「万引き」タグアーカイブ

スーパーでのバイト、クビになる理由は?-セクハラや遅刻で?!-

基本的に雇用者側は、安易に労働者をクビにすることはできません。
それ相応の理由がない限り、クビを宣告されることはないでしょう。

今回はそれ相応の理由とはなんなのかについて、みていくことにしましょう。
※ただし店長の性格にもよるので、すぐにクビを切るタイプの店長も存在しますが…汗

スポンサーリンク


犯罪行為

スーパーの従業員が起こしうる犯罪は、内引きや万引きに加担する行為が多数を占めます。

内引き

内引きは従業員が店の商品を盗むことだということは、別のページでも説明しました。
もちろん立派な犯罪行為となるので、判明した時点で即解雇です。
本人はバレていないと思っていても、他の従業員が店長などにタレコんで発覚するケースが多くなっています。

万引きに加担する行為

こちらは主にレジ部門の方が起こす可能性があります。
具体的な内容としては、自分の家族や友達がレジを通る際に、品物をスキャンしたふりをしてお会計をすませるということになります。
全ての商品を通さないのはさすがにマズいので、全体のうちの数点を通さない…という手口が使われます。
これなら傍目から見ていてもバレにくいのですが、棚卸の際に発覚する可能性は十分にありえます。
皆さんは決して真似してはいけませんよ!

セクハラ

その他セクハラも犯罪行為ですので、発覚したらよくて左遷、最悪クビになりえます。
例えば「肩をポンと叩いた」「頭を撫でた」といった何気ない行為でも、女性側が不快に感じればセクハラとなります。
こちらはバイトよりも、正社員の男性が起こしやすい傾向となっています。

色恋沙汰

はっきり言うと、不倫のことです。
例えばバイトの高校生や大学生に手を出す、正社員の既婚者男性といったケース。
もちろん、主婦パートと独身男性でも大問題ですが。

この場合、いかにバレないようにするかが重要です。
バレなければ、会社的にはなんら問題ありません。
あくまでも本人たちの問題ですから。
しかし、バレてしまうと周りの従業員の士気も下がりますし、お客さんとしてもいい気はしません。
従業員は男女が特別な関係=男が女をえこひいきしていると思ってしまいます。
気に入った人間には待遇をよくする、なんてこと誰にでもありえますからね。
お客とすれば、不倫した人が勤めている店だなんて…とイメージダウンになってしまいます。

こちらもよくて左遷、最悪クビというケースが多くなっています。

能力的な問題

いくら指導しても、のみこみが悪かったり、手際が悪かったり…というケースです。
このケースでクビにされることは、めったにないと思ってください。
常に人手不足のスーパーでは、頭数としていてくれるだけでもありがたいことなのです。
それでもクビになるようならば、他の部分に何か問題がある可能性が高いです。

ただし、レジの過不足をひんぱんに高額で出してしまうようなケースは要注意です。
直接金銭にかかわる事柄となると、少しのミスを繰り返しただけでもクビになる可能性もあります。

スポンサーリンク

勤務日数や時間

自分の希望シフトが店側が求めるシフトにそぐわない場合、徐々に戦力外扱いになっていくかもしれません。
例えば学生さんに土日出てほしい店側に対して、平日しか出られない学生さん…というような事例が当てはまります。
フリーターの方だと、店側はフルタイム勤務してほしいのに、掛け持ちなどの理由で無理だったり。
主婦の方だと土日は休みたいのに、店側は土日出勤を要求してくる…などなど。

店の希望に合わせられないと、そのうちシフトに入る回数を減らされ、最終的にクビになることもあります。
逆に自分からシフトに入る回数を減らしていっても、同様です。
週に1回程度の出勤ならまだしも、月に数回レベルになってくると、かなり危険です。
いてもいなくても変わらない存在だと、いくら頭数が必要とはいえ、雇用する側からするといらない人間になってしまうからです。

この場合は、自分が少しでも店に合わせるか、無理そうなら見切りをつけるしかありません。

素行不良

素行とは、普段の行いや態度を意味する言葉です。
ですから、素行不良とは何気ない言動がよくないということになります。
では、その「何気ない言動」とはどんな行為を指すのでしょうか。

無断欠勤や遅刻をする

無断欠勤をしたり、遅刻を繰り返したり、身だしなみの規定にそぐわない…というケースになります。
厳しいところだと1度の無断欠勤でも即解雇になりえます。
遅刻の場合は、たった1度でクビということは殆どありえませんが、常習となるとそのうちシフトを減らされる可能性があります。
遅刻してくる=交代の人に迷惑がかかるので、店としてもみすみす見逃すわけにはいきません。

身だしなみの規則を守らない

身だしなみについては、面接の際に改善するように言われても直さない場合と、
面接の際は問題なかったのに途中で規定から外れた格好になってしまった場合が考えられます。
どちらにせよ、改善要求に従わない場合はクビが考えられます
身だしなみは、お客さんの好感度を左右する大事な要素となっています。
お客さんから名指しで「不潔・不快感を覚える」との意見がくることだってあるのです。
「こんな格好の店員のいる店では買いたくない」そう思われないように、店も必死なのです。

自由な髪色やメイクで働きたい方にとってスーパーの身だしなみ規定は厳しいようで、
おしゃれをしたい若者は採用されてもすぐに辞めていってしまいます。
特にギャル系女子に顕著にみられる傾向があります。


上記の項目で重大度を表すとすると、
犯罪行為>色恋沙汰>素行不良>勤務日数や時間>能力的な問題
となり、社会的に問題がある行為ほど、クビになる可能性が高いといえます。
勤務日数など、個人的な問題で改善が見込まれる事柄は、本人次第といえるでしょう。

スポンサーリンク