スーパーのバイト、辞める場合は…-いつ誰に言えばいいのか-

せっかく始めたバイトでも、いつか辞めなければならない時が来ます。
辞める理由は様々だと思いますが、辞めるということを「誰にどうやって伝えればいいのかわからない」という方も多いと思います。
「もう辞めるんだし適当でいいか」と思うかもしれませんが、できればお互いに気持ちよく終わりを迎えたいものです。

スマートな辞め方、と言っていいかわかりませんが、辞めるとしてもある程度の礼儀をもつことは大切です。

スポンサーリンク


伝達手段はどうしたらいいのか

まず、伝達手段についてです。
今ではメールやLINEでも業務連絡を取っている方も多いですよね。
言いにくい話でも、メールやLINEだと気軽に伝えることができますから、とても便利だと思います。

しかし、辞めるという大切な話をするのにメールやLINEはもってのほかです!
なるべく直接、話をするようにしましょう。
それも電話でなく、面と向かって話すほうがいいですね。

それでも、シフトの関係でチーフや店長にはなかなか会えない…という方もいるでしょう。
できればチーフや店長が店にいる時間を狙って、店に行くのがベストですが、それも難しいという方は、電話でもいいでしょう。
電話する際は、店が暇な時間帯にかけると尚goodです。

いつ伝えればいいのか

伝達手段も大切ですが、最も肝心なのは伝える時期です。
この時期を間違えると、円満に辞められない可能性も…。

伝える時期

常識としては、辞める日(辞める時期)の1か月前には伝えることになっています。
何故1か月も前に伝える必要があるのかというと、次の人員を確保するためです。
店側はその1か月の間に求人募集を出して、新しい人員を探すことになります。

1か月前が厳しいなら、2週間前でも構いません。
この2週間というのは法律でも定められているため、店側も責めることはできません。
さすがに「今日で辞めます」というのは非常識すぎますが…。

とはいえ、すぐに辞めなければならないこともあるかと思います。
例えば「精神的ストレスでもう行きたくない」だとか「新しいバイト先が決まっている」といったケースです。

このようなケースの場合は、スムーズに話を進めることが難しいです。
正直に理由を話せば「何とか我慢して続けてよ」「待遇をよくしてあげるから」などと諫められてしまいます。
かと言って学業や介護などを理由にしたところで、「春まで続けられないのか」「次のシフトは出てもらわないと」と言われる可能性があります。
一刻も早く辞めたいのなら「どうしても○月×日までしか出れません」と言うしかありません。
店側からは当然「何故早く言わなかったのか、急すぎる」などと咎められるかと思いますが、何とか乗り切ってください。
そうそう、ぶっち・バックレなんてしてはいけませんよ!

余談:ぶっち・バックレはリスクが高い!

辞めると伝えた途端、店の人たちの態度が冷たくなり、すぐにでも辞めたくなるかもしれません。
しかし、ここにきてぶっちやバックレをしてしまうと、今までに積み上げてきた信用が全て無駄になってしまいます。
店がチェーン店なら「要注意人物」として話が回ってしまう可能性もありますし、辞めた後店に立ち入りしづらくなります。
でもこれは、もう2度とそのチェーン店に関わらなければすむ話ですが。

それ以上に、新しいバイト先で「前のバイトを何故辞めたのか」という質問をされたときが問題となってきます。
素直に「バックレました」と言う人もいないでしょうが、学業など他の理由をつける際に、上手くごまかす必要が出てきます。
怪しまれてしまったら、採用の見込みはなくなってしまいます。

バックレをするなとは言いませんが、後々の影響をよく考えましょう。
(うちの店には辞める時期をちゃんと伝えていて、後数日で満了というときにバックレてしまった社員がいました…汗
その後しばらくその方の話で会社は持ち切りでした、後数日だったのにもったいない…)

伝えるタイミング

自分よりも、相手の都合を優先しましょう。
相手の様子を見て、手が空いてそうな時に「今、お時間よろしいでしょうか」と声をかけましょう。
忙しい時に声をかけても、まともに話を聞いてもらえなかったり、後回しにされてしまいます。

誰に伝えればいいのか

さて、ここまで読んでくれた方は「結局、誰に言えばいいの?」と思っていることでしょう。
チーフに言うべきか、店長に言うべきか悩むところですが、必ずチーフに先に言いましょう。
(チーフがいない部門は店長に言えばOKです)

どのみち店長に言わなきゃいけない話を、わざわざチーフに言わなければならないのか。
その理由は、物事には順序があるからです。
というのもチーフがいるにも関わらず、チーフを無視して先に店長に言ってしまうということは、チーフからすると不愉快なことなのです。
「直属の上司である自分には大切なことを言ってくれない、自分の存在が軽く見られている」ように感じるのです。
店長から話を聞いたチーフが「なんで自分には言ってくれなかったの?」と言ってくるかもしれません。

店長は全てを把握しているわけではない

それだけではありません。
店長は店全体の責任者ではありますが、個々の部門内での仕事内容やシフトなどは把握していません。
自分が所属している部門に店長が直接関与していれば別ですが、そうでなければ、結局チーフに話をせざるをえないのです。
新しい人員をどうするか、残りのシフトをどうするかなど、チーフにしかわからないこともたくさんあるのです。

ですから、最初からチーフに話しておく方がお互い2度手間にならずにすみます。


「立つ鳥跡を濁さず」という言葉があるように、辞め際も綺麗に去っていきたいものですね。
相手になるべく悪い印象を与えずにすむには、やはり言うタイミングなどを考慮する必要があります。
これから辞めようかと思っている方、辞めるのも勇気がいりますが頑張ってください!

スポンサーリンク