バイト・パートの勤務、何時間がおすすめ?-個人的には5時間-

バイトやパートの勤務時間、何時間にしようか迷われている方って多いのではないでしょうか。

しかし勤務時間は一度契約したら、なかなか変更しずらいので慎重に決めなければなりません。

勤務時間はたった1時間でも違うと、金銭的にも精神的・肉体的にも全然違ってくるものです。
果たして、ベストな勤務時間は何時間なのでしょうか。

ここでは6時間までの短時間勤務のバイト・パートを対象にみていくことにします。

スポンサーリンク

バイト・パートに多い、4~6時間の短時間勤務

 多くの企業では、最低4時間以上の勤務時間で求人を募集 しています。

そのため、学生や主婦といった多くのバイト・パートは4~6時間の短時間勤務で契約しています。
(フルタイム希望の方はもちろん除きます)
フリーターは比較的長時間勤務が多いので、対照的ともいえますね。

とはいえ、4時間勤務・5時間勤務・6時間勤務のどの時間の勤務が一番いいのか、悩みますよね。

私自身は各時間の勤務を経験してきたので、以下にそれぞれの勤務の特徴を述べていきます。

6時間以上の勤務は、休憩が必要に

それでは、まず4時間勤務からみていきましょう。

4時間勤務の場合

 4時間の勤務ですと、主婦の方は主に午前中・学生の方は学校帰りの夕方にサクッと入れる 勤務時間です。

午前中なら8時や9時頃に出勤し、お昼12~13時頃には変えることができる勤務ですし、
12時13時からのちょっと遅めの出勤でも、お子さんや旦那さんが帰ってくる前には帰宅できますので、 主婦の方には最適 の勤務時間です。

また学生の方、特に女性にとって4時間の勤務は帰宅時間が遅くならず、安心できるかと思います。
学校が終わったあとの16時や17時から勤務しても、22時前には終わります。
その時間ならまだバスや電車など公共交通機関も運行していますし、交通手段の面からいっても、問題はないでしょう。

5時間勤務の場合

4時間だとちょっと短い、けれど6時間は長い…という方には5時間勤務がおすすめです。

ちょっと話はズレますが…
 6時間以上の勤務の場合、45分以上の休憩を取る必要が あります。

つまり、労働時間6時間+休憩時間45分=拘束時間6時間45分(最低でも)となってしまうのです。
例えば8時から勤務すると、退勤時間は14時ではなく14時45分となります。

拘束時間が長くなることに対しては、人それぞれで 「休憩は必要だから、問題ない」「休憩はいらない、その分早く帰りたい」と2通りの考えに分かれます。

しかし、6時間以上の勤務には休憩が必要だと労働基準法によって定められているため、企業側はこれを無視することはできないのです。

というわけで、 5時間の勤務なら休憩を取らずに働くことのできるギリギリのライン となります。
「より長く働きたいけど、休憩はいらない。早く帰りたい」という方にとって、5時間勤務が一番希望に沿った形になるのではないかと思います。

6時間勤務の場合

前述したように、6時間以上の勤務では休憩が必須となるため、どうしても拘束時間が長くなってしまいます。

しかし、ぶっ通しで4時間や5時間働くよりは、3時間労働し休憩また3時間労働する形の方が、体力的に疲れずにすむという方もいるでしょう。
 体力面が不安な方は敢えて、休憩を取ることができる6時間勤務を選ぶ手も あります。

また、しっかり稼ぎたい…!という方は6時間勤務を選ぶとよいでしょう。
というのも、 6時間勤務は社会保険に加入する(しなければならない)ボーダーライン でもあります。
将来を見据えて社会保険に入り、安定して稼いでいきたいのなら、迷わず6時間勤務をおすすめします。

逆に、 扶養に入っているなどで社会保険に加入したくない方は、5時間までの勤務に抑えるように しましょう。

まとめ

それでは簡潔にまとめます。

人それぞれの希望によって、おすすめの勤務時間は異なっている。

  • 4時間勤務…最小限しか働く時間を取れない方、ちょっとしたお小遣い稼ぎで十分な方
  • 5時間勤務…拘束時間が長くならず、社会保険にも加入したくないギリギリのラインで働きたい方
  • 6時間勤務…社会保険に加入し安定して稼ぎたい方、また休憩を取り体力的にも無理せず働きたい方
是非参考にしてみて下さい。

私個人の経験ですと、扶養に入る前は6時間勤務で社会保険に入っていましたが、扶養に入ってからは4時間勤務に短縮しました。
…が、やはり4時間だと収入面で若干物足りなくなったので、今は5時間勤務にしてもらっています。

5時間は休憩もいらず、社会保険の加入対象にもギリギリならないので、本当おすすめですよ。
ただ、 高時給の方は扶養の制限にひっかかってしまうため、その点だけは注意 してくださいね。

スポンサーリンク