「人間関係」タグアーカイブ

損してるの?!真面目な人の特徴-我慢強く仕事熱心-

真面目な人は損をするだなんてよく言いますが、あなたはどう思いますか?

私は、言い得て妙だと思っています。

どんな環境でも、ずる賢く仕事を手抜きしていても上司からの評判がいい人間もいれば、一方真面目にやっているのに一向に評価されない人もいます。

そんな真面目な人たちは、どんな性格をしているのでしょうか。

スポンサーリンク

自己主張をあまりせず、文句や不満があっても我慢する

言いたいことははっきり言うずる賢い人たちとは正反対に、 真面目な人は控えめで自分の気持ちを強く表現することはあまりありません 

何か不満を持っていたとしても、声を大にして訴えるなんてことはせず、ひたすら静かに耐え続けます。
というのも「自分に至らない点があるからだ」「自分の努力が足りないんだ」と、自責の念にかられてしまうことが、真面目な人には多いからです。

つまり自分に非があると思っているからゆえに、おとなしく我慢をするわけなんですね。

なにかあるとギャーギャー騒ぎ立てる人たちに比べると、真面目な人たちは精神的に大人だなぁと思います。

さらに 真面目な人は人前では決して弱音をはきません 

何でもすぐに「疲れた」「しんどい」「面倒くさい」と言ってしまう人がいますが、そんな人たちは自分の仕事も中途半端に投げ出すことも多くあります。

誰でも、仕事は疲れますししんどいですし面倒くさいと思っています。

しかし、そんな弱音を吐露するかしないかでは、全然印象が違ってきます。

弱音をはくとストレス発散になりますし、言う方はすっきりしますが、聞かされる方はいい気はしません。

人前で弱音をはかない真面目な人は、相手のことも思いやれる人だとも言えるかもしれません。

口が堅く、信用できる

真面目な人たちは、うわさ話や悪口などの浮いた話にはあまり興味がありません。

もとい、他人に対してそこまで興味がないのです。

コミュニケーションが上手で、誰とでも会話をするずる賢い人たちに比べると、交友関係も広くなく、人付き合い自体が浅く狭いです。

そのため ぺちゃくちゃと自分からはおしゃべりもしませんし、話の内容も自分のことは悪く言えども、他人に対する悪口・批判・噂話は基本的にしません 

一般的に内緒話というのは、誰かに話してしまいたくなりがちですが、真面目な人たちは上記のような性格であるため、秘密を厳守してくれるというわけです。

秘密を守ってくれる人には、信頼して何でも話ができますよね。

 真面目な人は冗談が通じなかったり、世俗的な話にのってこなかったりと、少々つまらない面もありますが、とても信用はできる といえるでしょう。

誰にでも平等な態度で接する

人間はどうしても、好き嫌いによって態度を変えてしまいがちです。

それがいわゆるえこひいきだとか差別ということになるのですが、 真面目な人たちはえこひいきも差別もしません 

真面目な人たちは、自分が一生懸命に頑張ることが一番であり、他人がどうであろうと関係ないのです。
周囲の人から好かれたいあるいは嫌われたくない…だなんてことは考えてもいません。

そのため、 誰に対しても同じような態度で、適度な距離感を持って接する わけです。

上記で”真面目な人は浅く狭い人付き合い”と述べましたが、距離を持って最低限の付き合いしか彼らはしませんので、当然のことだといえるでしょう。

逆に周囲から好かれたい、嫌われたくないと考える人(特にずる賢く世渡り上手な人)たちは、周囲に気を遣ったり媚を売ったりしています。

よく考えると誰にでも平等に接することってなかなかできませんから、真面目な人を見習っていきたいですね。

責任感が強く、仕事に真摯に取り組む

まさに、これこそ真面目な人を象徴する特徴ですね。

何事にも責任を持ち、仕事を遂行しやり遂げる―――――社会人なら当たり前のことだと思いますが、なかなか”自分はしっかりやれてる”と言える人もいないのではないでしょうか。

”ちゃんと仕事をしているつもり”な人ほど、上手く手を抜いて自分の仕事ぶりをここぞとアピールするんですよね。
そして、そんな人に限って要領がいいので、上司に気に入られて昇進が早かったりします。

 真面目な人は、常に全力で仕事に取り組みます 

また どんな仕事であってもやる前から断ることはせず、一度は自分でやろうとします 

そして文句も言わず黙々と仕事を引き受ける姿を見て、上司はさらに仕事をさせます。

上司とすればよく言えば信頼して、悪く言えば使い勝手がいいと思って、真面目な人に仕事を任せているわけです。

こうしてみてみると、真面目な人はとにかく一心不乱というか、余計なことを考えない人なのだといえますね。

しかし、そんな性格を利用するような輩も社会にはたくさんいるわけで…。

一生懸命働かせて、いらなくなったらポイするような最低な上司もいるんですよ、実際。

そのようなことを鑑みると、やはり真面目な人は損をしがちだということは間違いないでしょう。

かといって、不真面目にしていてもいいのか?というとそういうわけでもなく…。

適度に真面目に、適度に手を抜く、このバランスが大切なのでしょうね。
まぁ、実践するのはかなり難しいのですが…。

よく真面目だねと言われる方、少しは肩の力を抜いて仕事してみてはいかがでしょうか。

少しはずる賢い人の特徴も、取り入れてみるといいかもしれません。

スポンサーリンク