大好きなあの人が異動に…アプローチ方法は?-連絡して接触する-

人事異動は、避けて通ることができない重大イベントです。

その人事異動の対象に気になるあの人が含まれていた場合、これからどうアプローチすればいいのか悩みますよね。

今回は好きな人が異動してしまってからのアプローチ方法について伝授します。

スポンサーリンク

まずは連絡先の入手が第一

相手の異動が決まった場合、 なんとかして連絡先を入手 しなければなりません。

なぜなら、相手の連絡先を知らないまま異動してしまうと、個人的に接触する手段がなくなってしまうからです。

そして接触する機会がずっとない場合、せっかくお互いが好意を持っていたとしても、離れている間に気持ちが離れていってしまいます。

お相手は異動先での出会いもありますし、恋人同士でも遠距離になると別れてしまうケースが多い中、仲のいい同僚くらいの関係では 連絡せずに関係を保ち続けることはとても難しい のです。

物理的な距離が離れてしまっても、個人的に連絡するすべさえあれば、きっかけしだいでどうとでも接触する機会を作ることができます。

そうして連絡するためにも、 できればプライベート用の電話番号を聞き出したいところ ですが、最初から電話番号はハードルが高いと思うのなら、まずLINEを聞いてみましょう。

業務上の理由にかこつけると、連絡先を聞き出しやすい

さて、 連絡先を聞き出す際は、あくまで業務上必要だからという理由 にかこつけましょう。

たとえば「仕事について相談できる人が他にいないから」とでも言えば、たいていの人は教えてくれるかと思います。

しかし相手によっては「どうして自分なの?」という反応が返ってくるかもしれません。

その場合は「〇〇さんが1番話しやすいし、すごく頼りになるので」などと、 ”あなたじゃなきゃダメなんです”アピール をしてください。

ここまで言っても渋い反応だった場合は、あなたとは個人的に関係は持ちたくないということの表れなので、残念ながら諦めた方がよさそうです…。

しつこく連絡するのはNG!最初は控えめに

なんとか無事に連絡先を入手できたら、相手との繋がりはとりあえず確保できました。

しかし安心してはいけません、ここからが正念場なのです。

 いかにして電話やLINEで相手との距離を縮められるかが問題 となってきます。

この時点ではまだ、二人の関係は知り合いレベルなので、ひんぱんに連絡することははばかられます。
あまりしつこく連絡すると、嫌われてしまいかねません。

…かといって連絡しなければ結局距離は離れていく一方ですから、 相手との距離が縮まるまでは、様子を見ながら連絡の頻度は控えめに しておきましょう。

ちなみに 相手から連絡がくるようならばかなりの好感触 なので、どんどんアピールしちゃっても大丈夫ですよ!

話の内容は、お互いが分かり合える仕事関係の話題がベスト

何とか連絡を取りたいけど、どんな話をすればいいのか…悩んじゃいますよね。

そこで、さりげなく自然に連絡を取る口実としては、やはり仕事関係の話題がいいのではないかと思います。

できれば、 相手しかわからないような内容について質問をしてみるのが一番無難 でしょうね。
相手からの返事も期待できますし。

その他共通の知り合いについての話題や、相手の近況についてうかがうような話題もいいでしょう。

そうした仕事関係の話題を中心にしながら、 徐々にプライベートに関係する話題をさりげなく入れていくようにする と、少しずつ距離を縮めていくことができますよ。

あくまで仕事の話のついでに、プライベートな会話をしていくといった流れでいくことが肝心です。

異動先へ会いに行ってみる手もあり

もし相手が現場に出ているようであれば、 異動先に会いに行くという手も あります。

その場合は、異動先に行く時間帯や行く日を考慮したほうがよいでしょう。

相手からすれば、忙しい時に来られてもまともな対応はできませんし、また他の従業員からもよく思われません。

結果として、相手からの好感度を下げてしまうことにもなりかねません。

そして店に行っても、 必ず会えるとは限らない ということを念頭に置いておきましょう。

相手がいつ売場に出てくるかわかりませんから、最悪ずっと売場でうろうろしているハメに…。

あまりに長時間店にとどまっていると、事情を知らない店の人たちからは不審人物と思われてしまうので、気を付けて下さい。

もし異動先の店舗に顔見知りの人がいるのなら、その人に事情を話してバックヤードに通してもらったり、お相手の勤務状況(売場によくいる時間など)を聞いてみるのもいいでしょう。

まぁ、 手っ取り早いのは事前に「今度、一度顔を見に行くね」と連絡すればいい のですけどね。

その時の反応次第では、関係がさらに進展する可能性もあります。

お相手から「どうせなら食事でも行かない?」なんてお誘いがあるかも…?

合同飲み会やレクリエーションなどのイベントは要チェック!

様々な店舗が絡むようなイベントは、 業務上とはいえお相手と直接接触を持つことができる大チャンス です。

合同飲み会やレクリエーションといった大きなイベントでは、店という垣根を越えていろんなところから従業員が集まりますから、お相手の方も参加している可能性は高いといえるでしょう。

そのような イベントに参加できるようであれば、積極的に参加するといい ですよ。

職場を離れてのコミュニケーションは、気持ちの持ちようも違ってきますし、普段では聞けないことも聞けたり、めったに見られない相手の様子も見れたりしますから、このチャンスを逃してはいけませんよ。

お相手が異動してしまってからのアプローチは、やはり電話やLINEで個人的にどれだけ接触できるかが要となってきます。

自分から連絡を取る以外に直接接触できる機会は限られてしまいますから、何とか電話・LINEで関係を縮めて、プライベートでも会えるように持っていきたいところです。

なかなか難しいかと思いますが、頑張ってくださいね。
応援しています。

スポンサーリンク

こちらの記事もお見逃しなく!