これも仕事?!競合店調査-価格や売場をチェック-

スーパーに勤める社員の仕事に、競合店調査というものがあります。

お客様の立場からは聞きなれない言葉かもしれませんね。

しかし、この競合店調査はとても大事な仕事の1つでもあるのです。

一体どのようなことをしているのでしょうか?
その詳細に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

競合店調査とは

その名の通り 自店と競合店(ライバル店)を調査すること で、スーパー以外にも小売・サービス業でよく行われています。

つまるところ一般客を装って他社店舗へ行き、 価格やサービス面、売場、客付きなどをチェックする のです。

この調査は社長など上司からの指示によって、調査対象の店舗が指定されていることが多いのですが、仕事熱心な方は自主的に様々な店舗に行って調査を行っていたりもします。

特に青果のバイヤーは日頃から数店舗にわたって競合店調査をし、それらの店舗の平均価格に合わせた価格に自店も合わせる、ということをしばしば行っています。

青果物は自然災害などによって相場が高騰することがあり、そのような際に他に企業はいくらの価格をつけているのかを調査することによって、 自社だけが高すぎる(安すぎる)価格にならないように調整している のです。

調査方法

一般客を装わなければならないので、自社を特定されるような服装(社名入りの上着を着用することなど)は避けなければなりません。

一般客を装う理由は、 相手側に競合店調査を行っているということがバレないようにするため です。
常識的に考えてライバル店が偵察に来るというのは、気分のいいものではありません。
言い方を変えると、スパイ行為を行っていることになるのですから。

そして、行動にも気をつける必要があります。
具体的には あからさまにメモを取っていたり、写真を撮っていたりといった行動はNG です。

万が一店側に上記の行為が発覚した場合、注意を受けることになるかもしれません。
店によっては「店内撮影禁止」と注意書きがされていることもありますので、よく確認して調査には細心の注意を払いましょう。

以上のように、競合店調査をする際には店側にバレないよう、とても神経を使います。
そのため、競合店調査を堂々と行っている企業はほとんどありません。

普段の買い物のついでにチェック!

あえて「競合店調査」と意識せずとも、 普段買い物をする際にさりげなくチェックしている方も います。

スーパーに勤めているからといって、必ず自店で買い物しなければならないというわけではないので、自分の都合のいい時に他社の店舗に行って買い物をしている従業員も多くいたりするのです。

普段買い物をする際でも、「自店と違う点はどこか」「従業員のサービスはどうか」「品揃えはどうか」など常にと比較しているのです。

そうした意識は、特にバイヤーや店長以上の役職についている管理職に多くみられます。

調査で得られたデータの活用方法

 調査で得られたデータは主に価格への反映に生かされることが多く 、競合店の価格よりも1円でも2円でも安くすることによって割安感を出し、お客様の購買意欲を高めるように仕向けます。

ただ安くするだけでなく「1/10時点での○×スーパー△店様での価格は100円でした 当店では2円安の98円でご提供」などと、ライバル店の店名と価格を具体的に提示している店もあります。
長々と書いてありますが、要は「○×スーパー△店よりもうちの店の方が安いよ!」というアピールなのです。
ここまで堂々とライバル店の情報を提示している店もそうそうありませんけどね…。

その他、 自店(自社)で行っていないサービスなどを取り入れるなどの参考資料 としても生かされます。

こうして見てみると、何だか競合店調査を行うことがよくない行為のような気がしますよね。

しかしその真意は「自店をよりよい店にするために、参考にさせていただく」ということなのです。

どんな店でも、1人でも多くのお客様に選ばれる店になるために日々努力し続けています。
もちろん自分たちの努力だけで、上手くいくなら何ら問題ありませんが、行き詰ってしまうこともあります。

そんな時他店を見ることによって、自店には何が足りないのか?という部分を見出せたり、客観的に自社を評価することができるというわけです。

そして見えてきた自店の課題をどのようにして解決していくのかを考えていくのが、競合店調査の本質的な部分だといえるでしょう。

スポンサーリンク

こちらの記事もお見逃しなく!