「人間関係」タグアーカイブ

上司との距離感…近すぎるとNG?!-友達上司も困りもの-

みなさんは上司との関係、上手くいっていますか?

近寄りがたい苦手な上司よりは、フレンドリーで何でも気軽に話せる上司の方がよく思えたりしますよね。

しかし、そんな友達のように距離感が近い上司は、いいことばかりではありません。

今回は友達上司の特徴を紹介します。

スポンサーリンク

何でも気軽に話ができる

 距離感が近く親しくなると、お互いに何でも気軽に話ができる ようになります。

部下の場合は、自分の意見や疑問を言いやすく感じ、不満を溜め込むことも少なくなります。

気をつかって思っていることも言えない上司よりは、素直に自分の気持ちを伝えられる上司の方が、仕事もやりやすいですよね。

また 距離が近い上司は、部下からすると仕事上の相談相手にも最適 だといえるでしょう。

一方 上司の立場から見ると、積極的に頼ってきてくれたり、提案や進言をしてくれる部下というのはとてもありがたく貴重な存在 となります。

上司は、自分が部下から距離を置かれて接しられていることに気づいているものです。

そのため、距離を感じさせずに接してくれる部下はとても可愛く思いますし、そんな部下のためには尽力してあげようと感じるのです。

えこひいきにつながる

何でも気軽に話せるようになるなど、距離が近づいた上司と部下の関係はいいことばかりではありません。

 上司が慕ってくれる部下を懇意に思えば思う程、個人的な感情で他の部下たちよりも、高い評価をしたり融通を利かせたり、内密の情報を教えたりなどのえこひいきにつながっていく のです。

場合によっては部下の昇進にまで影響し、いくら周囲から評判が悪かろうが能力が不足していようが、上司から好かれている部下は、すぐに昇進させてもらえるということもあります。

本来ならば上司という立場上、部下の評価は公平に行わなければならないのですが…。

そうして えこひいきをされている部下は、いろいろ優遇してくれる上司にはますます媚びへつらう ようになります。

ではなぜ、えこひいきをしてしまうのか問題ですよね。

それは上司も一人の人間ですから、慕ってくれている部下から嫌われたくないという気持ちがあることに原因があるといえるでしょう。

嫌われたくないがゆえに、部下を甘やかす上司になると、さらに問題が起こってしまいます。

上司と部下の立場があいまいになる

そして、 えこひいきをして部下を可愛がってばかりいると、部下から上司としてみられなくなっていってしまいます 

これはどういうことかといいますと、部下は近い距離感で自分に合わせてくれる上司のことを、それこそ友達、つまり自分と同格か下手すれば格下だという認識でみるようになっていくというわけです。

一言で表すならば、 部下になめられる上司になってしまいます 

すると最悪の場合、上司が指示や指導を行っても、部下は聞く耳をもたなくなってしまうことも…。

それも当然の話で、部下からすれば、自分と同格あるいは格下と思っている人間から文句を言われたところで、痛くもかゆくもないのです。

言うことを聞かない部下に対して、上司は怒りますが結局意味もなく、一度友達のようになってしまった功罪は大きなものとなります。

また、この関係が職場の域を超えて、プライベートにまで持ち込まれると更に深刻な問題となってきます。

 お互いがプライベートにも平気で干渉するようにもなってしまうと公私混同となり、職場の上司と部下という立場があいまいになってしまう のです。

周囲からみると、気分はよくない

 そのような上司と部下の姿を、周囲の人たちは正直いいようには思っていません 

傍から見れば仲むつまじい上司と部下で、ほほえましく見えますが、その2人の関係者とすればこれ以上に面倒くさいことはないと感じているのです。

特に、その上司の他の部下たちからは「ひいきする上司も上司、ひいきされる部下も部下だ」と思われていることうけあいです。

やはり、 上司が特定の人間だけひいきしているということは、社会通念上決していいことではありません 

正当に評価されるべき人間が評価されず、能力もないのにひいきされてるというだけで、高い評価を得るなんて、腹立たしい話ですよね。

そして、やけに上司が特定の部下について褒めていたり、連絡を取っていたりしている姿は周囲から見ればえこひいきしていると思ってしまいます。

これがプライベートならば、いい友達ですむ話なのですが、職場ではそのような親密さは必要ないのです。

ですから、 もしプライベートで親密な関係であったとしても、仕事で接するときは上司と部下ならば一線を引いて接するのが大人の対応 とだいえるでしょう。

以上、友達上司の特徴を紹介しました。

自分が当事者の立場ならば、確かに良好な関係であることは、仕事をやりやすくなりますし、何ら問題ないことだと思ってしまいますよね。

しかし周囲の目があるので、あまりにも近い距離感であることは巡り巡ってはお互いの不利益につながる可能性もあるのです。

自分がそうかもしれない…と思った方は、今一度、部下(上司)との関係性を見つめなおしてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク