「すもももももももものうち」は本当だった?!-ももとすもも-

みなさんも一度は「すもも…(長すぎるので略)」という早口言葉を言ったことがあるのではないでしょうか。
この言葉をわかりやすく区切ってみますと「すもも」も「もも」も「もも」のうち、となります。

さて、すももがもものうちとは、一体どういうことなのでしょうか。
すももとももについて探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ももとネクタリンの違いは、毛の有無!

まず、 ももはさくらんぼやいちごと同じバラ科の果実 の1つです。
さくらんぼやいちごと異なるのは、ももはもも属というカテゴリに属している点です。

ももの元々の原産地は中国となっており、その歴史は古く、日本においては縄文時代にはすでに伝来していたようです。
ちなみに、さくらんぼ・びわなども中国から伝来した果物なんですよ。

しかし、昔の人たちが食していたももは現代のような甘く美味しいものではなかったのです。
ところが明治時代に、これまた中国から「水蜜桃」という品種が輸入されたことをきっかけに日本のももは大きく変わっていきました。
「水蜜桃」は甘みが強い品種なのですが、この水蜜桃を品種改良した甘いももが広く流通されるようになり、現代のももの原型と言われています。
つまり、水蜜桃が輸入されたからこそ、日本でも甘いももが普及していったということなんですね。
 桃の種類は大きく分けて2種類 です。
一般的な毛の生えた普通のももは”水蜜種”、 毛のないつるつるのももは”ネクタリン” となっています。
ネクタリンについては下記で紹介しますが、まずは水蜜種について紹介しますね。

ネクタリン以外のももには、3つの系統が存在

水蜜種(ネクタリンではない、普通のもも)は、更に3つの系統に細分化されています。

白鳳系

 ももはさくらんぼやいちごと同じバラ科の果実 ]シーズンの前半に登場する[/su_highlight]品種をまとめて白鳳系と呼びます。
品種の名称に”~白鳳”とついているものは白鳳系に該当します。
ピンク色の果皮で、一般的なもものイメージ通りの外見をしています。
 白桃系と比べると甘みが強く、酸味が少ない ので、甘さを求める方におすすめです。
 果汁も多く 、ジューシーな味わいを楽しめます。


白桃系

 白鳳系から切り替わって登場 してくる、”~白桃”とついた品種の総称を白桃系と呼びます。
その名が示すように、 果皮が白いことが特徴 です。
しかし、白桃系の品種でも一部ピンクに色づいているものもあります。
これは、栽培時に日光が当たったかどうかの違いだけで、味に差はありません。
(りんごと同じく、光が当たると色づくのです)
 果肉は締まっており、味は上品な甘さ となっています。


黄桃系

こちらはちょっと変わった 黄色のももの品種 の総称になります。
 果皮も果肉も黄色 という、一見ももらしからぬ見た目ですが、光に当てて栽培すると普通のももと同じピンク色になっちゃいます。
 甘みが強いのですが、酸味もある ので甘さと酸味をほどよく味わいたい方におすすめです。
上記の白鳳系や白桃系に比べるとレアものなので、欲しい場合は見かけたらすぐに購入するといいですよ!

毛のないもも・ネクタリン

 ネクタリンの特徴は、つるつるで深みのある深紅色の果皮 をしていることです。
鮮やかな赤色の果皮とは対照的に、 中の果肉は黄色 となっています。

 締まった肉質で、強い甘みと適度な酸味 を併せ持っています。
このことから、ももというよりはすももだと勘違いされる方もいるかと思いますが、れっきとしたももの一種なんですよ。

すもも(プラム)と西洋すもも(プルーン)

さて、ようやくすももの紹介に入ります。

 すももはももと同じバラ科の果実  になります。
しかし、ももがバラ科もも属なのに対し、すももはバラ科さくら属に属しています。
同じようで、微妙な区分が違っているのですね。

  すももは、一般的なすもも(プラム)と西洋すもも(プルーン)の2種 
に大別されています。

すもも(プラム)

すももも、ももと同じく中国が原産の果物です。
日本に伝来したのは、奈良時代ごろと言われています。
そこから時を経て、明治時代にようやく日本での栽培が始まりました。

そして、日本で作られた品種「大石早生」がアメリカに渡り、アメリカで品種改良されたものが「ソルダム」として日本に逆輸入されたのです。
以降日本でも、独自の品種を生み出すようになりました。

大石早生

 日本で最も栽培されているすもも の品種です。
初めは緑っぽい色の果皮をしていますが、完熟するに伴い鮮やかな紅色に色が変化していきます。
 果肉は薄い黄色をしており、熟した状態のものは柔らかくジューシーな味わい となっています。
 さっぱりとした甘酸っぱさ が人気です。


ソルダム

大石早生に次いで2番目に日本で栽培されているすももの品種です。
大石早生同様に果皮は未熟なうちは緑色で熟すと赤くなるのですが、 店頭に並んでいるものは未熟な緑色のものがほとんど です。
しかし 中の果肉は綺麗な赤色 をしており、外側の緑色とのコントラストが美しい果物となっています。
こちらも 甘酸っぱさが味わえる すももとなっています。

西洋すもも(プルーン)

 一般的にはプルーンと呼ばれている 、西洋すもも。
通常のすもも(プラム)と同じく、バラ科さくら属に属する果物です。
品種はさまざま存在していますが、それらの総称として西洋すももと呼ばれています。

”西洋”という名の通り、 ヨーロッパで誕生したすもも であり、紀元前から栽培され後にアメリカに伝わっていきました。
そして19世紀ごろになると、カリフォルニアで大量に生産が行われるようになりました。
現代においても、世界的なプルーンの名産地として、カリフォルニアの名が知られています。

日本では雨に弱いというプルーンの性質上、ごく限られた地域でしか栽培されていません。

主な産地

 もも・すもも(プラム)に共通して、山梨・長野・和歌山が主な産地 となっています。
なお、ネクタリンは生産のほとんどが長野で行われています。

 西洋すもも(プルーン)は、上記の項でも述べましたが雨に弱いという性質の為、雨が少ない長野、その他北海道や青森で少数ながら栽培 が行われています。

鮮度チェック方法

ももとすもも(プラム)・ネクタリンでは見た目も劣化の速度も異なります。

もも

ももはまず、 潰れていないか・指で押された跡がないかどうかチェック してください。
というのも非常にデリケートな果物ゆえ、ちょっとした衝撃で使い物にならなくなってしまうのです。
お客様にも「扱いに注意してください」という注意喚起をしていますが、それでもやはり落としてしまったり、強く指で押してしまったりということはありえます。
特に 指で押された跡がつくと消えない ため、いくら中身が綺麗でも見た目の問題で、プロパーでは売れなくなってしまいます。

 その他はカビていないか、汁が漏れてきていないかを注視 してください。
しかしももにフルーツキャップを被せてあって、パック物だとすぐにフルーツキャップを外せない状態となっていることもあります。

ここでやっかいなのは、 フルーツキャップを外さないとわからない部分が傷んでしまっていることが多々ある ということです。
フルーツキャップの網目の隙間から、傷み具合を判別するのは至難の業です。
時間があるなら、綺麗にラップされた包装を一度取って、確認してまた包装する、という手間をかけながらチェックするしかありません。

ネクタリン・すもも

 ネクタリンやすももの場合は、ちょっと触れただけで跡がつくということもありません から、ももよりは神経質にならずに大丈夫です。
個人的には、傷む速さはももよりもかなり遅いような気がします。
ただし、それでもいずれカビや汁が漏れてきますから、チェックを怠らないようにしましょう。

すももは、「酸っぱいもも」という意味があるとも言われています。
原産地も同じ中国ですし、そう考えるとすももは確かにももの分類の中に入る(=もものうち)ということなんですね。
見た目は全然違っているのに、同じももの仲間だなんて驚きですよね。

そんなももとすもも、是非両方味わってみて下さい。

スポンサーリンク