レジのバイトって、難しい?大変?-操作も多く精神的にキツい-

「レジってずっと立ちっぱなしで疲れそう」「お金を扱うから大変そう」
…皆さんはレジのバイトに対して、そう思っていませんか?

また、「レジだけは絶対にしたくない!」との意見も目にします。

実際のところ、レジで大変な点はどんなところなのでしょうか。

スポンサーリンク


体力的な負担は、予想以上に重くない

やはり立ちっぱなしなので、足に負担はかかります。
特に立ち仕事の経験がない人にとっては、今までに感じたことのない倦怠感を感じると思います。

しかし慣れれば、痛みを感じる頻度も減少していきます。
立ちっぱなしといっても1日中ずっと、ということはなくだいたい4時間ないし5時間ほどです。
その間にも、レジと売場を行き来したりなど、動き回ることもあります。

ですから、工場での作業のような「定位置で突っ立っているだけ」ということはありません
ちょっと暇になったら品出しを任せられたりなど、他の仕事をさせられることもありますし、体力的な負担は案外感じないのです。

スポンサーリンク

体力よりも、精神的負担が大きい

体力よりもむしろ、精神的な強さを求められるのがレジ部門です。
精神的な負担が他の部門に比べて高くなる理由として、いくつかの要因が挙げられます。

精神的負担となる要因その1:お客様への応対

レジは、お客様が最後に通過するいわば「お店の顔」なのです。
いくら他の店員の感じが良くても、最後に通ったレジの店員の印象が悪ければ、その店への評価は悪くなってしまいます。

ですから、まず第一に愛想の良さが求められます
常に笑顔をふりまくのは、想像以上に疲れます。
自分では笑っているつもりでも、お客様から見たら引きつった顔に見えているかもしれません。

さらにお客様は、「わからないことは、とりあえずレジの店員に聞けばいいや」と思っている節があるため、様々な質問をレジの店員にぶつけてきます。
「あの商品の場所はどこ」だとか、「この商品は美味しいのか」などなど例を挙げればきりがありません。

特にやっかいなのは、クレームを言ってきたお客様への対応です。
主に「買った商品が傷んでた」「割引されていなかった」といった内容が多く、「商品の扱い方が乱暴」「愛想が悪い」といった内容であることもあります。
もちろんこちらに過失がある内容については、誠心誠意謝るのですが、それでも気が収まらないお客様がいます。
酷い場合だと「お前人の話聞いてるのか?舐めた態度してんじゃねぇぞ!」と、かなり高圧的な態度になられるのです。
そして同じような文句を、気が済むまでずっと一方的に言い続けます。
こうなると、こちらはもうひたすら頭を下げ続けるしかありません。
学生バイトの女の子だと泣いてしまう子もいて、その後接客がトラウマとなってしまうケースもあります。

このように理不尽な物言いをされても、耐え続けられる鉄のハートがなければレジは務まりません

精神的負担となる要因その2:忙しい時と暇な時の差が激しい

忙しい時と暇な時の差が激しいというのは、小売・サービス業ならどこでも起こりうる状況だと思われます。

特にスーパーの場合はタイムセールがあるため、セールの時間にどっとお客様が来て忙しくなり、終わったら一気に暇になるのです。
忙しさが続くのも疲れますし、暇すぎるのも疲れます。
そんな時は、「お客さんが分散して、どの時間も一定数になればいいのにな」なんて思ってましたね、私は笑

精神的負担となる要因その3:覚える操作が多い

収納代行やクレジット決済など、客側とすれば便利な機能がたくさんありますが、その機能を一つ一つ覚えなければなりません。
機械に弱い中高年の方は特に苦戦しており、いくら教えてもらっても覚えられない自分に嫌気がさして、ストレスが溜まっていってしまうのです。


レジの仕事は簡単そうにみえますが、いざやってみると、その負担の大きさに驚くことと思います。
しかし悪い事ばかりではなく、どちらかというと個人プレー的な作業になるので、多数との共同作業が苦手な方はレジ部門、おすすめですよ。

スポンサーリンク