スーパーでの勤務、便利な車は?-ミニバンやステーションワゴン-

スーパーで働いているみなさんは現在、どんな車で通勤していますか?

特に何も考えず、好きな車に乗っている方も多いかもしれませんね。

しかしスーパーで働いていると、多くの荷物や人を乗せる機会が生じるかもしれませんから、そのことを意識して車を選ぶと、よりいっそう勤務がはかどりますよ。

これより上記の点をふまえ、スーパーでの勤務におすすめの車を紹介していきます。

スポンサーリンク

おすすめは、多くの人や荷物が積載できる車

スーパーの従業員…とりわけ正社員は会議や荷物の店間のため、私用車を使わなければならない場面が出てきます。

そんなとき、もしかしたら他の人たちも乗せていかなければならなかったり、載せる荷物の量が多かったりすると、小さな車では不便さを感じざるをえません。

ですから、 できれば多くの人・荷物が積載できる車―――車のタイプでいえばミニバン・ステーションワゴンがおすすめ となります。

またSUVも便利な車ですが、若干万人受けするとはいえない部分があります。

以下ではそれぞれについて、さらに詳しい説明をしています。

ミニバン

 多くの人や荷物を乗せることができて便利 なため、子持ち家庭の必需品ともいえるミニバン。

特に スライドドアになっている車が多いのもメリットの1つ で、荷物の積み込み時に片手が塞がっていても簡単に開けられるのは、助かります。

具体的な車種でいえば、経済的で実用的なステップワゴンやヴォクシーがおすすめです。

上記のような大きな車は扱いにくいと感じる方は、ちょっと車体が小さめのフリードやシエンタといったコンパクトカーにするといいでしょう。

高級感を重視したい方・経済的余裕がある方は、アルファードやエルグランドといった高級ミニバンを選んでもいいかもしれませんね。

ステーションワゴン

ステーションワゴンタイプの車は、好き嫌いが分かれるかもしれません。

スライドドアの車種がほとんど存在していない点や、見た目が商用車のようだという点がネックと感じる方が多いようです。

実際、商用車の多くがサクシードやプロボックスといったステーションワゴンとなっていますから、ステーションワゴン=商用車と思われても仕方ないかもしれません。

しかし、裏を返せば商用車として使われるほど、 ステーションワゴンの構造は荷物の運搬に適している ともいえるでしょう。

また、ウィッシュやラフェスタなど 一部の車種では、6~7人といった大人数も乗れる ようになっていますから、ステーションワゴンの中でも特におすすめですよ。

スポーティさがほしいなら、レヴォーグなんてのもかっこよくていいですね。

SUV

SUVは 車体が大きい分荷物も載せられて大人数乗車もできるので、利便性はそこそこある といえるでしょう。

しかしスライドドアがないことや維持費が高くつくことが多く、一般的には趣味的要素が強い車のタイプとなっています。

特に小さなお子さんや高齢者を乗せる必要がある場合に、不便を感じる部分もあるため、懸念されることも少なくありません。

もちろん、SUVならではのいい部分もあります。

スポーティなSUVはミニバンやステーションワゴンに比べると 商用車感・所帯感が出ない ため、人からの印象を気にする方にとっては、重宝する車だと思います。

フォレスターやエクストレイル、ランドクルーザーなど、SUVにはかっこいい車が多いですしね。

 ミニバンやステーションワゴンに比べると、荷物の出し入れや人の乗り降りの快適性は劣る部分も ありますが、その点が気にならないのであれば、十分選択肢に入れる価値はありますよ。

やっぱり大は小を兼ねるで、大きいミニバンやステーションワゴン、SUVが便利だというわけなんですね。

特に店間業務などで、商品の積み込みをする機会が多いバイヤーの方にとっては、利便性が重要となってきます。

実際、大きな車だと一度に全て載せることができたのに、車が小さいせいで何度も往復しなければいけなかった…という事例もありました。

そうなると、時間がとてももったいないですよね。

車なんてなんでもいいと思いがちですが、用途や利便性を考えたうえで選んだほうが、仕事の効率もよくなり、ストレスを抑えられますから、車選びは軽視できませんね。

スーパーで働くことが決まって車を購入する方、または働いている方で別の車に乗り換えする方で、車選びに迷っている方はこの記事を参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

こちらの記事もお見逃しなく!