「奥手」タグアーカイブ

じれったい!奥手な男性の特徴-女性慣れしていない-

恋愛において、相手が積極的にアプローチするタイプか、奥手で受け身なタイプかを知ることは重要です。

なぜならそのどちらのタイプかによって、こちらのアクションも変えていかなければならないからです。

積極的なタイプは傍目からもわかりやすいですが、奥手なタイプはアプローチがわかりにくく、女性に興味がないのでは?と勘違いされることもしばしあります。

奥手な男性はどんな特徴を持っているのかを知れば、女性に興味がないのか、本当に奥手なのかを判別することができますよ。

スポンサーリンク

女性の顔や目を見て話せない

奥手かどうか判断するのに一番わかりやすいポイントが、女性の顔や目を見て話せるかどうかです。

なぜ女性の顔や目を見て話せないのかというと、奥手な彼らは女性に対する耐性がないからです。

 女性慣れしていない奥手くんたちは、女性のことを異性として過剰に意識してしまい、恥ずかしくて顔を見ることができなくなってしまう のです。

逆に、女性からの視線を感じたくないという理由もまた一つあります。

 奥手くんたちは照れると、すぐ顔が真っ赤になってしまうのですが、そんな自分の姿を女性から見られたくないと思う気持ちもある のです。

女性の顔を見れば、どこに視線が向いてるかわかりますからね。

冗談が通じない

女性慣れしている男性なら、女性の何気ない言葉でも冗談なのか、本気なのかを感覚的に判断することができます。

しかし奥手くんたちは女性慣れしておらず、 女性との会話の経験やスキルに乏しいため、その判断ができません 

そのため会話をしていても、どこかかみ合わなかったりノリが悪かったりなど、いまいち盛り上がりに欠けてしまいます。

女性からすると、冗談の通じない男性ほど怖いものはないのです。

理系学部や男子校など、女性が少ない環境で長年過ごしてきた

奥手くんたちが女性慣れしていない最大の原因は、やはり過ごしてきた環境にあるといえるでしょう。

理系の学部や男子校出身の男性に奥手くんが多いといわれているのも、一理あるというわけです。

これらの 女性と接触すること機会がほとんどない場所で過ごしてきた男性は、女性との接し方がわからなくなってしまいます 

そんな環境の中でも恋愛に興味がある積極的な男性だと、女性との交流を求めて自主的に関わっていこうします。

しかし 奥手くんは常に受け身なこともあってか、自分からは動こうとはしません 

家族に姉・妹がいない

上記のように学校でも女性と関わることもなく、さらに家族にも母親しか女性がいない男性は、奥手度がさらにあがります。

 姉も妹もいなければ、身近な女性は母親もしくは祖母しかいないため、等身大の女性の気持ちを理解することができません 

母親や祖母も女性ではありますが、あくまで親・目上という意識が強いため、姉や妹に感じるものとは全然違います。

 家族の中に女姉妹がいない環境で育った男性からすると、女性は未知の生物と同然 なのです。

一方家庭に姉・妹がいる場合は、女性の生態を目の前で学んでいくことになり、女性の思考や感じ方がどんなものなのかが、わかるようになるのです。

ただし家族ですから、ほとんど気を使う必要もありませんし、変に異性として意識することもありません。

ところが 全く他人の女性と接するとなると、奥手くんは途端にどうしたらいいかわからなくなる のです。

なぜなら、姉や妹はあくまで家族であり、全く他人の女性に家族と同じ接し方をするわけにはいかないからです。

そのため 姉や妹がいても、他の女性に対して奥手であることは、なんらおかしなことではありません 

それでも男兄弟の中で育つよりは、幾分か女性への耐性ができるため、まだマシといえるでしょう。

デリカシーがない

ここまででもさんざん、奥手くんは女性への接し方がわからない、とお伝えしてきました。

接し方がわからないということは、 女性を傷つけるような言動も無自覚のうちに行ってしまっている―――つまりデリカシーがない ともいえるのです。

ちなみにデリカシーとは繊細という意味で、デリカシーがないとは気遣いや配慮ができない、ということを表します。

具体的には下ネタを平気で話したり、女性の容姿や年齢などをネタにしたり、安易に体に触れてきたり…といった言動が挙げられます。

もちろん親密な仲になれば、これらの言動を受けても気にならなくなりますが、 奥手くんだちはその距離感がわからないまま行ってしまう のです。

この女性との距離感がわからない、ということについては下項で詳しく解説していきます。

女性との距離感がつかめない

さて、女性との距離感がわからない―――と上記でも述べましたが、まず、距離感とはどういうことかわかりますか。

人間は異性同性関係なく他人と接する際に、相手との距離感に応じて接し方を変えています。

 距離感というのは心の距離を表し、親密になればなるほどその距離は縮まっていきます 

みなさんも親しくなりたい相手には、様子を見ながら少しずつ距離を縮めていきますよね?

そして相手が嫌がっていたら、接触を控えるなど少し距離を置きますし、大丈夫そうなら、もう少し踏み込んだアプローチをしていく―――これが人間関係においてのセオリーなのです。

このセオリーを守らず、 大して親しくもないのに、相手の心のうちにずけずけ踏み込むようなことをするのが、距離感がつかめない人 ということになります。

逆もしかりで 親しい間柄と相手から思われているのに、こちら側がなんだかよそよそしく他人行儀な態度を取るのも、距離感がつかめていない ということなのです。

 奥手くんたちはこの距離感がつかめていないので、自分が好きになった相手には、ときどき突拍子もない言動をすることがあります 

それが上記のデリカシーのない言動につながったりするわけなんです。

察することができない

女性は男性に対して「言わなくてもわかってほしい」と思っています。

よくあるのは、直接的な表現をせず婉曲的な表現をすることで、女性同士であれば直感的に何が言いたいのかがわかります。

しかし 男性にはいまいち、察するという部分が理解しにくい部分があります 

どれだけ女性慣れしている男性であっても、思考の違いなどから、完全に女性の心を察することができる人はいません。

女性慣れしていても難しいことなのですから、 奥手くんからすれば、これはかなりハードルの高いこと なのです。

 察するどころか、女性が意図したこととは全く異なることをしてしまい、ひんしゅくを買ってしまうケースも多々ある くらいです。

そのようなところが、奥手くんたちは女性慣れしていない、といわれる要因の一つでもあるのですよ。

ささいなことで意識しすぎる

相手を異性と意識するきっかけは、人それぞれでしょう。

奥手くんたちの場合は 女性慣れしてないせいか、ささいなことで意識しすぎてしまう のです。

笑顔で会話したり少し指先に触れたりなど、 女性からすればこんなことで?!と思うような言動でも、奥手くんたちの恋愛スイッチが入ってしまいます 

その点が女性慣れしている男性と異なるポイントで、女性慣れしていれば、これくらいでまず意識するということはありません。

むしろ、意識させるために男性側から仕掛けていくくらいです。

奥手くん側の話に戻しますと、そうして 女性が知らぬ間に一方的に意識してしまい、また距離感がつかめないので、女性からすると理解できない言動に走ってしまう のです。

それもそのはずで、女性は友だちとしか思っていないのに、奥手くんたちは彼女だと思っているなど、双方の温度差が激しいがゆえに起こってしまいます。

受け身である

奥手くんたちは、基本的にめったなことでは自分からアクションを起こしません。

いわゆる、受け身タイプなのです。

というのも 奥手くんは女性への耐性がないので、親しくなりたいと思っていても、距離の縮め方がわかりません 

そして常に「自分の言動によって嫌われたらどうしよう」と不安を感じています。

 女性に嫌われたくないという思いから、自分からは行動を起こせず、常に受け身の姿勢を取っている いうわけです。

そのため主導権を握りたいタイプの女性でなければ、奥手くんと恋仲になるのは難しいでしょう。

女性と付き合ったことがない、もしくはかなり少ない

なんといってもやはり、 奥手くんが奥手である大きな理由は、女性と付き合った経験がない・かなり少ない点にある といえるでしょう。

人間、苦手なものでも経験を積めば慣れてきますし、耐性もついてきます。

女性慣れしている男性も、最初は奥手だったかもしれませんし、今奥手な彼らも経験を積めば積極的になると思います。

奥手くんからすると、まず女性と付き合うところまでいくのが難しいのですが、それではいつまでたっても女性慣れしません。

ある程度の年齢になれば、彼女がいたり結婚したりしているのが当たり前になりますが、そんな中で、彼女すらできたこともない自分に自信喪失してしまう奥手くんもたくさんいます。

そして 自分に対しての自信がないため、女性にアプローチできなくなってしまう悪循環を引き起こしてしまう というわけです。

ここで述べた特徴に多く当てはまっているほど、奥手くんだという可能性が高くなります。

一つ二つくらいしか当てはまっていないのであれば、単純にその男性の性格なだけでしょうね。

ちなみに女性に興味がない男性は、興味がないがゆえにさらっとした応対をするので、奥手くんの反応とはまたちょっと違っています。

奥手くんも本当は女性に興味津々なので、本当に好きになった女性には、少しずつではありますがアプローチをしていきます。

そのアプローチの段階は、また別の記事にて紹介したいと思いますので、記事の公開を楽しみにしていてくださいね。

スポンサーリンク

こちらの記事もお見逃しなく!