近所のスーパーでバイト!デメリットは…-辞めると気まずい-

バイト先を選ぶ基準の1つに、学校や家からの距離を考慮するという方は多いと思います。
バイト先が家の近所だと、帰りが遅くなっても安心ですし、学校が休みの日の出勤も楽ですもんね。

しかし、家の近所でのバイトは避けた方がいいのです。
それは何故かといいますと…

スポンサーリンク


近所付き合いに影響する可能性がある

もし自分がバイトで入った店に、近所の知り合いが既にバイトしていたとします。
または自分より後に入ってきたという状況でも同じなのですが、やはり近所の人同士ということで、必然的に関係を持つことになります。

干渉は避けられない

関係を持つということは、つまり干渉されるということです。
子供の話や旦那の話、ママ友の話など、様々な話題に対して、上手く対応していかなければなりません。
相手が近所の人でなければ、適当にあしらえば済む話なのですが、そういうわけにもいきません。
近所付き合いを円滑にするためには、嫌でも同調していかなければならないのです。

ここで誤った対応をしてしまうと、バイト先ではもちろん、近所でも浮いた存在となってしまいます。
そうなると自分だけでなく、最悪の場合自分の家族も気まずい思いをする羽目になる可能性もあります。

プライベートな領域までも踏み込まれる

さらに、バイト後にランチなどに誘われることもあるかもしれません。
正直、近所でも顔見知りな上バイト先も一緒の人と、プライベートな時間まで共有したくはないですよね。

ですが、誘われたらなるべく参加するようにした方が吉です。
というのも、断ってばかりいると「付き合いの悪い人」というレッテルを貼られてしまいます。
そうなると、だんだんお誘いもなくなり、孤立状態になってしまう可能性があります。
近所の人たちが仲良くしている中で自分だけ孤立してしまうと、バイト自体がやりにくくなってしまいます。

また、自分が買う物を知らないうちにチェックされることもあります。
陰で「あの人はいつも見切り品ばかり買っているのよ」だなんて、噂をされることも…。
何だかプライベートを覗き見されているようで、気分悪いですよね。

辞めた後に利用し辛くなる

ご近所付き合い関係なしに、辞めてしまったバイト先に私用では行きにくくなってしまいます。
例え円満に辞めたとしても、です。

辞めていった人間についての話題というのは、意外にも結構出るのです。
自分が辞めた後、仲良くしていた人たちが「こんな忙しい時期に辞められて迷惑~」だなんて悪口を言っていることも。
店で顔を合わせたとしても、いい目では見られないかもしれません。

ですから、自分がよく利用している店でバイトするのは避けた方がいいのです。
特に、他に代替できる店がない場合は嫌でもその店を利用せざるを得ませんから。

これはまぁ、気持ちの問題なので全く気にしない人もいますが…。


実際、私の周りでは辞めた人が来ていると「あの人来てたよ!」と話がすぐ広まります。

でも、殆どの場合辞めた後には来なくなりますけどね。
制服の返却にすら来ないバイトが多数ですから。
私も辞めたら絶対に行きません(笑)

スポンサーリンク