「服装」タグアーカイブ

スーパーのバイト、面接はこれでOK!-服装・身だしなみ・持ち物-

面接に向かう皆さん、まずは応募の第一関門の突破おめでとうございます!

バイトの面接とはいえ、面接時の態度や身なりで合否が判断されますから、出来る限り好印象を与えるように心がけたいですよね。

このページでは、面接でよりよい印象を与える服装や持参しておくべき持ち物について紹介します。

スポンサーリンク

服装は清潔感があれば普段着でOK

バイトの面接でしたらさほどきっちりする必要はなく、 清潔感があれば普段着で十分 です。

ただし、ロリータファッションやV系ファッションなといった 個人的嗜好が強い服装や、露出の多い服装は避けた方がいい でしょう。

面接官は身なりもチェックしていますから、上記のような服装だと「常識がない」と判断されかねません。

面接時の身だしなみあれこれ

服装も大事ですが、身だしなみも重要です。

面接で見られるのは、”スーパーで働くにふさわしい身だしなみをしているかどうか”です。

その基準は各企業によっても異なりますが、 基本はナチュラルメイク・暗めの髪色・アクセは目立たない物 となります。

面接時の身だしなみが、多少採用基準から外れていたとしても、本気で働く意思があって改善することを約束できるならば採用することもあります。

しかしながら、できる限り面接の前に染髪している髪を黒髪に染める、爪を切るなど 改善できるところはしておいた方がベター です。

ここからは、男女ごとに詳細をみていきましょう。

女性の場合

女性は髪型やメイクにアクセなど、気を使わなければならない点が多々あります。

男性に比べると多少華美でも許される傾向にありますが、やはりTPOを考えた身だしなみで臨むことが大切です。

メイクはナチュラルに

ケバいメイクよりもナチュラルメイクがいい理由は、スーパーの客層に関係しています。

スーパーには高齢のお客様が多く来店されますが、 高齢の方は、ケバいメイク=下品という考えを持っている 人が少なくありません。
逆にすっぴんの方がいいという人もいるくらいです。

高齢者に限らず、特に男性にこの傾向がみられます。

ですから、清潔感を出すという意味合いでナチュラルメイクが推奨されているのです。

髪色は暗めがベター、髪型はまとめてあるとよりよい

髪色は黒髪もしくは 最近は茶髪もある程度明るくても容認されて います。
金髪はさすがに厳しいですね…。

 明るい髪の色が懸念される理由は、お客様からの印象がよくないから ということになります。

高齢のお客様がスーパーには多いと上述しましたが、彼らのなかにはメイクだけでなく髪色も派手=下品という考えの方がいるのです。

とはいえ、規則に関して多少緩い店も存在します。

どれ位の色なら大丈夫なのかは、自分が働きたい店の店員を観察するとわかります。

髪型は面接では気にしなくてもいいですが、 心配ならばまとめておくと好印象 です。

アクセ・ネイルはできる限りつけない方がいい

アクセやネイルといった装飾は、面接の際は外した方がいいでしょう。

おしゃれをしてプラス評価になるのは、基本的にはアパレルや美容関係などごく一部の業種に限られていると思ってください。

ただし 結婚指輪は例外 ですので、わざわざ外す必要はありません。

男性の場合

男性は女性に比べると身だしなみの基準が厳しく、自由度は低いといえるでしょう。

ですからマニュアルとすれば 黒髪短髪でヒゲを剃っておく 、これにつきますね。

もちろんアクセやピアスは外しておきましょう。

面接時に必要&あると便利な持ち物

服装も身だしなみも完璧にしたら、最後に持ち物のチェックをしましょう。

まず大切なのは履歴書です。
必ずチェックされるアイテムですから、綺麗な状態で渡したいものです。

そのためには 封筒やクリアファイルに入れておくといい ですよ。
折りたたんでも問題ありません。

その他面接の際に持参しておくと便利な持ち物として、以下のものがあります。

  • メモ帳
     ポケットに入るB6サイズがおすすめ です。
    即採用された場合、次回の出勤日や必要な持ち物についての伝達があるはずなので必ずメモしましょう。
  • 筆記用具
    ボールペンでも、シャープペンでもお好みで。
    万が一インク切れ等が起こった場合を想定して 2本は持っていくと安心 です。
  • 印鑑
    即採用の場合、 契約書にサイン・捺印をする可能性 があります。
    念のため持っていきましょう。

面接中に必要事項を告げられた際に、メモを取らなければならない状況も出てくるかと思います。

そんなとき、さっとメモ帳とペンを取り出せれば面接官から見ても好印象ですよ。
たったこれだけで「この人はしっかりしているな」と思ってもらえて、プラスポイントになりますから。

こんなの普段から常備しているよ、という方はきっと気配りができる人なんでしょうね。

以上、面接時の服装や持ち物について紹介しました。

ここに書いてあるのは本当基本的なことばかりなので、上記の内容のとおりに守っていれば、スーパーに限らず他のバイトの面接でもいい印象を与えることができるはずです。

それでは面接の健闘を祈ります。

スポンサーリンク

こちらの記事もお見逃しなく!