「柑橘類」カテゴリーアーカイブ

みかんやレモンなどの柑橘類についての記事が集まっています。

春みかんはマンダリン!オレンジについて-オレンジ=みかん?!-

姿形が違っているみかんとオレンジですが、実はこれらはほぼ同じだといっても過言ではないのです。

その証拠に、一般的に春みかんとされているカラマンダリンはマンダリンオレンジという品種の中の1つであったりするのです。

一体みかんとオレンジはどう関係していてどう違っているのか…オレンジについて詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク


オレンジはみかん科みかん属の果実

そもそもオレンジは分類学上では、みかん科みかん属に属しているのです。
カテゴリーはそこからさらに”オレンジ類”・”みかん類”と細分化され、そのうちのオレンジ類に属しているのが、一般的なオレンジとなっています。
つまり「みかん」という大きなカテゴリーの中に、「オレンジ」という小さなカテゴリーが存在しているのです。
このことから、オレンジ=みかんといっても過言ではありません。

ちなみに普段私たちがみかんと呼んでいるものは、正式には「温州みかん」といい、英語では”satsuma orange”と呼ぶのです。
温州みかん自体はみかん科みかん属みかん類に属していますが、上記のように英語だとオレンジという言葉が使用されています。
どうやら、一般的な英語ではみかんを表す言葉=オレンジとなっているようです。

オレンジは大きく分けて3種類

ひとえにオレンジといっても様々な種類が存在しており、大別するとスイートオレンジ・ビターオレンジ・マンダリンオレンジの3種類となります。
売場に並んでいるオレンジのほとんどは、スイートオレンジとなっており、代表的な品種としてネーブルオレンジやバレンシアオレンジが挙げられます。

またビターオレンジの主な品種はベルガモットや橙(だいだい・正月の飾り物として有名なアレです)、マンダリンオレンジの主な品種はカラマンダリンとなっています。
マンダリンオレンジについては後述でも詳しく説明してますので、興味のある方は是非読んでみて下さい。

オレンジの定番・スイートオレンジ

売場に並ぶオレンジのほとんどを占めるスイートオレンジ。
その中でも特に有名なバレンシアオレンジとネーブルオレンジについてみていきましょう。

バレンシアオレンジ

スイートオレンジの品種のなかでも、最もよく知られている品種となります。

ネーブルオレンジに比べると酸味が強いので、酸っぱい味が苦手な方はネーブルオレンジの方を選んだほうがいいでしょう。
どちらかといえば、ネーブルオレンジの方がおいしさの点でも優れているといわれています。
となると「とにかくネーブルオレンジを選んでおけばいいのでは?」と思うかもしれませんが、バレンシアオレンジの方が優れている点もあるのです。

それは、オレンジジュース用としては最適であるという点です。
搾りたてのオレンジジュースはとてもおいしいので、自家製のオレンジジュースを愛飲している方もいるかもしれません。
自家製で作ったオレンジジュースは、できるだけ長持ちさせたいですよね。
バレンシアオレンジなら、ジュースにしても味も生食とほとんど変わりなく、果汁が劣化するスピードもそんなに早くありません
ですから、新鮮なオレンジジュースを長く味わうにはもってこいのオレンジなのです。

ネーブルオレンジ

上記で「ネーブルオレンジはおいしい」と述べていますが、その理由は甘みと酸味のバランスが上手く取れているからです。
一般的に甘すぎても、酸っぱすぎても万人からはおいしいと評価されません。
人の好みは様々なので、甘ければ甘いほどいい、おいしい!と思う方もいるかと思いますが(私は極度の甘党なので、実際そう思ってます)

しかし果汁の劣化が早く、味も悪くなりやすいのでオレンジジュースにするには不向きです。
すぐ飲み切ってしまうのなら、問題ありませんけどね。

そんなネーブルオレンジですが、最大の特徴は果頂部(つまりケツの部分)が窪んでいることです。
もともと「ネーブル」とは「へそ」を表す言葉で、その窪みがまるでおへそのように見えることから、ネーブルオレンジと名づけられました。

このへそ部分があるため、綺麗なくし形(スマイルカット)には切れません
というのも、内部でへそ部分の箇所が細分化されて小さな部屋のようになってしまっているのです(うーん、説明が難しい…)
しかし適当に切って食べる分には問題ないので、普段はさほど気にする必要はありませんが、飾り切りする際は注意してください。

スポンサーリンク

温州みかんのルーツは、マンダリンオレンジにあり!

ここまでは一般的なオレンジについて解説してきましたが、ここからはマンダリンオレンジについてご紹介します。

マンダリンオレンジも、普通のオレンジと同様にみかん類みかん属に属している柑橘です。
原産地は中国およびインドといわれており、日本に伝来しました。
そしてこのマンダリンオレンジを改良したものが、現在の温州みかんになったそうです。

実は温州みかんの特徴である皮の薄さやむきやすさといった特性は、マンダリンオレンジから引き継がれているのですよ。
一説には「マンダリンオレンジとは、柑橘類のうち果実の皮が薄くむきやすいものの総称」ともいわれていたりもします。

マンダリンオレンジの特徴は、皮が薄くむきやすい・酸味が弱い・糖度が高いといったところです。
その味はまるで味まるみかんのような甘さで、個人的には酸味は全く感じられませんでした。
酸っぱいみかんが苦手な方に是非おすすめしたい一品です。

「春みかん」として名高い、カラマンダリン

そんなマンダリンオレンジの一種として、カラマンダリンという品種があります。
こちらは「春みかん」として知られており、3~4月頃に収穫し、一般に流通するのは4~5月頃となっています。
何故収穫してから流通までにタイムラグが生じるのかといいますと、わざと時間を置くことによって、酸味を減らし甘くさせているためです。
この手法は青島みかんにも用いられており、こうすることによって甘みの強いみかんに仕上がるのです。

見た目や大きさは温州みかんと変わりませんが、表皮が薄く果汁は多い、とても甘いみかんとなっています。
しかし甘いだけではなく、酸味も感じられバランスの良い味となっているので、甘ったるいのは苦手な方でも食べられるのではないかと思います。

主な産地・鮮度チェック方法

主な産地

オレンジは品種を問わずそのほとんどが、アメリカやオーストラリアからの輸入品となっています。
国産品もありますが、和歌山・愛媛などごく一部の地域でのみの生産となり、その存在は超レアものとなっています。

鮮度チェック方法

マンダリンオレンジの場合はみかん同様に、カビが生えていないか・表面に割れが生じていないか・ぶよぶよしていないか・汁が出てきていないか…をチェックしてください。
これでほとんど品悪のものにあたることはないかと思います。

オレンジの場合はカビの有無が主なチェック項目となり、外側はあまり劣化しにくくなっています。
どちらかといえば見た目が綺麗でも中身が傷んでいることの方が多いです。
ですから、購入されたあとにクレームが入ることもしばしばあります。

輸入品には防腐剤が使用されている

ちなみにグレープフルーツも同じなのですが、外側の劣化がほとんど見られないのは防腐剤が使用されているからです。
遠く海外からの輸入をするにあたって、運搬に日数がかかってしまうので、何もしなければ商品の劣化は避けられません。
そこで少しでも商品の劣化を防ぐために、やむなく防腐剤を使用しているのです。
どうしても防腐剤が使用されていないものをお求めの場合は、国産品を買うと手っ取り早いですよ。


そんな希少な国産オレンジを手に入れたい方は、以下のリンク先を是非ご覧になってみてください。


オレンジはみかん属に属していることや、マンダリンオレンジの一種・カラマンダリンが春みかんとして称されていることからも、オレンジ≒みかんということがわかりますね。

今まで全くの別物だと思っていたオレンジとみかんが、こんなにも類似する関係だったなんて、驚きですよね!
特にマンダリンオレンジは、みかんそのものといっても過言ではないくらい似ています。
「春はみかんが食べられなくなって悲しい…」と思っている方は、是非マンダリンオレンジを食べてみて下さい。
ヘタするとみかんよりも美味しいその味に、病みつきになってしまうかもしれませんよ笑

スポンサーリンク