スーパーのバイトを始めるのに最適な時期はいつ?-人手不足になる2~3か月前がベスト-

スーパーに限らず、求人の需要と供給は一致していなければ意味がありません。
つまり、店とあなたの需要と供給が合致したときがベストタイミングなのです。
では、その店の需要が増える時期とは一体いつなのでしょうか。

スポンサーリンク


卒業シーズン前/年明け~2月ごろ

一番スーパーが人手不足に陥るのは、学生バイトが大量に退職する3月~4月ごろになります。
多くの学生、特に大学生は卒業とともにバイトを辞めてしまいます。
店としては一刻も早く新しい人材を確保し、1人前になるように教育しなければなりません。
人員が足りなくなってから新人を確保するようでは、遅すぎますからね。

新人への教育期間を考慮すると、卒業シーズンの3月よりも少し前—早くて年明けすぐに、卒業で退職するバイトの穴埋めをしていかなければなりません。
店としては3月までに、どれだけ新しい人材を確保できるかが最重要課題となります。
働く側としても年明け~2月ごろからバイトを始めれば、先輩たちがいなくなる前にしっかり仕事を教えてもらえるのでベストです。

長期休暇(夏休み)前/5~6月ごろ

学生さんにとって、待ちに待った夏休み。
遊びに精を出す人もいれば、かたやバイト漬けでがっつり稼ぐ人もいたりと、過ごし方は様々でしょう。

しかし!
小さな子どもを抱えた主婦にとっては、夏休みは地獄の始まりといえるでしょう。
子どもの預け先がなければ、毎日朝から子どもの世話をしなければならず、とてもパートに行っている暇なんてありません。
「稼ぎたいけど、パート先に迷惑がかかるくらいなら勤務を減らした方がマシ」という考えの主婦も多く、
夏休みや春休みなど、子どもが長期休暇に入ると勤務を減らす傾向にあります。

主婦だけではなく、学生も帰省で長期休暇を取る人もいますし、夏休み中は人手不足が懸念される時期となります。
そんな夏休み中に勤務できる人材は重宝されますし、稼ぎたいなら夏休みにバイトするのがベストです。
5~6月ごろからバイトを始め、夏休み前にばっちり仕事をこなせる状態になれれば、シフトに多く入れるようになりますよ。

年末前/10~11月ごろ

卒業シーズンに次いで、人手が欲しいのは年末です。
年末は、年越しのために買いだめをするお客様で混雑します。
一人当たりの買い上げ点数(購入したアイテムの数)も1年の中で最高数を誇り、消費金額もけた違いに多くなります。

そんな年末は、一人暮らしの学生や核家族世帯の人たちがこぞって実家に帰省する時期でもあります。
もちろんスーパーでバイトやパートをしている学生や主婦たちの中にも、年末に長期休暇を申請する人が多くいます。
1年の中でも1番の稼ぎ時ですから、店側としては何とか出勤してもらいたいのですが、帰省という家庭の事情ではやむをえません。
こうして、帰省を理由に長期休暇を多くのバイトやパートが取ることにより、人手不足となってしまうのです。

人手不足で忙しい時期に出勤したくないかもしれませんが、悪い事ばかりではありません。
年末の特別手当として普段の時給よりいくらかUPしていたり、大入り袋がもらえる可能性もあるのです。
まさに、稼ぎたい人にとってはうってつけの時期なんです!

そんな年末に向けて、10~11月ごろからバイトを始めるのがおすすめです!
年末は本当に目の回るような忙しさになりますから、それまでにしっかり仕事を覚えてしまいましょう。


こうしてみてみるとバイトを始めやすい時期が1年の中で数回、巡ってくることになりますね。
求人募集もだいたい上記の忙しい時期の前に出すことが多いので、狙っているお店があるのなら是非、求人サイトなどでチェックしてみてください。

スポンサーリンク