スーパーは何故、人手不足になるの?-その理由とは-

多くのスーパーは、人手不足に悩まされています。
人手不足に陥ると勤務時間が増やされたり、自由に休みを取れなくなったりという弊害が起こるようになります。
そのせいでさらに人手不足に陥るという、負の連鎖が続いてしまうことも。

果たして、人手不足になってしまう理由とは…?

スポンサーリンク


勤務条件が合わない

まず、働くうえで最も重要な勤務条件についてです。
条件が合わないところでは初めから働こうとは思いませんよね。

土日祝日が休みにくい

家族と離れている独身の方や、がっつり稼ぎたいフリーターならともかく、
家庭や学業がある主婦や学生にとって、土日祝日が休みにくいとなると、働く上での大きなネックとなってしまいます。
何故なら主婦の場合は、生活の軸が自分よりも旦那と子どもに置かれるためです。
旦那の会社・子どもの学校が休みになる土日祝日は、家にいる旦那・子どものために食事を用意したり、
子どもの部活の送迎なども行わなければなりません。
学生も時間を気にせず友達や恋人と遊んだり、部活やサークル活動を行ったりと、土日祝日に予定が詰まっていることがしばしばあります。

そのため、土日祝日の出勤を避けたい主婦や学生(特に主婦)にとって、
スーパーでのバイトは希望の勤務条件を満たさないため、避けられる傾向にあります。
店側も日曜や祝日は時給アップなどの対策を講じているのですが…。

早朝からの勤務を求められる

こちらも上記と同じく、主婦や学生にとって難しい勤務条件となっています。

まず多くの主婦は旦那や子どもが出勤・通学してからでないと、家を空けられません。
しかし、スーパーでの仕事の多くは早朝に集中しています。
何故かというと、荷物の搬入が早朝6~7時頃に行われるためです。
搬入された荷物をすぐに売場に並べていかなければ、開店に間に合いません。

そのため早朝6~7時頃、遅くとも8時頃までには出勤できる人間をスーパーは求めているのですが、
早朝から家を空けることができる主婦の数は限られています。

では学生はどうなのかといいますと、
高校生はまず無理ですし、大学生も単位の取得具合によっては朝から通学しなければなりません。

つまりスーパーで働く主な層である主婦や学生のうち、早朝勤務が可能な人間は限られているため
人手不足となるのです。

スポンサーリンク

スーパーで働くことに対する印象がよくない

実際働いてみたら、心配するほどでもなかった…という人も多いのですが、
やはり楽しく働ける環境なのかは、重視したいポイントです。

人間関係が難しそう

スーパーで働く人間の大多数を主婦が占めているため、人間関係が難しそうだと思われています。
具体的には、お局さんと上手くやっていけるのかどうか、新人はいじめられるのではないか、などという不安を感じる人が多くなっています。

というのも、女性が多数集まる場所では必然とグループができあがるからです。
何故なら、女性は会話する能力や誰かに共感する感情が発達しているため、常に誰かとコミュニケーションを図ろうとするからです。

しかしみんながみんな仲良くなるのかというと、そういうわけではありません。
やはり相性が合う合わないもありますし、お局さんが幅を利かせていたりするため、派閥やいじめもあります。
そんな主婦たちの中で、上手くやりあっていくことは至難の業です。
いくら「アットホームな職場です」「優しい先輩が丁寧に指導します」などと書いてあっても信用してはいけません。
むしろ「そのような文言を載せているところほど、怪しい」とまで巷では言われてしまっているのです。

上記の様々な要因が相まって、
「スーパー=主婦が多い=人間関係が難しそう=働きたくない」というイメージが一般的になってしまい、
人手不足の理由の一因となってしまっているのです。

ダサい・雰囲気が悪いイメージ

何度も繰り返しますが、スーパーで働く人たちの大多数は主婦で占められています。
若者の中には短絡的に主婦=おばさんと考え、「おばさんばかりのスーパーで働くなんてダサい」と思っている人も少なくありません。

また、ドラマなどでも度々”スーパーで働く主婦”が登場することがありますよね。
しかし、そんなフィクションの世界でもいじめや万引きなど、あまりいいイメージが持てないシーンが多く出てきたりしています。
このことが、間接的にではありますが「スーパーで働くことへのイメージ」を悪くしている気がします。

待遇がよくない

お金を稼ぐことだけに重点を置いている人にとって、待遇の良し悪しは1番重視する項目です。

接客業の中では他の業種に比べて時給が低い

スーパーの職種はは小売業であるとともに、接客業にも分類されています。
他の接客業、例えば飲食やアパレルなどに比べると、残念ながらスーパーは時給が低い傾向となっています。
その傾向は都会よりも主に地方で大きく、私の住む地方都市では平均してスーパーが時給800円~に対し、
飲食・アパレルは時給900円~と、なんと100円もの差が発生しているのです。
時給が100円違えば、1か月の差は1万以上にもなりますから、これは大きいですよね!

仕事の好き嫌いは別として単純にどちらを選ぶかなら、当然時給が高い方を普通は選びますから、
あえて時給の低いスーパーを選ぶ人は少なくなります。
スーパーで働く人の割合としてフリーターが少ないのも、この時給の低さに原因があります。
しっかり稼ぎたいフリーターにとって、時給の低さ=給与の少なさは死活問題なのです。

まかないなど食事補助がない

こちらもフリーター、さらに学生から遠慮される理由の一つになります。

働きながらも食事がタダもしくは安価で取れるまかないなどの食事補助は、
主に1人暮らしの男性にとってはバイトを選ぶうえでの重要なポイントになっています。
何故なら、1人暮らしだと自炊するよりも食事補助を利用した方が食費が安くなるからです。

スーパーには、飲食店であるようなまかないや食事補助はありません
社員食堂が付随していて、バイトでも利用可能な店もあるようですが、そのようなケースはまれです。
普通は自分で弁当を用意して持参するか、店内の弁当やパンを購入するか、はたまた外食するかのいずれかになります。
店内で購入するにしても、割引などの優待はありませんから、毎日食事を購入するとなるとかなりの金額になってしまいます。
お弁当を持ってこれるのなら、また少し事情は変わりますが、なかなか難しい話かと思います。

少しでも稼いだお金を消費したくないと考えている人は、食事補助付きのバイトを探しますから、
食事補助がついていないスーパーは、選択肢に入ることもありません。


スーパーが人手不足である原因は、こんなにも多岐に渡っているだなんて、
思いもしなかったのではないでしょうか。
もちろんスーパーで働くメリットもありますが、いかんせん働いてみないとわからないものです。
個人的には少しでもスーパーで働くことに興味を持ってもらえれば、とても嬉しく思います。

スポンサーリンク