スーパーの売場・陳列が変わる理由とは?-お客様の興味を惹く-

皆さんはスーパーの売場が変わっていて、どこに何があるのかわからなくなった!という経験をしたことはないでしょうか。
お客様からすると、目当ての商品を探すにも一苦労しますし、売場を変える必要性というのがいまいちわからないかもしれません。

そんなお客様をよそにわざわざ売場や陳列を変える、その理由とは一体何なのでしょうか。

スポンサーリンク

トレンド感を出すため

流行りの服や音楽が存在するように、スーパーの売り場にも”今時の売場”というものが存在しています。
”今時の売場”というのは、わかりやすくいえばその時代の最先端の売場ということです。
では、どんなのが今時の売場なのか?というのは様々なスーパーを見回ってみると、何となくわかってくるかと思います。

そんな今時の売場とちょっと古臭い造りの売場(ちょっとダサいというか、昔のスーパー!!って感じがする)は、結構はっきりと違いが見て取れるものなんです。

昔のスーパーを感じさせる売場というのは、什器も古い物を使用していたり、商品の配置もいまいちパッとしないような売場が該当します。
対して今時の新しい売場は、おしゃれな什器や飾りつけで売場を彩り、話題の商品はいち早く取り
扱ったりなど、最先端のトレンドを詰め込んだ売場となっています。

意外とお客様は売場の第一印象を重視しており、嗜好が凝らされた今時の売場である方が購買意欲も上がっていくのです。

ちなみに競合店調査の際も、他社の売場はどのように作られているのか?という項目は必ずチェックしています。
そして、いいなと感じた部分をアレンジしながら取り入れ、オリジナリティあふれる売場へと進化させていっているのです。

売り込みたい商品・売場をアピールするため

上記と若干被ってしまう部分もあるかもしれませんが、スーパーの売場は、年中同じであることはまずありません。
部門の担当者やバイヤーが不定期に売場のレイアウトを変更しているのです。

売上を競う、売上コンテスト

ちょっと話はズレますが、様々なスーパーで随時売上コンテストなるものが開催されています。
これは特定の商品をターゲットにし、その商品の売上を各店で競い合う、という趣旨のイベントです。
お客様向けのイベントではないので、傍目からはコンテスト開催中とはわからないようになっています。

しかし、よくよく見ると「なぜこんな商品がこんな場所に?」といった感じで目立つように置かれていることに気づくと思います。
そのような商品は概してコンテストの対象商品だったりします。
当然、その商品の売上が欲しいのですから、とかくお客様に手に取ってもらえるようにアピールしなければなりません。
そのため、担当者やバイヤーが商品をどこに配置するのか一生懸命考え、売場を変更していくのです。

そして売場のレイアウトを変えながら、商品の動向をチェックしていき、最善の売場に近づけていくのです。
実際、ある場所にしばらく置いていても全然売れなかったのに、少し場所を変えてみたら売れるようになったという事象がしばしば起こっています。

より印象的な売場を目指す、売場作りコンテスト

また売上はもとより、売場自体にフォーカスを当てた売場作りコンテストというイベントも随時行われています。

こちらは売上よりも、いかにお客様の目を惹きつけられる売場なのか?ということが重要視されるコンテストです。
そのため、見た目の美しさ・インパクトに重点を置いた売場を作ることが求められます。

売場のイメージチェンジを図るため

売場の変更はたいがい、何かしらの理由があるのですが、特に重大な理由がなくとも変更されることもあります。

お客様…というより人間は、常に新しいものに興味を惹かれる生き物です。
そのため売場に変化があると、予定がないものでもついつい見てしまう、手に取ってしまうのです。
このことは、皆さんも経験あるかもしれませんね。

不定期に売場を変えて、イメージチェンジをすることで、お客様に飽きられないような店にしているというわけなんです。
売場を少し変えただけで「リニューアルオープン」と謳う店が多く存在するのも、こういった理由かと私は思っています。

根底にあるのは興味を惹かせるため

いずれの理由にせよ、共通しているのは”お客様の興味を惹き付ける”という意図が隠されているということです。
売場に興味を持ってもらわなければ、商品は見てもらえませんから、売場の変更は非常に重要な作業といえるでしょう。

さらに、売場を変えるとついで買いの増加も見込めます。

皆さんは売場が変わると、欲しい商品がどこに置いてあるかまず探しますよね。
そして探しているうちに、本来見る予定のなかった場所もついでに見る…という行動パターンになっているのではないでしょうか。

某ディスカウントショップのような、迷路のような通路に所狭しと置かれた商品といった売場は、まさに衝動買いを狙って作られた売場といえるでしょう。
まぁこれは、売場の変更とはちょっと関係のない話になるので割愛しますが…。

以上で売場を変えることの必要性は、わかってもらえたかと思います。

しかし、必ずしも売場を変えることがお客様にとってはいいこととはいえません。
せっかく覚えた商品の位置を変えられると、また探さなければなりませんし、買う予定のなかったものまで買ってしまった!ということもあります。

そのため頻繁に売場を変えているところは、お客様目線での考えができていない店なのではないかと思います。
せいぜい、季節が変わるごとに1回くらいが許容範囲でしょう。

ちなみに青果部門は、季節感を前面に押し出す売り込み方をしなければならないので、必然的に他部門よりも売場の変更は多くなります。
逆に青果部門で旬のものが目立つ場所に並んでいない店は、バイヤーや担当者のやる気が感じられません。

こういった目線からも、店を選ぶ1つの判断材料にしてみてもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク