「バイヤー」タグアーカイブ

スーパーの社員、役職毎の仕事内容は?-出世フローチャートも-

スーパーでバイトをしていると、チーフや店長といった役職の社員と接する機会もあります。
しかし、その方たちが具体的にどんなことをしているのかはよくわかりませんよね。

普段知ることのない、役職毎による仕事内容や出世フローチャートをお見せします。

スポンサーリンク


主な役職一覧

ではここから、主な役職&仕事内容について解説していきます。
各企業によって多少呼称や仕事内容が異なっている役職もありますので、ご了承くださいませ。

平社員(役職なし)

平社員とは、役職が何もついていない社員のことです。
多くの人が、入社するとまずはここからスタートします(引き抜きなどで特別待遇の方は入社してすぐにチーフやバイヤーというケースもあります)

基本的な業務は品出し・発注・伝票処理となり、バイト・パートたちのまとめ役となります。
ただ、長年勤めているお局さんにはスキルやキャリアの点で敵わないことも…汗

小さな店で社員が1人しかいない部門の場合、平社員でありながらもチーフと同じ仕事をしなければなりません。

チーフ/マネージャー/主任

平社員からワンランクUPするとチーフ・マネージャー・主任職になります(以下チーフ)
大きな店舗になると、チーフの下にさらにサブチーフが存在します。※
※サブチーフが存在する店では、平社員→サブチーフ→チーフと出世していきます。※
※詳細は、うちの会社には存在しないため割愛させていただきます、すみません※

平社員と異なる部分は、まず部門の責任者として売上に対するプレッシャーがかかってくる点です。
売上やロスデータを見ながら、どうすれば売上を伸ばせるのか・ロスを減らせるのかなどなど、利益を上げる策を常に考えなければなりません。
そうして考えたうえで、平社員やバイト・パートに発注や売り場づくりの指示を行います。

また、定期的に開かれる部門会議にも出席しなければならず、会議資料の作成など付随した業務もこなす必要があります。

そして、自部門に所属する部下たち(平社員やバイト・パート)の管理も行わなければなりません。
その最も重要な仕事として、いかに人件費を無駄にせず、上手く店が回るように考えたうえでのシフト作成があります。
出勤時間などに制限が多い主婦や学生たちから、文句の出ないようにシフトを組むことは一筋縄ではいきません。
もし急な欠勤などで人手が足りなくなった場合は、休日であっても急に出勤しなければならないこともあります。
逆に言えば、チーフが自分の身を削ってくれているからこそ、部下はしっかり休むことができるともいえるでしょう。

副店長/店次長

店内では店長に次ぐ立場となります(そのため店”次”長とも呼ばれます)
正直、店長がいるときはあまり存在感が感じられません笑

しかし店長がいない時は、店長の代わりに様々な業務に対応しなければなりません。
そのため基本的には店長が行う仕事について、ほぼ全てマスターする必要があるのです。
それもそのはず、未来の店長候補として試されているのですから、ここで上手く立ち回れるかどうかが出世に関係してきます。

一部問い合わせなどで店長でなければ判断できないような事例については、店長の返事待ちとして保留します。

多くの場合、一定期間部門チーフを経た者の中から、優秀な人間が次のステップとして副店長(店次長)となります。

店長

店に関わる様々な事柄に対して、権限を持っているのが店長です。
まさに店の長ですね。

店長はSVの指示を受けながら店舗運営を行っていきます。
具体的な内容として、全部門の売上や予算の管理・全従業員の勤怠管理など、業務は多岐に渡ります。
そのため、自分が未経験の部門に関してもフォローする必要が出てきます。
部門チーフと同じく、売上を伸ばしたりロスを減らす政策を考えなければならないのです。
しかも、部門チーフよりもさらに込み入った部分まで綿密に。
店長ですから「自分が経験していない部門はわからない」なんて言い訳は通用しません。

店長に選ばれる人物は、多くが副店長やバイヤーを経験した人物の中から、さらに有望な者が多くなっています。
特に副店長とバイヤー、両方経験している人間が選出されやすいです。

店長となったあとの進路としては、昇格してSVになる、バイヤーとしてまた違った道を歩む、降格となり副店長からやり直す…の主に3パターン存在します。
どうなるかは、その人次第となり誰にもわかりません。

夜間店長/ナイトマネージャー/夜間責任者

読んで字のごとく、夜間(夕方~閉店)の責任者のことです。

業務は、品出しやレジ応援といったバイトが行うような簡単な作業から、売上金の管理まで多岐に渡っています。
店長の代理となるので、スキルやキャリアが必要かと思われますが、意外とそうでもありません笑
日中、各部門に所属している平社員が任されていることもありますし、店によってはバイトの夜間店長もいたりします。

SV(スーパーバイザー)/エリアマネージャー

上記までは店舗に所属している従業員についてでしたが、SV/エリアマネージャー(以下SV)は店舗ではなく本部に所属しています
本部から出される政策を実行するために、このSVが本部と店舗とのパイプ役になって、各店舗の店長に指導していくのです。
そのため、自分が担当している店舗を巡回することが主な仕事内容となっています。
※企業によっては、バイヤー職の仕事を兼任という形をとっているところもあります。

大企業では店舗数も多いため、エリア毎に担当を決めて、エリアマネージャーというような形をとっています。
ですから、それぞれのエリア毎にエリアマネージャーが存在しているということになります。

このSVという役職は、地域トップクラスの大型店の店長としての経験があり、かつ優秀な成績を収めた人間のみに与えられます。
店長やバイヤーと比べても、SVに選抜される人間の数は限られています。
そのため、将来の幹部候補といっても過言ではありません。

バイヤー

商品の買い付け(仕入れ)を担当する役職で、こちらも店舗ではなく本部に所属となっています。
buy(買う) +   -er(~する人)でbuyer(買付する人)というところから、バイヤーと呼ばれています。

基本的には部門チーフを経験したあと、中でも見込みのある人間が選ばれる傾向にあります。
何故かというと、さらに担当部門に関しての知識を深めるという意図もあるからです。
そのため普通は自分が担当している(いた)部門のバイヤーとなりますが、場合によっては未経験の部門のバイヤーとなることもあります。

余談ですが店長以上の役職に就くためには、様々な部門での経験が必要となってきます。
そう考えると、いきなり未経験の部門でバイヤーを任されるということは、かなり将来有望だと見込まれているといえるでしょう。

さらに、バイヤーの中でも優秀な方はチーフバイヤーとして選出されることがあります。
チーフバイヤーの数は少なく、企業によっては存在していないこともしばしばです。

仕入れの方法は、メーカーや生産者との商談を行ったり、青果や鮮魚の場合だと卸売市場に直接出向いたりです。
特に商談を行うことは、バイヤーにとって非常に重要な仕事です。
商談では新商品を自社で取り扱うかの判断を下したり、仕入れ価格などの価格に関しての交渉を行っています。
ちなみに、チラシに掲載されている商品のラインナップにもバイヤーは関係していることがあります。
その場合各部門のバイヤーが商品を選出し、安く仕入れることができたら広告の品としているのです。

他にも各店のチーフに対して売場作りの指示を出したり、売り込みしてほしい商品について伝達したりといった仕事をしています。

スポンサーリンク

各役職に就くまでの流れ

上記の各項目でも簡単に説明しましたが、もう一度おさらいです。
正社員として入社し、一体どのような流れで出世していくのかを図にしました。

まずは平社員からチーフを目指すことになります。
というのもチーフに昇格したら、その先は副店長もしくはバイヤーへと進む道が開けるからです。
副店長・バイヤークラスから平社員に降格ということはよほどのことがない限り、通常ではありえません。

難しいのはそこから先で、副店長・バイヤーから店長に昇格となるのは、能力的に優秀な人物のみとなります。
副店長やバイヤーを何度も交互に経験したのち、ようやく店長になれた、という人もいます。

また、店長からSVへの道も、かなり険しくなっています。
SVは店長経験者でもほんの一握りの人間にのみ与えられる、超エリートコースとなっています。

もちろん例外もあります。
現に私の勤める会社ではあまりの人手不足のために、正社員になって間もない男性社員がいきなりバイヤーを任されることになったのです!
何故こんなことになってしまったのか、気になるところですが、私も詳細はわかりません笑
今度、聞けたら本人に聞いてみます笑


例外は別として…一般的にはやはり成績や勤続年数によって、昇格か降格か判断されます。
常に人手不足な業界なので、もしかしたら他業種よりは出世も早いかもしれません。

なお店長クラスからは幹部候補となるため、会社にとって必要不可欠な存在となっていきます。
大手のSM(スーパーマーケットの略)では、幹部の年収が1000万になることも…?!
SM業界は、決して待遇がいいとはいえません。
ですが幹部になれば高給取りになれる可能性があるので、是非目指してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク