「スーパー」タグアーカイブ

スーパーにやってくる関係者たち-業者の人から、警察官まで?!-

スーパーで働いているとお客様だけでなく、さまざまな方々と接する機会が生じます。

そんな方々と仲良くなると、普段の生活ではなかなか知りえない裏事情が知りえたり、何かの縁で公私ともに便宜をはかってもらえることもあります。

果たして、どんな人たちが関係者として来店しているのでしょうか。

スポンサーリンク

飲料の自動販売機メーカーの方

多くのスーパーが、店の軒先にジュースの自動販売機が設置しています。

この記事を読んでいるみなさんも、その自販機で飲料を購入したことがあるかもしれませんね。

 みなさんが購入した飲料の売上は、毎月自販機メーカーの方が売上金を回収し計算後、金額に応じて手数料という形で店に支払われています 

つまり店内だけでなく、軒先の自販機で購入しても店にとっては利益になります。

その手数料と伝票を、毎月1度持参しに店にやってくるのです。

しかし自販機で買われてしまったら、店の飲料が売れなくなってなってしまうのでは?と思ってしまいますよね。

自販機があっても店の飲料もちゃんと売れてますし、上述していますが結局自販機の売上が利益として店に入るので、その辺は全く問題ありません。

食品メーカーの方

頻度は高くありませんが、食品メーカーの方も来訪されます。
(うちの店ではよくヤクルトさん(ヤクルトレディではない)、パスコさん、コカ・コーラさんを見かけます)

 部門担当者(パスコさんならパン担当の方)に資料を見ながら商品や価格に関する説明をしたり、売場を確認したり、サンプル品などを持ってきたりと簡単に言えば営業をしに来ています 

普通ならそのような話はバイヤーとするのですが、現場で働く個々の店の従業員と密に話をしなければならない場面もありますから、営業の方がわざわざ店に来ているのです。

「現場で働く個々の店の従業員と密に話を…」って、何の話をしているのか気になりますよね?

例えば売り上げに関しての話だと、店が違えば当然売れるものも違いますから、その店その店で何が売れているのか?また売れないものは何か?といった内容の話を、直接従業員から伺っているわけなんですね。

バイヤーは全店のデータを見て分析することはできますが、個々の店の動向までは詳細に把握できません。
(毎日店に出向いているバイヤーなら話は別ですが、そんなバイヤーほぼいませんから…)

その点 店で働く従業員であれば、「この日はこの商品が売れた」「最近は食パンが売れてる」といった細かいトレンド感を把握しているわけですから、メーカーとしてもより売上対策に役立つ わけなんです。

…と堅苦しい話ばかりに思えてきますが、実際はそうでもなく、プライベートな話(家族の話や趣味の話)も仲良くなれば普通にしていますし、意外なところで意気投合したりすることも…。

メーカーの方々は、ただ単に話をするだけではありません。

 スーパーがリニューアルを行ったり棚の配置を変えたりなどの変更を行う際に、助っ人として手伝ってくれることもある のです。

棚の配置を変えるわけですから、作業は大がかりになります。

まず商品は一度撤去しなければなりません。
商品を置いたまま棚を動かすと危険ですし、なにより普段見えない部分の汚れをふき取って綺麗にするという意味合いもあります。

そして、棚を綺麗にしてから移動させ商品を再び陳列し、移動前の場所も汚れていれば当然掃除をします。

これが一連の作業になるのですが、自分の担当の範囲だけ手伝ってはい、終わりという方もいれば、自分には関係ない範囲まで手伝いをしてくれる方もいたりして、人間性が垣間見れる部分となっています。

花屋さん

スーパーでの花の取り扱いは、テナントが直接入る形か、青果コーナーの場所を借りて置いている形のどちらかになります。

 テナントが入っているところはテナントの従業員が、そうでない場合は花屋さんが直接生花を管理しています 

私が勤めている店はテナントで花屋さんが入ってないため、花屋さんが週に数回水を換えにきたり、新しい商品と古い商品を入れ替えたりなどのメンテナンスを行ってくれています。

そのため生花に関しては、花屋さんに一切を丸投げしています。

しっかりした店だと、従業員も生花についての知識を持っていたり、バイヤーが責任をもって仕入れたりしているのでしょうけど…。

運送業者の方

スーパーの商品はほぼ全て、運送業者のトラックに載せられてきます。

店に到着したら、まずトラックのドライバーさんが荷下ろしをしてくれます。

基本的にはカゴ車(折りたたみができるゴンドラのようなもの)に荷物が載せられており、店の従業員はそこから1つ1つ手作業で荷物を整理していきます。

すぐに売り場に出せるものはそのまま出し、出せないものは冷蔵庫に片付けるなり、長台車に載せ替えたりします。

 ドライバーさんはあくまでも店に荷物を下ろすだけで、そこから先の作業は手伝ってくれません 

そして、荷物を片付け終わった頃合いを見計らって、空いたカゴ車を回収しに再びドライバーさんが店に来ます。

 荷下ろしをしてからカゴ車を回収し終えるまでが、ドライバーさんが店で行う一連の作業 となっているのです。

ほぼ毎回決まったドライバーさんが来るので、すぐに顔なじみになり、時間があるときには少し雑談もしたりしています。

 彼らはいろいろなスーパーを順々に回っているので、他のスーパーさんの内部事情にも精通しており、貴重な情報源 にもなっています。
ドライバーさんと仲良くしていると、意外な機密情報をも知りえることができるかもしれません。

配送業者の方

上記と似ていますがこちらの場合は宅急便や郵便といった、普通の(?)荷物を取り扱う業者さんになります。

 スーパーというのは不思議なところで、営利的な商品(販売物)は毎日のように届くのに、一般的に毎日届く郵便物はめったに届きません 

というのも現代では連絡手段がほとんどFAXかメールで、郵便を利用して送られてくる機会自体ないのです。
どうしても大切な書類は郵便で届いたりもしますけどね。

そのため、郵便の配達員さんと顔を合わせることはほぼありません。

スーパーってあんなに荷物が多いのに、郵便物はほぼ存在しないなんて、不思議な話ですよね。

一方 宅急便の配達員さんは、店が荷物を預かってないかの確認のため毎日必ず来てくれるので、親しくなることもあります 

もちろん、荷物を持ってこられることもたびたびありますよ。

私は店と家が結構近いのですが、ある時通販を使用し自宅に配達してもらった際に、たまたま店でよく見かける配達員の方が来られて、そこから仲良く会話をするようになりました。

それ以来、顔を見かけるたびに気持ちよくあいさつをしてくれるので、顔を見るたび嬉しくなりますね。
いろいろ裏話も聞けたりしますし…。

廃棄物回収業者の方

 スーパーでは1日にさまざまなものが廃棄物として処分されており、またその量も一般家庭とは比べ物にならないほど多いため、専門の業者に処理をお願いしています 

具体的な内訳として、青果部門や惣菜部門によって排出される生ゴミ、グロッサリー部門で出る膨大な量のダンボール、さらには鮮魚部門で廃棄物の多くを発泡スチロールが占めています。

そしてお客様が捨てていかれるペットボトルや空き瓶空き缶も、当然回収してもらっています。

生ゴミとダンボールは毎日、発泡スチロール・ペットボトル・空き缶空き瓶は週に数回程度、回収に来てもらっています。

ここで「じゃあペットボトルなどと同様に、他の家庭用のゴミを持ち込んでもいいのではないか?」と思った方もいるかもしれません。

実際、まれにですが家庭から出たゴミを存ぜぬ顔して、店のゴミ収集庫に入れていく方もいるのです(その現場を見たことはありませんが…)

しかし、当然これは違反行為になります。

 店は業者と契約し、当然お金を支払ったうえで業務をお願いしているわけですから、勝手に一般人がゴミをタダで持ち込むことを許可するわけにはいきません 
もちろん、従業員もしかりです。

ペットボトル・空き缶空き瓶は、うちの店ではみんな普通に持ち込んで捨てていますけどね。
資源回収までわざわざ待たずとも、毎日出勤の際に捨てていくことができるので、これもスーパーで働くメリットの1つであると自分は感じています。

機器メーカーの方

スーパーでの業務にはレジやパソコン、コピー機など電子機器が必須となっており、それらは機械ですから、たまに調子が悪く故障してしまうこともあります。

そんなときは製造元のメーカーさんに連絡して、様子を見に来てもらいます。

そして 必要に応じて、修理をしてもらうもしくは新しいものに買い替えるなどの対処をとっていきます 

さすがにちょっと紙が詰まった、画面がフリーズした程度ではわざわざ呼びませんけどね。
店側とすれば、メーカーの方を極力呼びたくないものなのです(タダで直してもらえるわけではありませんから…)

また電子機器以外にも、商品を保管する冷蔵庫や製氷機、冷ケースなどが不調になった際も、同じようにメーカーさん(もしくは修理業者)に来てもらいます。

なお、 冷蔵庫や冷ケースは商品の鮮度に直接関係している機械なので、おかしいと感じたらすぐに調査の依頼をしています 

うちの店のように、店が経ってからもう何十年も経っていて、昔の機械をそのまま使用しているところなんかは、毎シーズンのように何かが壊れます…。

そういえばバックヤードのエアコンが壊れたまま直してもらっていないということを、この記事を書いていて思い出しました泣
夏に壊れてそのまま放置されているという…いつになったら直してくれるんだろ。

印刷会社の方

みなさんは、新聞に入っているチラシを見て買い物に来ていると思いますが、スーパーの従業員は広告の掲載日の前日~数日前には既にチラシを入手しています。

というのも、 チラシはその広告掲載日の数日前には完成しており、印刷されたものが本社経由で各店に配布されている からです。
(あくまでうちの会社のやり方ですので、違う会社も多く存在するかと思います)

その完成されたチラシを確認しながら、各部門の担当者は発注や売変を行っているわけです。

しかしチラシの原稿の入稿や脱稿が遅れてしまい、チラシの完成が納期ギリギリになってしまうこともまれにあります。

そんな時はわざわざ本社を経由している時間がないので、印刷会社の方が直接持参してくださいます。

個人的にはまさかスーパーが印刷会社と繋がりがあるなんて、働く前まで思いもしなかったので、意外というか新鮮みを感じています。
普通に生活していては、なかなか接点を持つことなんてありませんからね。

警備会社の方

スーパーでは、いつ何時窃盗や盗難、事務所荒らしなどの事件が起こるかもわかりません。

 警察も当然呼びますが、その前段階としてセコムやアルソックといった警備会社と契約し、異常を検知した場合すぐに駆け付けてもらうようにしている のです。

店内には警備会社が設置した特殊な機器があり、従業員が店の開け締めをする際にはその機器を操作します。

この操作は夜間店長や店長副店長など、限られた人間しか知りえませんから、万が一の場合は施錠の手順に不備があったなどの理由も考えられます。

そのような不手際が起こった際、機器のセンサーが反応し、警備会社に通報され警備員が確認しに来るわけです。

私自身、警備員を見たのは片手で数える程度の回数もないのですが、警備員が来るとやはりちょっとした緊張が走りますね。

できれば、あまり見かけたくはない(というか見かけない方がいい)人たちですね…。

警察官

こちらも有事の際に駆けつけてくれる存在ですが、警備会社の警備員とは似て異なります。

 警察官が来るということは、十中八九事件が起こったということを意味しており、事件の内訳として特に多いのが、万引きです 

別の記事でも万引きについて詳しく書いていますが、万引きでも初犯だったり、反省の態度が見られる場合は、警察を呼ばないケースもあります。
あくまで、店長など店の責任者の裁量によってですが…。

ですので、 万引きで警察を呼ばれるということは、かなり悪質なケースだとみなされた ということになります。

バイトやパート・一般社員と警察官が話をすることはほぼありませんが、 店長など責任者は警察からの事情聴取を受けることになります 

これが意外と時間がかかるもので、私の旦那も何度が受けていますが「店の業務でただでさえ時間がないのに、勘弁してほしい」と本音をこぼしていました。

印象に残っていることでいえば、夜の9時に自宅まで警察官が事情聴取にきたということですね。

本来は管轄の警察署へ行かなければならないのですが、時間が取れないと申し出たところ、向こうから出向いてきてくれたようです。
こっちはもう寝る間際で部屋着だし、事情を知らない私はいきなり来られてもうびっくりしちゃいましたよ。

というわけで家族に心配をさせたくない店長さんは、面倒でも事情聴取は警察署ですませましょう!

学校の教員

職場体験は、学校側が会社(店舗)に依頼して行われます。

その手順として、まず学校側が店舗に対して書簡や電話で、詳細を面談するためのアポを取ります。

次に、店に教員(場合によっては職場体験を行う生徒自身も)が赴き、店長と職場体験を実施する日程などを確認します。

そして、体験当日にも教員が店に行き、直接生徒の様子を確認したり写真を撮ったりします。

このように 学校の教員は、生徒がお世話になるための挨拶をしに店に行く というわけです。

家の近所のスーパーでバイトしている学生さんは、もしかしたらお世話になった先生に偶然会うことがある…かも?

マネキンさん

スーパーでは、試食販売がよく行われています。

 試食販売には無人のものと有人のものがあり、有人の際にはマネキンさんを呼んで店の従業員同様に、お客様への接客をしてもらっています 

マネキンさんは、マネキン専門の派遣会社に登録されている派遣社員で、幅広い年齢層の方が活躍しています。

派遣に登録したことがある方はわかるかと思いますが、派遣社員は会社から次の仕事の派遣先を事前に伝えられ、指定された日時に現地へ赴くスタイルとなっています。

マネキンさんも同じように、指定の日時に店に来てくれます。

その際調理器具等も持参してくれていますから、 場所を提供すれば店の商品を使って調理・販売を行ってくれる ので、こちらとしてはとてもありがたい存在となっています。

ちなみに今までに見てきたマネキンのおばちゃんたちはみんな腰が低くて愛想がいいので、普通に会話していても楽しかったです笑
派遣会社の教育がしっかりしているのでしょうね。

私は個人的にマネキンさんがいると食べにくいので、自分が客の立場であるときは無人試食のものしか食べませんが、 マネキンさんの存在はある意味スーパーの象徴 となっている部分があるかと思います。

こうしてみると、意外といろいろな方がスーパーに出入りしているんですね。

私の店の従業員は、運送業者さんやメーカーの方と良好な関係を築いている方が多くみられます。
業務上の会話だけでなく、雑談も交えて話をしていくうちに、距離が縮まっていっているのでしょう。

このことは考えようによっては、従業員同士だけではなく、そのようなところからも出会いが生まれる可能性があるということにもつながると私は思うのです。

もし、スーパーで働いていて出会いを求めているけれど、周りにはいい人がいないな~と思っている方がいたら、一度従業員以外の人たちにも目を向けてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク