バイトを急に休むことになったら、どうしたらいい?-とにかく店に連絡を-

学生も主婦は、急にバイトを休まなければならなくなる時ってありますよね。
体調不良や家庭の用事・学校行事など理由は様々ですが、どうしても休まなければならない!
そんな時、どうしたらいいのでしょうか。

スポンサーリンク


休まなければならないことが判明したらすぐ連絡を

まず、とにかく休むことが決まったら自分の部門チーフに連絡しましょう。
チーフの携帯番号を知っていれば、直接電話すると尚いいですが、わからなければ店に電話してチーフへ繋いでもらいましょう。
チーフが不在ならば、とりあえず店長や副店長に伝えましょう。

連絡手段は電話が一番確実

ここで重要なことは、すぐに電話連絡することです。
早ければ早いほど、仕事の段取りを変更することもできますし、代わりの人を見つけることもできます。

次に、何故電話連絡なのかというと、お互いの意思疎通がリアルタイムに行えるからです。
メールやラインではレスポンスは早くとも、細かいニュアンスが伝わりにくく、誤解を招く可能性もあるので避けましょう。

また、メールやラインで欠勤の連絡は非常識と考える人もまだまだ多いのです。
通常の業務連絡くらいなら、メールやラインでもいいのですけどね。

代わりの人を見つけておく

チーフに話をしたとしても、「代わりの人を自分で見つけてよ」と言われる可能性もあります。
とは言え、他の人の連絡先なんて知らないよ…ということもあるかと思います。
特にバイトを始めて間もないころは、まだ周囲の人たちと打ち解けていないため、連絡先を聞く機会もあまりないでしょう。
そんな時は「次回からは自分で探すので、今回はすみませんがお願いします」と、店側の方で対応してもらうようにお願いしましょう。
「次回からは自分で探す」という意思を伝えることによって、店側も「今回だけなら仕方ないな」と思うわけです。

本来、代わりの人を見つけるのは店側の仕事なので「代わりを見つけるのは店側がすることです」とも言えるのですが、
そう言ってしまうと、店側からの風当たりが強くなってしまうので、言わない方が無難です。

一番いいのは、代わりの人を自分で探してからチーフに連絡するということです。
いくら代わりの人が見つかったからといって、チーフに連絡しないのはNGです。
いきなり、予定とは違う人間が来たらびっくりしますからね(汗)
また、見つけられなかった場合は「自分でも探したけど、無理でした」と素直に伝えましょう。

早めに連絡先の交換を!

上記にも”代わりを探すのは店側の仕事”と書きましたが、世間的には「まずは自分たちで探せ」という風潮になっています。

ですから、バイトを始めたらなるべく早いうちに、バイト同士で連絡先の交換を行いましょう。
その際には、自分の都合ばかりでなく、相手の都合も考慮する姿勢を見せなければなりません。
相手が代わってとお願いしてきた場合には、快く引き受けてあげましょう。
いつもいつも自分がお願いしてばかりで、相手が頼んできたときは断っていたら、そのうち誰からも代わってもらえなくなりますよ。

スポンサーリンク