友達と一緒にバイトに応募!注意点は?-一緒のシフトとは限らない-

圧倒的に主婦が多い、スーパーのバイト。
知らない人たちばかりの中に入っていくのは、年の差もあってただでさえ不安ですよね。

そんなときは、友達同士で応募してみましょう。

友達と一緒だと、なんだかバイトも楽しくなりますし、やる気も出てきますよね。

スポンサーリンク


友達同士のバイトが歓迎かは店による

そもそも友達と一緒にバイトすることを店側がどう思うのか、大丈夫なのかと心配な方もいるかもしれませんね。

正直、友達同士のバイトは禁止だなんて堂々と明記しているところはありません。

ですから、実際のところどうなのかは店側の人間にしかわかりません。

一方で求人誌などで 「友達同士の応募歓迎」と書いてあるところもありますから、そのようなところなら安心 できるのではないかと思います。

余談ですがうちの店では大歓迎ですけどね、人手不足の時には「誰か友達にうちの店でバイトできないか聞いてみてよ~」だなんて普通に店長が言ってたりしますから笑
そして、紹介すると謝礼まで出してくれるというね、至れり尽くせりですよ。

…とまぁ、そんな店もあるということで。

不安なら、友達同士と言うことを隠して別々に応募しよう

もし、「友達同士って理由で不採用になったらどうしよう」と心配ならば、応募の際は他人を装いましょう。

つまり 友達ということが採用前に知られなければいい のです。

採用さえされればこちらのものですし、友達同士だからという理由でクビにすることはできませんから。

いつも一緒な勤務になるとは限らない

しかし!無事に採用が決まっても、まだ安心はできません。

 同じ部門・同じ時間帯の勤務になるかどうかはわからない からです。

私の場合は、前述の友達とは部門も時間帯も違っていました。
ですが、顔を全く合わせないということもなかったため、店内で会えば一言二言会話したり、たま~に退勤時間が一緒になった日は一緒に帰ったりもできました。

もし 時間帯等が違ってしまっても、プライベートでいろいろバイトに関する話ができる ので、ストレス発散になりますよ。
バイトに関する話って、同じバイト先の人にしか共感してもらえないんですよね。

同じ店で働いていれば「○○さんがさぁ~」「そうなんだ!あの人が?!」というような会話で盛り上がること間違いなし!

はしゃぎすぎはNG!節度をわきまえて

一つ注意しなければならないのは、 友達同士だからといってはしゃいだり、一緒にサボったりしていてはダメ ですよ。
その様子を見られてしまうと「やっぱり友達同士の採用はできないな」と店側から思われてしまいます。

そのうえ、二人が顔を合わせないように時間帯や部門を変更されてしまったり、今後その店で友達同士の応募がNGになったりする可能性もあります。

 一緒にバイトを続けたいなら、お互いにはしゃぎすぎないよう自重しましょう ね。

友達と一緒に辞めるのは、避けよう

友達と始めたバイトは、とっても楽しく続けられるものです。

しかし、その友達がバイトを辞めるとなった時、あなたはどうしますか?
「じゃ、私も一緒に辞める~!」だなんて思った方もいるでしょう。

正当な理由があって、辞めるのならば何ら問題はありませんが…
もし、辞める理由が「1人でバイトを続けられないから」というのであれば、最初から友達とバイトしない方がいいです。

実は 店側が友達との応募に否定的になる理由の1つとして、「一緒にバイトを辞めてしまうから」 という点もあるのです。

ですから、せっかく友達と一緒にバイトをすることができているのに、一緒に辞めてしまうと、今後その店では友達同士のバイトがNGになってしまいかねません。

それだけではありません。

急に2人の人材が抜けてしまうということは、その穴埋めも2人分必要になるということです。
1人抜けるだけでも大変なのに、2人も同時に辞められるなんてたまったもんじゃありません。

早い話が 自分たちはよくとも、他の人からすればいい迷惑 なのです。

どうしても1人でバイトを続けられないのであれば、辞めるタイミングを少しずらすなど、極力「友達が辞めたから、自分も辞める」ということを察されないようにするといいですよ。

最後はちょっと厳しめの文になってしまいましたが…。

ちなみに私が友達とバイトしていて一番楽しかったのは、共通の話題が増えたということでした。

特に、バイトの愚痴はしょっちゅう言い合ってましたね笑

ちょっと嫌なことがあっても、お互いに愚痴を言い合ってすっきりして、「よし!また頑張っていこう!」みたいな感じでモチベーションを維持していました。

友達はとっくに辞めてしまっていますが、私は何とか続いています笑

スポンサーリンク