スーパーのバイト、シフトを入れてもらえない理由は?-意外な理由も-

せっかく稼ぎたくてバイトを始めたのに、思ったよりシフトに入れてもらえてない…。
そんな経験が誰しもあるかと思います。

希望をしているのにシフトに入れないのには、ちゃんとした理由があります。
その理由とは、一体…?

スポンサーリンク


人手が多い

単純に、希望する時間帯や曜日に人手が多く集まっているケースです。
「人手が多いのはいいことなんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、それは大間違いなのです。

人件費には予算が組まれている

どんな店でも店全体、さらに細かい区分で言うと部門ごとに、売上や店の規模に合わせた人件費の予算を設定しています。
例を挙げると、小型店Aの青果部門は1日の売上20万・人件費の予算は2万。
大型店Bの青果部門は1日の売上100万・人件費の予算は10万、などという具合になります。
当然、売上が高い店は人件費も多く取れますし、その逆もまたしかり

ですからいくら人手が増えたとしても、人件費2万でいいところに、人件費3万を使うことはできません。

時間帯による適正人数も関係する

例えば、部門の人数が4人で忙しい早朝からお昼までの午前中は3人欲しいけれど、昼からは1人で十分といった場合、
当然昼からの枠に入ることは難しくなります。
4人で1つの椅子を取り合うことと同じなのですから。
誰も午後からの希望者がいないとなれば別ですが…。

逆に、誰も勤務を希望していな時間帯や曜日は狙い目

つまりまとめると、自分が出勤を希望する時間帯や曜日に、同じく勤務を希望する人間が多数いる場合、
その時間帯や曜日のシフトに入ることができる人間は限られてくる、ということです。
逆に考えると、他の人たちが出られない時間帯や曜日を希望すれば、すんなりシフトに入れてもらえます。
フリーターなど時間に余裕のある方は、この手を使ってがんがんシフトに入っちゃいましょう!

能力不足

まだ仕事を任せられるレベルに達していないと、チーフやシフト作成者が判断した場合、
シフトにあまり入れてもらえない可能性があります。

余裕がある日でなければ、フォローができない

何故なら1人前の仕事ができないのですから、周りの人たちがフォローしてあげる必要が出てくるからです。
他の人をフォローするということは、そうそう簡単なことではありません。
特に店が忙しい時は自分の仕事で手いっぱいになり、周りに気を配る余裕はなくなります。
余裕のない中では、教える側はどうしても普段よりも冷たい態度を取ってしまいがちです。
そんな状況では、教える方も教えられる方も精神的にキツくなってしまいます。

以上のことを踏まえると、新人や半人前バイトのシフトは
「店が暇だと予想される日で、いつも以上に人手に余裕がある日」
に入れることが多くなる傾向にあります。
この条件を満たす日が少なければ、当然シフトに入る日数も少なくなってしまいます。

こればかりは、早く仕事を覚えてシフトに入れてもらえるように頑張るしかありません。

特定の人物から嫌われている

同じ部門内の誰かが「あの人とは一緒のシフトにしないでほしい」と、チーフやシフト作成者に申し出ている可能性があります。
シフトを見て特定の人物との勤務がほとんど、あるいは全く被っていないのならば、ほぼクロです。
誰かと喧嘩をしたなどの心当たりはありませんか?
また、自分では気づいていなくとも、一方的に嫌悪感を抱かれてしまった場合にも起こりうる事例です。

こういった場合、なかなか周囲は正直な話をしてくれません。
ですから、自らチーフやシフト作成者にシフトを入れてくれない理由を聞いてみるのが一番です。
その話の中で、実はこのような申し出があって…と教えてくれるかもしれません。
理由を知ってからどうするかは、自分次第です。
ここでシフトを入れてもらえないと困る!というのなら、更に踏み込んだ話をチーフたちとするべきですし、
辞めて別のバイトを探す方が早いと思うのならそれまでです。

シフト作成者によるえこひいき

あってはならないことですが、シフト作成者が自分のお気に入りの人を優遇するということもありえます。
特定の個人の希望を第一にシフトを作成してしまうと、その他の人たちのシフトが減らされていたり、
希望の時間帯などにそぐわなかったりと、大きな影響が出てしまうことも。

しかし、ひいきされたシフトという確証もありませんから、当人たちに文句を言うに言えず…。
我慢するか、納得できないなら辞めるか…どちらかの選択をしなければなりません。

ひいきをしている人物とされている人物はすぐわかる

私自身も体験したのですが、ひいきをしている人物とされている人物は、
ずっと様子を見ていたらすぐにわかるようになります。
普段から仲がよさそうというのは当然として、
他の人には注意する事柄でも、その人には言わないようであれば、あからさまなえこひいきといえます。

それだけでも腹立たしいのですが、やはりシフトもその人の希望を優先していました。
その人物は、基本的に午前中勤務メインで午後からの時間帯に入ることはほとんどありませんでした。
そのため、いつも午前中のシフトは特定の人物で固められていて、
私やその他一部の人たちは人手が足りない日は午前中、足りている日は午後からの出勤という、
かなり変則的なシフトを強いられていたのです。
午前出勤と午後出勤の日では、生活のリズムが大きく異なり、ストレスが溜まっていきました。
「なんであの人には言わないのに、私たちには言ってくるの?不公平じゃない!」
そんな不満を密かに抱いていましたが、その人たちも諸事情で店を辞め、
私も部門を異動したため、今では全く関係が無くなりせいせいしています。


ここまで、シフトを入れてもらえない際に考えられる理由を述べてきました。
理由がわかったところで、その後の行動は店を辞める・文句を言う・我慢する・部門異動してみる、このいずれかになります。
私個人としては今やっている仕事内容が合わないなら、いっそのこと辞めるor部門異動がいいのかなと思いますね。
ただ、辞めるにしろ部門を異動するにしろ、新しい仕事を覚えるのは大変なので、今一度よく考えてから行動に移しましょう。

スポンサーリンク