商品がお得に買える日・時間-発注システムにも関係有り-

スーパーでのお買い物、せっかくなら少しでもお得に買いたいですよね。

実は、広告の商品だけがお買い得品というわけではないのです。

皆さんが意外に知らない、お得な日や時間を教えちゃいます。

スポンサーリンク

悪天候の日

皆さんも天気が悪いと、外に出る気が失せてしまいせんか?

そんな日こそ、是非足を運んでみて下さい。

特に、晴れていたのに 途中から雨が降ってきてしまった時を狙ってみるといい ですよ。
思いがけないタイムセールが始まったり、いつもより早く見切りがなされるかもしれません。

その理由は、 日配品や惣菜は、天気と気温に基づいて発注・製造をする という、スーパーの発注や製造のシステムに関係があるのです。

例えば晴れて暑くなるであろう日には、豆腐や麺類の発注を多くかけます。
惣菜なら枝豆などのおつまみ系を多く製造します。

当日雨が降って寒くなってしまったら、途端に売れ行きが下がってしまうのです。
消費期限が短い日配品や惣菜は、すぐに売り切ってしまわなければなりません。

そのため 売れ残りそうだと判断したら、見切りをいつもより早め に行います。

特売日の翌日

こちらも発注システムと関係があります。

基本的に発注は担当者が、当日の売れ数を予測しながら行います。
そのため、予想以上に売れたということもあれば、意外と売れなかったということがありうるのです。

売れ切れた時はいいのですが、問題は残ってしまった時です。

上記でも述べましたが、日配品は消費期限が短いため、早く売り切らなければなりません。

万が一 売れ残った店は、担当者の独自の判断で価格を少し落として売りさばきます。 

例えば通常198円の品物なら特売価格で98円になるのですが、その間を取って、158円で売る…といった感じです。
よほど在庫が膨らんでしまった場合は、特売価格のまま売ってしまいます。

特売の翌日に必ず安くなるわけでもないのですが、 こういった手法で在庫調節をすることもある のです。

閉店約1~2時間前

これは、すぐに理由がわかると思います。

 刺身や惣菜、カット野菜など生鮮品の見切りの時間 です。
日によって若干のずれはありますが、大体何時ごろから見切り開始、というのは店によって決まっています。

なので、何日か通ってみてみるとすぐに見切りの時間がわかるようになります。

そして見切りの時間を知っている常連さんが、すぐに見切り品を買っていくので、閉店ギリギリに来ても商品はろくに残っていません。

閉店の~2時間前ですと余裕をもって品物を選べると思いますが、その店の見切りの時間や在庫調整の仕方によるため、一概には言えません。

店によっては、見切り品がないということも?!

ちなみに…  在庫調節が上手な店だと、見切る前に商品が売れてなくなるので、そもそも見切る必要がない のです。
見切らずに売れれば、少しでも儲けが多くなので店の理想でもあるのですが、これが上手くいかないんですよね。

お客様からすれば、見切ってくれる方がありがたいのでしょうけど笑

開店直後

閉店の見切りとは違い、 朝は日配品の値引きが行われる 時間帯となります。

店頭品の消費期限をチェックし、2日前で20%引き、当日で半額…というように値引きしていくのです。

店によって、”何日前で何パーセント引きする”という基準が異なるので要注意です。

いかがでしたか?

まさか特売日の翌日が狙い目だっただなんて、驚きなのではないでしょうか。
しかし、発注の制度が高く、翌日に在庫を残さないような店の場合はこの手法は通用しませんが…汗

少しでもお買い得品を手に入れたい方は、以上の内容を意識してお買い物に行ってみるといいですよ。

スポンサーリンク