青果コーナーの野菜・果物、どうして傷むの?-客の過失によるものも-

青果コーナーは店に入ってすぐの場所に作られています。
というのも、旬の食材を並べることによって、購買意欲を促す効果があるためです。

しかしいくら旬のものでも、傷んだ品物は必ず出てきてしまうのです。
これでは購買意欲が下がっちゃいますよね。
何故、傷んでしまうのでしょうか。

スポンサーリンク


鮮度チェックが不十分

基本的には毎日必ず鮮度のチェックを行うことになっています。
賞味期限だけを見ればいいグロッサリーの商品と違い、隅々までの目視はもちろん、直接1個1個触れて確認をしなければなりません。
特に葉物類は、見た目が綺麗でも、手に持った時の感覚で傷んできているのがわかります。
※新鮮な葉物はずっしり重量感があり、傷んでいるものは軽く感じます。※
※何故なら、しなびてきてしまっているため、重量がなくなっていくためです。※

直接触れて確認をしなければならないため、鮮度チェックには時間がかかります。
人手不足を理由に、この鮮度チェックに十分な時間をかけず、傷んでいるのにも気づかないということがあります。

本来なら絶対あってはならない事態なのですが、うちの店では日常茶飯事です…(汗)

そもそも入荷した品が不良品

店側の管理不足だけではありません。
店に商品が到着し確認した時点で、既に傷んでいた(傷み始めていた)ということもあります。

この場合は、バイヤーの責任になるので、すぐにバイヤーに連絡をします。
担当者によっては連絡せずに、自己判断で多少傷んでいても使ってしまいます。
当然、傷んでる箇所を切り落とすなりの加工は加えますけどね。
それでも、元々傷んでいたものは、手直ししたところですぐに傷んできてしまいます。

市場の品質管理に問題がある場合も

しかし、何故店に不良品が届くのか…その原因は、市場にもあります。
市場側で、商品を各店に振り分けする作業が行われるのですが、その際に傷んでいる商品が選ばれることがあります。
箱の中身が見えないので故意ではないのでしょうけれど、市場での鮮度管理にも問題があるのだと予想されます。

新鮮な青果物を手に入れたいのなら、自分で農家から取り寄せるか、JAのような直売所で買うのがベストです。

品物による特性

品物によっては、一見綺麗に見えても中を切ったら傷んでいた…というものもあります。
主にりんご・じゃがいもなどといった、中を切らないとわからない品物になります。

中を切ったら黒ずんでいた、腐っていた、虫がいた(キャベツやレタスに多い)…。
このような場合は、過失の責任は誰にも問えません。
ですがこのような場合でも遠慮なく、購入した店に申しつけください。
連絡を下されば、不良品ということで返金もしくは交換という形で対応しますから。

商品の扱いが乱雑

綺麗な品物でも、扱いが悪ければ傷んでしまいます。
例えば品出しの際に、爪が当たって表面が傷ついてしまったり、落としてしまったり…。
このような場合は、できるだけ見切り品やおつとめ品ということで、お安く提供するようにしています。

商品を触りすぎると傷んでしまう

また店員だけの過失ではなく、お客様がべたべた商品を触って傷つけてしまったケースもあります。
このケースは傷みやすい桃やいちご、いちじくなど果実に多くなっています。
さらに、子供のいたずらによって傷ついてしまうこともあります。
いずれにせよ、お客様の行動は予測も監視もできないので、どうしようもありません。
※同一人物によるもので、故意だったりあまりに傷つける頻度が高ければ、注意することもあります。


上記のように、意外にも傷んでいる品物が出ている原因って多くあるんですよ。
店が努力しても、市場の管理が悪ければどうにもなりません。
ただ、しっかり権力を持ったバイヤーがついていれば、市場側に改善要請を行うことができます。
ですから、鮮度が悪い店は売場の担当者以上に、バイヤーの能力不足と言えるのではないかと思われます。

スポンサーリンク