スーパーの人事異動、理由や時期は?-各人によって異なる-

スーパーなど小売業は人事異動が他業種に比べて多いことで知られています。
尊敬する先輩社員や、気になる人が異動してしまって悲しい思いをした人もいるのではないでしょうか。

ところで何故、そしていつ人事異動が行われるのか疑問に感じませんか?
人事異動の理由や時期について、お教えしましょう。

スポンサーリンク


人事異動が行われる時期

人事異動は、正直いつ行われてもおかしくありません

というのも人事異動を行うには、異動させなければならないそれ相応の理由が存在するからです。
その理由については下記で説明していますが、理由によっては、先日異動してきたばかりの人物がまたすぐに異動となることもあります。

すぐ異動する人がいる一方、ずっと異動がかからない人もいます。
この差は個人によって異なり、どうしても異動の経験が多い人と少ない人との開きが出てきてしまいます。

とはいえ、人事異動が行われやすい時期というのはあります。
それは、春先(2~4月頃)です。

企業が新年度を迎えると、新入社員が入ってきます。
その新入社員の配属を人事部はまず考えるのですが、その際に既存の人物の人事異動も行われることが多くなっています。

人事異動を行う理由

肝心の人事異動を行う理由についてですが、様々な理由が考えられます。

退職や昇格・降格などによる人員欠員の補充のため

1番可能性が高いのは、退職する人間がいて人員が欠員したり、昇進や降格によって人員が欠員することによる人員補充のためという理由です。
”昇進や降格によって人員が欠員する”とはどういうこと?と思った方のために、説明をします。

例えばA店の店長がめでたくSVに昇格したとします。
SVに昇格すると本部の所属になりますから、A店を離れなければなりませんし、また店長職の人間が不在となってしまいます。
店長がいない店というのは、店として成り立たないため、A店に新しい店長を入れなければなりません。
そのためには、別の店の人間をA店の店長として異動させる必要があります。
仮にB店の店長がA店の店長として異動となった場合、今度はB店の店長となる人物をどこかから異動させてくる必要があります。

また新店舗を開店するとなった場合、どうしても人員が必要となるため異動が行われます。
この場合は、既存の店から引き抜かれる一方で人員補充はよほど大きな店でなければ行われません(行いたいけれど人手が足りない)

このようにどこかの店から人間を抜いた場合、その抜けた穴を埋めるためにまた別の店の人間が引き抜かれるケースが多々あります。
かといって、延々と穴埋めのための異動をさせるわけではありません。
スーパーは人手不足な業界のため、どこかで妥協しなければならないのです。
ですから、店によっては補充の人員が与えられなかった…ということもあります。

対人関係のトラブルによるもの

また不倫やセクハラを行った人物に対する処置、特定の人物との対立による関係悪化の処置として、どちらか一方を離れさせる人事異動も行われます。
どちらのケースも今後の関わりを持たせないよう、ある程度人事部が同じ店にならないように考慮してくれます。

様々な職位や店舗・部門を経験させるキャリアUPのため

この場合は、特別な理由はなくとも名目上は「キャリアUPのためにいろいろ経験させる」ということで異動が行われます。
確かに幹部になるためには、多くの経験が必要となりますから、ある意味将来を期待されての異動ともいえるでしょう。

しかし”経験のない部門に異動になった””いきなりチーフ職をやることになった”などといった事例もあります。
事前の予備知識もなく、いきなり仕事内容が変わったり増えたりすることは、とても大きな負担となりますよね。

異動を断る人もいる

そのため、命じられた異動を断る方もなかにはいます。
いくら会社命令とはいえ、嫌がる人間を無理矢理従わせるわけにはいきません。

しかし断ったことで今後の昇進の見込みがなくなったり、給与額が下がったりといった処遇を受ける可能性もあります。
介護など特別の理由がない限り、会社命令を断って、すんなり会社側が受け入れるということはないからです。

会社の命令を断るのならば、それなりの覚悟が必要となります。

ちなみに私の勤める会社では、店長職への昇格を断っている副店長職の男性が2人いました。
どちらも妻子持ちで、片方は奥さんが「これ以上あなたの負担が増えると、家庭での時間が取れなくなって困る」などと反対したらしいです。
もう片方の理由はわかりませんが、奥さんの我が強いみたいなので恐らく同じような理由かなあと思います。

この2人のように、奥さん(に限らず身内)の意見を聞いたうえで断ったという方もなかにはいるかもしれませんね。

自ら異動を申し出る人も

また会社命令ではなく、自ら異動を申し出ることによって異動が行われるケースもあります。
主な理由は2つ挙げられます。

1つは副店長以上の職位に就いている人に多く見られるのですが、精神的・肉体的疲労によって、これ以上職務を全うできなくなったため、職位を降りたいという申し出によるものとなります。
この場合人手不足の会社側とすれば、「辞められるよりマシだ」ということで、案外すんなり申し出を受け入れてもらえることが多いようです。

もう1つは対人関係のトラブルによって、特定の人物と同じ店で仕事をすることが耐えられない、店を変えてほしいという申し出によるものです。
私の会社ではこんな理由でもすぐに異動願を聞いてもらえますが、厳しいところだと異動の理由として認められないかもしれません。

何故、短期間で異動させられるのか

せっかく店(仕事)に慣れたのに、また異動?!ということも多い、スーパー業界。
早い人では数か月、長くとも4~5年という短いスパンで異動になってしまいます。

緊急を要する理由のため

赴任数か月での異動は、急に退職者が出たなどといった緊急を要する理由で行われることが多くなっています。
(異動する側も受け入れる側も、たった数か月での異動は、正直会社に振り回されて疲れます…)
しかしそうでなければ、上述のようにキャリアUPのために経験させるためという理由もさることながら、もう1つ理由があるのです。

同じ店に長く勤めさせないため

それは、同じ店に長く勤めることはよろしくないと会社側が考えているからです。
異動した直後は忙しく適度な緊張感がありますが、長くいることによって緊張感が薄れ、仕事に対しての姿勢が適当になったり、最悪不正行為が行われる可能性があります。

そのため、あえて「慣れてきたかな?」というところで異動させてしまうのです。
あくまで同じ店で長居し続けないことを考えた異動なので、また同じ店に戻ってくることもあります。


以上のように人事異動は、バイトやパートには知られざる相当な理由の元で行われているのです。

もし好きな人が異動で栄転することになったら、喜んで背中を押して見送ってあげましょう。
万が一降格だった場合でも、できる限りマイナス面を言わずに(例えば「今までよく頑張ったと思うよ!お疲れ様」などと)労ってあげましょう。

スポンサーリンク