青果コーナーの野菜・果物、どうして傷むの?-客の過失によるものも-

青果コーナーは店に入ってすぐの場所に作られています。

というのも、旬の食材を並べることによって、購買意欲を促す効果があるためです。

しかしいくら旬のものでも、傷んだ品物は必ず出てきてしまうのです。
これでは購買意欲が下がっちゃいますよね。

何故、青果物は傷んでしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

鮮度チェックが不十分

基本的には毎日必ず鮮度のチェックを行うことになっています。

賞味期限だけを見ればいいグロッサリーの商品と違い、青果物は細部に渡ってまで確認をしなければなりません。

特に葉物類は、見た目が綺麗でも傷んだり・鮮度が悪くなってしまっているものも多数あったりします。

そんな時には、目視だけでなく商品を直接手に取って鮮度を確認します。
新鮮な葉物はずっしり重量感があり、傷んでいるものは軽く感じるので鮮度がいいか悪いかすぐにわかります。
何故なら、鮮度が悪いものはしなびているため、重量がなく軽く感じるというわけです。

…と、以上のように 青果物は直接触れて確認をしなければならないため、鮮度チェックには時間がかかります。 

そして 人手不足などを理由に、鮮度チェックに十分な時間をかけられない・鮮度チェックを行わないということも あります。

これでは、当然ながら傷んだ商品がお客様の目に触れてしまうのも当然だといえるでしょう。

そもそも入荷した品が不良品

また、鮮度が悪い青果物が並んでいる背景には、店側の管理不足以外にもこんな理由が考えられます。

なんと 店に商品が到着し確認した時点で、既に傷んでいた(傷み始めていた)!ということも あるのです。

この場合は商品を仕入れたバイヤーの責任になるので、すぐにバイヤーに連絡をすることになります。
そして返品なり、傷んでいるものだけを処分して綺麗な物はそのまま使うなりの判断をバイヤーが下すことになります。

しかし 担当者によっては連絡せずに、自己判断で多少傷んでいても店に出すことも…。  当然、傷んでる箇所を切り落とすなりの加工は加えますけどね。

それでも元々傷んでいたものは、手直ししたところですぐに傷んできてしまいます。

市場の品質管理に問題がある場合も

では一体、何故店に不良品が届くのか…その原因は、市場側にあります。

 市場側で商品を各店に振り分けする作業が行われるのですが、その際に傷んでいる商品が選ばれることがあります。  箱の中身が見えないので故意ではないのでしょうけれど、市場での鮮度管理にも問題があるのだと予想されます。

またパック詰めや袋詰めになっているようなものは、市場の卸売業者が作業している場合が一部あります。

あまり大きな声では言えませんが、そのような単純作業は賃金が安い外国人や障害者にやらせていることもあるそうです。
外国人や障害者を差別するわけではありませんが、どうやら 不良品を仕分けられず、そのまま商品化してしまうことがある ようです。

もちろん健常者でも目利きが甘い人はいますから、一概には言えませんが…。

卸売市場の商品は常に新鮮だと思っていた方も多いかと思いますが、内部事情を見るといろいろあるみたいですよ。

新鮮な青果物を手に入れたいのなら、自分で農家から取り寄せるか、JAのような直売所で買うのがベストだといえるでしょう。

品物による特性

 品物によっては、一見綺麗に見えても中を切ったら傷んでいた…というものも あります。
主にりんご・じゃがいもなどといった、中を切らないとわからない品物になります。

具体的な傷み具合としては、中を切ったら黒ずんでいた・腐っていた・虫がいた(キャベツやレタスに多い)などが挙げられます。

このような場合、過失の責任は誰にも問えません。

何故なら、 中が傷んでいるということは誰にもわからない からです。
みかんなど果物は光センサーで選別しているものもありますが、それでも不良品は出てくるものです。
出荷時の検品では問題なくとも、輸送中に傷んでしまうこともありますからね。

商品の扱いが乱雑

また、 綺麗な品物でも扱いが悪ければ傷んでしまいます。 

例えば品出しの際に、爪が当たって表面が傷ついてしまったり、落としてしまったり…。
(身だしなみで爪を短く切るように言われているのは、このような過失を未然に防ぐためでもあります)

また、忙しい時に品物を適当に投げつけるように扱ってしまい、知らずのうちに商品が傷んでしまっていることもあります。
 青果物は少しの衝撃でもすぐに傷みとなってしまう ので、基本的に丁寧に品出しをしなければならないのですが…汗

このように従業員の過失によって傷んだ商品は、見切り品やおつとめ品としてお安く提供するようにしています。

商品を触りすぎると傷んでしまう

また店員だけの過失に限らず、 お客様がべたべた商品を触って傷つけてしまったケースも あります。

商品を1つずつ手に取って確認してから買う、という方は少なくないでしょう。
自分の手で触って鮮度をチェックしたい気持ちはわかりますが、それは他のお客様も同じです。

むやみに様々な商品に触れられると、 爪痕や指先の圧力によって、商品の劣化が早くなってしまいます。 

不特定多数の人間が同じ商品を触ると、相当な負荷が商品にかかってしまうのです。

特に傷みやすい桃やいちご、いちじくなどの果実で多く散見されています。

さらに、 子供のいたずらによって傷ついてしまうことも あります。

いずれにせよ、お客様の行動は予測も監視もできないので、店側は対策する術がありません。
(但し同一人物が故意に商品を傷つけていることが判明した場合、注意することもあります)

上記のように、意外にも傷んでいる品物が出ている原因って多くあるんですよ。

いくら店側が鮮度管理や商品の扱いを丁重にしていても、お客様の行動や市場側の管理が悪ければどうにもなりません。

お客様についてはともかく、市場側の管理は権力を持ったバイヤーがいれば、改善要請を出してもらうことができます。

つまり、バイヤーから市場側に「うちの会社には良質な商品を回すようにしてほしい」と根回しするわけなんですね。

ところが市場側も相手を見て要請をのめるか判断しますから、力のないバイヤーが言ったところで効果はほとんどありません。

ですから鮮度が悪い店は売場の担当者はもとより、バイヤーの能力不足も原因であるのではないかと思われます。

スポンサーリンク