「試食」タグアーカイブ

スーパーの試食は、無人にするのが効果的?!-心理的な理由-

スーパーでは、度々試食販売を行っています。

そこで試食を食べてみようと思っても、「係の人(マネキンさん)が傍にいて、何だか近寄りがたいなぁ」と、遠慮してしまいませんか?

マネキンさんが声掛けをすれば、試食を食べてもらえると思われていますが、意外と効果は薄いものです。

一体、何故なのでしょうか。

スポンサーリンク

試食にマネキンを置いている理由

そもそも、何故試食の際にマネキンを置いているのか?という点から見ていくことにします。

最大の理由は、ずばり お客様の呼び込みをするため です。

ただ試食を置いておくよりも、直接マネキンさんが声掛けすることによって、お客様の興味・関心を惹きつけることができますからね。

また、試食で使用されている商品に興味を持った方が、商品の特徴や調理方法などについて質問したいと思うこともあります。

その際、マネキンさんがいれば質問に答えてあげることができます。
 質問に答えることによってお客様が納得し、その上で購入に繋がる可能性も高くなる というわけです。

そもそも、 マネキンさんの仕事は「お客様に商品を購入してもらうよう、促すこと」 なのですから。

マネキンがいると、お客様は近寄りがたくなる

上項でも述べましたが、商品の購入を促すために店側はマネキンを呼んでいる、というわけです。

ところが、マネキンを置いて呼び込みをすればするほど、お客様は不思議と近くに寄り付かなくなってしまいます。

商品を売り込むために置いているマネキンの存在が、むしろ逆効果にさえなりかねないだなんて、不思議なことですよね!

では、何故マネキンがいるとお客様が近づきがたくなってしまうのか?という点についてみていきましょう。

理由その1:パーソナルスペースを侵略されたく(したく)ないため

ここからは少し心理学的な話になりますが…。

人間は誰しも、パーソナルスペースという個人的な空間を持っています。
この空間の範囲は、男女差があり男性は前方に広く、女性は円形に広がっています。

そして自分にとって親しい人間ならば、パーソナルスペース内に侵入されても抵抗を感じないものです。
一方、 親しくもない他人がパーソナルスペースに侵入してくると、不快感を感じます。 

このことは身近な例として、電車やバス・飲食店のカウンターなどの座席の座り方に表れています。

皆さんよほど余裕がない時を除いて、知らない人の隣には普通座りませんよね。
必ず1人分は座席を開けて、座るのではないでしょうか。

これをマネキンとお客様の関係に当てはめると、お客様がマネキンに近づく=お客様がマネキンのパーソナルスペースに近づくということになります。

上記の座席の例で、知らない人の隣に座りたくないのは、パーソナルスペースを侵したく(侵されたく)ないからということがわかりましたよね。

お客様からすればマネキンさんは赤の他人ですから、座席の例と同じで、 無意識のうちにパーソナルスペースを侵したく(侵されたく)ないという心理が働いている のです。

ですから、お客様はマネキンがいると近寄りがたい、というわけなのです。

理由その2:食事している姿を他人に見られたくないため

次の理由も心理学的な話になります。

試食が置いてあるので、当然試食を食べることになりますよね。

しかし、マネキンさんの目の前で食べるのって、ちょっと抵抗ありませんか?

芸能人など人前に出るお仕事の方は別として、多くの方は、他人の前で食事している姿をあまり見られたくないかと思います。

抵抗ないよ!という方もいるかと思いますが、ダメな人は本当にダメなんですよねー…。

では、何故抵抗があるのか?といいますと…

食事をしている姿というのは、無防備な姿になるということです。

無防備な姿を他人(動物的に言えば敵)に見せるということは、いつ襲われてもおかしくないということになります。

そう、人間の本能として、 無防備な姿を見せることに抵抗を感じている というわけなのです。

また 女性の中には、食べる姿というか口を開けているところを見せることが恥ずかしい、見られたくないと感じる人も いるかと思います。

実際、私がマネキン要員として試食の呼び込みをしていた時も、女性は背を向けて食べている方が多かったです。

理由その3:マネキンから購入を迫られることを恐れているため

マネキンさんのお仕事は、商品を売り込むことです。
この一言に尽きます。

なので当然、売り込みをかけてきます。
 あからさまに言わずとも、どうしても「買ってくださいオーラ」がにじみ出てしまっています。 

お客様もそのことはわかっているので、マネキンがいるときは試食したくとも我慢しているのです。

その証拠に、私がマネキンとしてずっと立っていたときはみんな素通りしていたのに、いなくなった途端お客様が試食を食べだしたのです!

何度も様子を見てみましたが、無人試食の方が試食の減り方が早かったです。

人がいるのといないのとでは、こんなにも違うのか!と驚きを隠せませんでしたね。

余談ですがマネキンさんが必死になって売り込みをかけてくるのは、 マネキンさんにノルマが課せられている ためなのです。

どの商品をどれだけ売り上げたのか、という報告を会社に報告しなければならず、規定に達しなかった場合は責任を問われることもあるのだとか。

そんな厳しいマネキン業界ですから、マネキンさんは必死になって購入を促してきます。

そうして必死になればなるほど、お客様は逃げて行ってしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

以上の理由から、マネキンがいることによってお客様が近寄りがたく、思ったほど試食を食べてもらえないというわけです。

売上を伸ばす目的なら、試食してくれた方にマネキンさんがセールストークをしていく方がいいかと思いますが、

とにかく食べてもらいたい!というのであれば、あえて無人でセルフ試食させる方が効果的だと思います。

簡単に表すと、無人でたくさんの方に遠慮せず食べてもらうか、マネキンをつけて試食してくれた少数のお客様に売り込みをかけるかのどちらがいいのか?ということになりますね。

ただ、無人試食だとお客様は気兼ねなく食べられていいのですが、店側としては食べられ損になってしまう可能性が高くなります。

ちなみに、私はマネキンさんがいるときは近寄りません笑
やっぱり、食べたからには買わなきゃ申し訳ないかな?なんて考えてしまうので…。
無人で出されている試食なら、遠慮なく食べますけどね。

スポンサーリンク