スーパーのレジ、応援が来ないのは何故?-人員的要因が大きい-

スーパーでは、特売日や夕方によくレジが混雑します。
開いているレジが足りなくなった場合、担当者がレジ応援を呼ぶことになっています。

しかしレジ応援を呼んだにも関わらず、誰も応援に来ないということも多々あります。
一体、何故なのでしょうか。

スポンサーリンク


レジ応援に対応できるのは一部の人間に限られる

まず、レジ応援に対応できるのは当然ながらレジが打てる人間となります。
従業員全てにレジ教育を行っている店は少数で、通常レジ応援要員となるのは品出し部門の人間となります。
店によっては店長や副店長といった管理職ですらも、レジが打てないということもあるのです。

※2人制の場合は、スキャン操作のみということでレジを打てない人間でも応援に入ることもあります。

応援に入れる人がいるのに来ない場合

レジ応援に対応できる人間がいるのに、呼ばれてもこないことがあります。
考えられる原因を順に見ていきましょう。

休憩中

まず休憩中は基本的にレジ応援がかかっても行かなくていいと指導されます。
この場合はもう、どうしようもありません。
そもそも休憩場所が売場から離れていることもありますし、売場まで移動している間に混雑が解消するかもしれませんから、
休憩中の人間はなかなかレジ応援に入りたがらないのです。

放送が聞こえていない

放送設備の不備などで本当に放送が聞こえていないということもありえます。
実際私の勤める店では店内放送がよく聞き取れず、電話の取次ぎなどに支障をきたしています…。
また、放送を掛ける人の話し方に原因があることもあります。
やけに早口で何を言ってるかわからなかったり、もごもごしていたりしていると、聞き取れないことがあるからです。

わざと無視している

これは論外だとお叱りを受けても仕方ないですね。
品出しなど他部門所属でレジは応援のときだけ、という人に多い傾向があります。
その他大きな店だと、自分の持ち場からレジまで行くだけでも時間がかかるため面倒くさい、という理由であることも考えられます。

応援に入れる人がいない場合

上記では応援に入れるのに入らないケースを述べてきました。
では、応援に入れる人がいない場合とは、単純にもう帰ってしまっていない・休みでいない為ということになります。
特にレジ応援に対応している人間自体が少ない店だと、常時このようなことが起こります。


以上、レジ応援を呼んでもこない原因をいくつかあげてみました。
その中でも、レジ応援に対応できる人間が不在の為だというのが、一番大きな割合を占めていると思われます。

スポンサーリンク