アルバイトとパートの違いって?-パートの方がより社員に近い待遇-

アルバイトもパートも非正規雇用には変わりないのですが、何となく使い分けされているような気がしますよね。

アルバイト=学生・フリーター(若者)、パート=主婦というようなイメージを一般的には持たれると思います。

果たして具体的な違いは存在するのかどうか、調べてみました。

スポンサーリンク


アルバイトとパートの意味

辞書での定義をまず見てみましょう。

goo辞書によると、

アルバイト【(ドイツ)Arbeit】
[名](スル)《労働・仕事・研究の意》
1 本業や学業のかたわら、収入を得るための仕事をすること。また、その仕事をする人。内職。バイト。「書店で―する」「学生―」
2 パートタイム労働法に定める短時間労働者に分類される雇用形態。臨時雇い。パート。バイト。→フリーター
3 学問上の作業。業績。

パート【part】
1 部分。区分。また、章・編。
2 役割。分担。職分。「チームで重要な―を受け持つ」
3 音楽で、一つの声部。また、楽器別の受け持ち部分。「―譜」
4 「パートタイム」「パートタイマー」の略。「―で働く」
パートタイマー【part-timer】
パートタイムで働く人。短時間勤務の人。パートタイム労働法に定める短時間労働者に含まれる。パート。
パートタイム【part time】
その企業の所定の労働時間と異なる短時間の勤務制度。短時間労働。パート。⇔フルタイム。

となっています。

どうやら、 辞書の定義ではアルバイト≠パート(パートタイム)⇔フルタイムということになっている ようです。

つまり、 アルバイトもパートも短時間労働者を指し、とりわけアルバイトは本業や学業のかたわら仕事をすること(する人) なんですね。

なので、一般的に学生=アルバイトという認識になっているわけです。

主婦だって、主婦業のかたわらに仕事をするわけですから、アルバイトと言ってもよさそうなんですけどねぇ。

アルバイトとパートで異なっている点の一例

私の勤める店では企業全体としてアルバイトとパートである区別をしています。

その区別されている内容を、わかりやすく表にしてみました。

内容/雇用形態パートアルバイト
加入保険の種類社会保険国民健康保険
学生・主婦は親もしくは配偶者の扶養
毎月の休日回数定められている
31日まである月なら9回
30日までの月なら8回
自由
毎日の勤務時間定められている
実労働時間6時間程度
早上がりの禁止
毎日の出勤退勤時間もほぼ固定
その日によって変わる
今日は4時間勤務、明日は8時間勤務など
出勤時間もバラバラ
早上がりあり
仕事内容区別は特にない区別は特にない
名札の表記パートナーアルバイト
その他違い年に1度健康診断がある-

バイトもパートも、それぞれに良し悪しがある

こうして比べてみると、いろいろな点が異なっていますよね。

パートだと保険も保証が手厚い社会保険になりますし、健康診断も受けさせてもらえます。

その他にも毎月の休日回数が定められていることと、勤務時間の保証があり(早上がり禁止)、安定して一定の金額を稼ぐことができます。

しかし、いいことばかりでもありません。

社会保険料の負担が結構キツいのと、アルバイトは稼げるときは思い切り稼げるシフトにしてもらえますが、パートは毎月必ず固定なので、今月だけ稼ぎたい…というような要望は効いてもらえないのです。

わかりやすく言うと、アルバイトだと働く頻度を増やすことも減らすこともできるというわけです。

この点から、バイトでの契約は予定が変わりやすい学生にとって融通が利くようになっていることがわかります。

つまり、 パートの方がアルバイトよりも安定した身分で働けるような契約に私の勤める会社は定めている ことになります。

ほかの会社でもそのような傾向にあるのかどうか、断言はできません。

ですが、バイトとパートの違いが明確に読み取れる一つの事例として、皆さんには参考にしていただければと思います。

求人サイトでは”バイト”を使用

アルバイトとパートの意味は何となくわかってもらえたかと思います。

しかし、不思議なことに使用されるのは”バイト”ばかりで、”パート”という文言はほとんど使われることがないのです。

下記を見て下さい。

これらは有名な求人サイトの一覧です。

上記のどれもが”バイト”という言葉は使っていますが、”パート”という言葉はシフトワークスでしか使われていません。

ちなみにYahoo!とgoogleで検索してみたところ、両方ともパートは約120,000,000件の検索結果に対して、バイトは約171,000,000件の結果になりました。

このことから、やはり バイトの方が一般的に使用されている言葉 だとわかりますね。


バイトとパートは、同じような意味を持つ反面、微妙に意味が違っている部分もあるということがわかりましたでしょうか。

バイトは本業や学業の傍ら仕事をする人=主に社会人や学生の勤務を指し、パートはパートタイマーの略で短時間労働者=主に主婦が主婦業の傍らに行う短時間勤務を指しているということになります。

…そうすると、主婦であっても長時間勤務(フルタイム)の場合はパートではなくバイトといえるわけですね。
パートタイムは短時間勤務を指す、というわけですから。

しかし、手厚い処遇を受けられるのは、バイトではなくパートなんですよね。

恐らく、学生はいろいろな制限(親に扶養されている身であるため)があったり、社会人は副業として本業の方で社会保険などの手当てを受けているから、手当などの面がパートに劣っているのではないかと思いますが…。

この理屈でいうと、主婦のフルタイムはどうなるんだ?!ってなってしまいますね汗

長くなってしまったので、まとめます。

一般的には求人情報を指す時にはパートではなく、バイトを使用しており、とりわけバイトは若年者向けの情報を指していることがわかります。

そして違いは、働く人物の勤務時間や本業かどうかによって変わる、ということになるといえるでしょう。

スポンサーリンク