スーパーで早く進むレジの見分け方とは?-店員と客、両方を見ること-

レジでの待ち時間、長いと嫌気がさしますよね。
特に急いでる時は、「少しでも早く進むレジの見分け方を知っていれば…」そう思ったこともあるかと思います。

そこで、今回は早く進むレジの見分け方を伝授します!
ですが、あくまでも参考程度にお考えください(汗)

スポンサーリンク


店員のチェックポイント

まず、レジに入っている店員をチェックしましょう。

レジの制服を着ているおばちゃんはベテランの可能性大

例えば若者とおばちゃんがいたとして、あなたならどちらを選びますか?
若者の方が、手も早そうでいいかな…と思ってしまいそうですよね。
ですが、ここではおばちゃんを選んだ方がいいのです。
特に、レジの制服を着ているおばちゃんはベテランが多いので狙い目です。
制服を着ている=レジ部門所属なので、レギュラーでいつもレジに入っていることを表します。
おばちゃんはおばちゃんでも、レジの制服を着ていなければ応援に入っているだけで、レジには不慣れな可能性があります。

若者は、動作が早くても商品の扱いが雑なことも…

また若いバイトの場合だと動作は早くても、商品の扱い方やカゴへの入れ方が雑な場合もあります。
経験も乏しく、レジに慣れる前に辞めてしまうケースも若いバイトはおばちゃんより多いのです。
若者すべてがそうだとは言いませんが、早くて数か月、長くても3~4年で辞めていきます。
社員の場合はまた異なるのですが、若い社員とおばちゃんパートなら…やはりおばちゃんの方を私はおすすめします。

つまり経験に長けていてスピーディーかつ、主婦目線で細かな気配りもしてくれるおばちゃんのレジを選んだ方がいいといえます。

客のチェックポイント

いくらおばちゃんのレジ捌きが素晴らしくても、並んでいるお客さん側がもたついてしまうと意味がありません。
並んでいるお客さんがどんな人かも見る必要があります。

男性と女性なら、男性の後ろだと早い確率高し!

大量に商品が入ったカゴを持っている女性と、片手に数個しか商品を持っていない男性。
この2人を比べると、男性の後ろについた方がもちろん早いわけです。
商品数が少ないというのも一理あるのですが、別の理由があるのです。

性別で差別するわけではありませんが、男性の方がお会計が早く終わるのです。
男性はまず、財布の中がポイントカードやレシートで埋め尽くされている…ということがあまりありません。
またお金の出し方も、お札1枚出すだけという感じでさっと出してさっと終わります。
だらだらとした世間話をすることもないのも大きな理由の一つです。

女性は動作がまごつく人の割合が男性より高い

女性だと、
「え?ポイントカード?ちょっと待ってください、今探します」
「あっ、端数のお金も出します!えーと、あと5円…あれ?ない!やっぱいいです」
「あら、久しぶりに顔見たけど元気にしてた?私は元気でね~…(世間話が続く)」
なんてこともよくあるのです。
このポイントカードやお金を出すのを待っている時間が、結構長いのですよ…。
世間話を始められた時には「空気読めよ!」だなんて思ってしまいます。
その間に隣のレジがいつの間にか空いていたということもしばしば。
2人制レジだとお会計を待っている間に、次の人の品物をスキャンすることが可能なので、まだ幾分か早く感じますが結局は一緒です。
最後のお会計でつまづくと、かなり時間のロスとなってしまうからです。

それでも誰にもわからない

ここまでまとめると、制服を着たおばちゃんのレジで並んでいるのは男性だと早く進みそうなレジだということになります。

しかし、早く終わりそうなレジでも途中で様々な要因によって遅れてしまうことがあります。
例えばお客さんが途中で店員に質問したり、文句を言ったり。
店側でも、商品をスキャンしたら値段が間違っていたり、値引などの操作間違いをしてしまったり。
ですから、必ずこのレジは早い!との保障はできないのです。

ちなみによく言われるレジの場所(出入り口からの距離)や列の長さは、経験上関係ありませんでした。

スポンサーリンク