがいいのです。

その理由については、ページを読み進めていけばわかります。

スポンサーリンク

基本的には従業員用駐車場を使用する

たいがい どんな店でも従業員用の駐車場が用意されていますので、従業員はそちらに停める ことになっています。

店の裏手側や少し離れた場所に用意されていることが多く、また業者の搬入口と隣接する形を取っている店もあります。

駐車場にはちゃんと従業員用駐車場と表記されているところもあれば、ないところもあります。

表記がない場合は、他の従業員に聞かなければ場所がわからないので、まだ場所を知らないという人は一度確認してみましょう。

さて駐車場内では誰がどこに停めるかの指定があったり、また暗黙の了解で各々がいつも同じ場所に停めるようになっていたりします。

そのようなテリトリーがあるゆえ、自分が何気なく停めた場所が他の人が停めるべき場所だった…ということもありえます。

もし どこが空いているのかわからなければ、隅のほうなど少し離れた場所に停めておけばいい でしょう。

自転車、バイクの場合

自転車やバイクを停めるための従業員用駐輪場というのは、よほど大きな店でない限り用意されていません。

そのため 従業員用駐車場の一角に停めるか、またお客様用駐輪場に停める、従業員用出入り口付近に停める ことになります。

自転車だと邪魔になりにくいので、従業員用出入り口付近に停めると楽かもしれませんね。

ただし、ポツンと停めてあると不法駐輪と勘違いされる可能性もあるので、他の人たちがどこに停めているかを確認すると確実です。

お客様用駐車場に停める場合

もし従業員用駐車場がないなどの理由でお客様用駐車場に停めることになった場合は、駐車する場所に気をつけなければなりません。

あくまでも お客様のための駐車場ですので、お客様の利便性が第一 なのです。

そのため、 店の出入り口から近い場所にはなるべく停めないように しましょう。

例え、駐車場が空いていたとしてもです。

お客様の中には足の不自由な方、妊婦さん、お年寄りなど出入り口に少しでも近い場所に停めたい方も多くいらっしゃいます。

そのような方たちも含めお客様のための駐車場に、長時間動かない従業員の車を停めておくということは、ホスピタリティに欠けた行為となってしまうのです。

離れた場所に停めることで、当て逃げなどのトラブルも回避

また 離れた場所にあえて停めることは、お客様のためでもあり自分のため でもあります。

というのも、 当て逃げなどのトラブルから身を守る という意味があるからです。

出入り口に近いと、必然的に車の移り変わりも激しくなります。

つまり、いろんな車が自車の隣に停まる=ドアパンや当て逃げなどのトラブルに遭う可能性も否定はできません。

従業員用駐車場でのトラブルなら、その場所に停めるのは基本的に従業員しかいませんから、時間帯などからある程度人物の特定もできます。

しかし お客様用駐車場で起こったトラブルでは、人物の特定はなかなか難しい ところがあります。

泣き寝入りの可能性を少しでも減らすためには、自らできる予防策を取っていくしかないのです。

従業員用の駐車場は店から離れていることもあったりと、多少不便な面もあります。

そのためお客様用の駐車場に停めてしまう従業員もいるでしょう。

しかしお客様の利便性のためには、やはり面倒でも従業員用駐車場に停めなければなりません。

万が一お客様用の駐車場に停める場合は、不要なトラブルを避けるという意味も含めて、できるかぎり隅の方でお客様の邪魔にならないように気を配りましょう。

スポンサーリンク

こちらの記事もお見逃しなく!