スーパーの従業員の服装・着替える場所は?-生鮮の白衣は着脱衣が面倒-

バイトをするうえで、服装について知っておきたいという方は多いのではないでしょうか。
やはり可愛い(かっこいい)服だと、テンションも上がりますもんね!

スーパーでバイトをすることになった方・考えている方は、スーパーの従業員の服装はどんな感じなのか、また着替える場所も気になるかと思いますのでこちらで紹介します。

スポンサーリンク


部門によって制服は異なる

スーパーで着用する制服は、主に生鮮部門(青果除く)・生鮮/レジ以外の部門(青果含む)・レジ部門(女性)の3種類に分かれています。

生鮮部門(青果除く)

鮮魚・精肉・惣菜といった生鮮部門の場合は、男女共通で白帽、白衣、白長靴といった服装になります。
着用してみると、上のイラストの右側のキャラクターのようになります。
(左胸付近についているのは、ネームプレートです)

作業を行う際は、さらにマスクを着用します。
この状態でマスクをすると目だけしか見えなくなるので、人物の識別が非常に難しくなります笑
傍目から見ると、全員同じように見えてしまうのです。
それからイラストには描き忘れてしまいましたが、白衣の上からさらにエプロンをつけます。

これらの制服は会社から貸与もしくは買取という形になり、自分で用意する必要はありません

ちなみに通常生鮮部門というと青果・鮮魚・精肉・惣菜を指しますが、青果部門では白衣は着ません。

生鮮/レジ以外の部門(青果含む)

青果とグロッサリー(食品・日配)部門は、ワイシャツ(ネクタイも)やポロシャツ・チノパン/スラックス・エプロンといった服装であることが多くなっています。
冬場は防寒着として薄手の(…)ジャンパーを上から羽織ります。
質感はウインドブレーカーのようなシャカシャカした感じで、防寒具合はいまいちです…。
基本的にエプロンとジャンパー、ポロシャツ以外は自分で用意する形になるかと思いますが、企業によってはシャツも含めて全て貸与してくれるところもあります。
ご自身が勤める店はどうなのか、バイトを始める前に事前にチェックしておくといいかもしれません。

学生さんの場合「学校帰りで面倒くさいから、このまま制服でバイトすればいいや」と考える方もいるかもしれませんが、やめておいたほうが賢明です。
大切な制服がどんな汚れがついてしまうかわかりませんし、気持ちの切り替えという意味でも、バイト用の服を用意することをおすすめします。

もしもシャツやパンツを自分で用意しなければならなくなった場合は、基本的には白シャツとシンプルなパンツを用意すればいいでしょう。
もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事に詳細な選び方が書いてあるので、参考にして下さい。

靴は革靴やスニーカーを履きましょう。
女性の場合、パンプスじゃダメなのかと思うかもしれませんね。
私の経験上、スーパーの従業員でパンプスを履いているのはレジ部門の方くらいしか見たことがありません。
そもそも品出しを多くこなさなければならない青果やグロッサリー部門では、パンプスは不向きですし、何より汚れてしまうので、おすすめしません

ちなみに、かなりカジュアル感の強い企業ですとトップスもTシャツでOK、ボトムスもジーンズOKというところもあります。
普段着にエプロンをつけただけという感じで、着替える手間もなくとっても楽ちんですよね。

レジ部門(女性)

女性のレジ担当者の場合は、専用の制服が用意されていることがあります
多くの企業ではブラウス・タイトスカート・ベストといった制服が採用されており、女性らしさを演出し華やかな存在となっています。
これらは全て貸与されることも多いのですが、ブラウスは自分で用意しなければならないケースも多々あります。

その一方、ブラウス(もしくはポロシャツ)にエプロン、パンツスタイルを採用している企業もあるので、自分の勤める店がどうなのかは確認した方がいいでしょう。
この場合ですと恐らく店から貸与されるのはポロシャツやエプロンのみで、あとは自前で用意するケースになると思います。

そして、頭に三角巾をつけるのが定番のスタイルとなっています(ないところもあります)

下のイラストのように、リボンをブラウスにつけるようになっている場合もあります。
ちょっとのことですが、リボンがあるとやはり可愛いですよね!

さらに寒い場合は上着としてカーディガンを羽織ります。
制服と同系色のもの・黒や紺色のものを用意すればいいでしょう。

靴はこちらもパンプスよりもスニーカーをおすすめします。
かっちりした制服にスニーカーは不釣合のように見えますが、歩きやすく汚れてもいいスニーカーの方が勝手がいいです。

着替える場所

これらの制服に着替える必要があるわけですが、基本的には更衣室で着替えます。

更衣室は男女に分かれ、上着や荷物を入れるための個人用ロッカーが与えられます。
もしロッカーに空きがない場合、貴重品の管理は自分で身に着けておくか、持ち込まないようにするしかありません。

またロッカーが与えられても鍵がかけられないタイプの場合は、最悪盗られてもいいものだけ置くようにしましょう。
どこの業界でも内部の人間による窃盗がありますから、皆さんも気を付けて下さい。

事前に着替えてから来ると、時間短縮に!

「他の人に着替えを見られたくない」「着替える手間がおしい」という方は家や学校から着替えてくる手もあります。
特に生鮮部門の白衣やレジの制服は、着替えるだけでもヘタすると5分程度かかることも…。
さらに更衣室が狭い場合、他の人に気を使いながら着替えることになり、ストレスの原因にもなりかねません。

ここで、私がおすすめする方法を紹介します。
まず車通勤の方なら、いっそのこと全部着てくれば一番手っ取り早いです。
途中で車から降りさえしなければ、他人からじろじろ見られることもありませんし、あらかじめ着替えておくことによって、出勤時間ギリギリに到着しても間に合います

徒歩や公共交通機関を利用している方なら、全部は着替えられなくても一部分だけ着替えておく・着込んでおくといいですよ。
例えばブラウスだけ着ておくとか、白衣のズボンを普通の服の下に履いておくなど。

私の場合は青果なので、グロッサリーの人たちと同じ格好をしていますが、家で着替えてから出勤しています。
家から店までは徒歩15分かけて通勤していますが、全然恥ずかしくないですよ~。
白シャツに黒パンツといういで立ちなので、まるで中学生の男子みたいな恰好だなぁと思ってはいますが笑
店に着いたら、あとはエプロンをするだけなのでとっても楽ちんです♪


スーパーで働く際の服装は、動きやすく汚れてもいい格好が基本となっています。
そのため、決して可愛い・かっこいい制服ではありません。
そもそも制服の可愛さでバイトを選びたいと思っている方が、あえてスーパーを選ぶことはないでしょうけど…笑

しかしレジ部門は比較的可愛らしい制服になっているところが多いので、気になる方はいろんなスーパーのレジの制服をチェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク