中学生の職場体験…一体、何をするの?-主に品出しがメイン-

中学生の学習の一環として、職場体験なるものが導入されています。

皆さんも経験したことがあったり、職場体験中の中学生を見かけたことがあると言う方もいるかと思います。

そんな職場体験の場としてスーパーが選ばれることもあるのですが、一体どんな作業をさせるのかをここでは紹介します。

スポンサーリンク

様々な業務の体験

主に体験してもらう作業として、 食品などの品出しや前出し・賞味期限チェック が挙げられます。

これらの作業は学生バイトにも任せることが多く、スーパーで行われる作業の中では初歩的な作業だといえます。

また、青果や惣菜といった生鮮部門にも入ってもらって、製造の手伝いをしてもらうこともあります。

 袋詰めやパック詰めといった安全かつ簡単な作業 をしてもらい、現場の雰囲気を味わってもらいます。

逆に言うと 危険な作業はさせられない ので、精肉や鮮魚といった刃物を使ったり技術が必要な部門に行かせることはありません。

何故かというと、万が一けがをさせてしまった場合、店側の責任問題に関わってくるためです。
同様に、金銭を扱うレジも中学生にさせることはありません。

その他 カゴやカートの清掃や、敷地内での草むしりなど雑用をさせることも あります。

上記の作業を中学生の授業と同じ、朝8時過ぎ~休憩を挟んで15時頃まで体験してもらうのです。

1日きりではなく、2~3日にわたって来てもらい、その日によって違うことをさせています。

体験を見ていて思ったこと…個人差が明白に!

私もこれまで、何十人と職場体験に来た中学生を見てきました。

様々な中学生と接して思ったのですが、やはり 1人1人の個人差が大きい なと思いました。

同じ作業をさせても、真面目に作業をこなす子もいれば、明らかにダルそうな感じで適当にしている子もいました。

まぁ、態度が悪かろうが別にいいのです。

職場”体験”なのですから、真面目にやってくれないと困るというわけでもないので。

ただ、そういう 真面目さとか礼儀正しさとか、器用さとか正直大人はこっそり評価している のですよ。
「○○中の子たちはみんな礼儀正しいわね~」とか「××中の☆☆さんは作業が早いし将来使えるわ」というような会話を、パートのおばちゃんたちはしているのです。

中には、「○○くんは態度悪い!どんな教育されてんだか…」なんて、中学生相手に文句を言うおばちゃんもいます笑

個人的には「相手は中学生だっつーの…大人げないなぁ」なんて思って聞いてますがね。

もちろん、パートのおばちゃん全員がこんな悪口を言っているわけではありません。

むしろそんなことを言っているのは、ごくわずかな人たちだけですので、誤解なきようお願いします。

ちなみに、職場体験は 中学校側が店に「職場体験させてください」と依頼して行われる ので、依頼があった複数の学校の生徒が来ることになっています。

だいたいはその中学校の校区内で、基本的には生徒たちが自分で通勤(?)できるような店に依頼をしていることが多いです。

うちの店では毎年、周辺の2~3校の生徒が職場体験として来ています。

もし、職場体験に行くことになったら…

このページをご覧になっている方の中に、職場体験でスーパーに行くことになった!という中学生の方もいるでしょう。

きっと「自分たちが行って、邪魔にならないかな?」「みんな優しくしてくれるのかな?」と、心の中は不安と心配が渦巻いていることでしょう。

でも、大丈夫です!

上記では「それぞれの中学生に評価をつけて、悪口を言うおばさんもいる」と書きましたが、そんな変な人はめったにいません。

大多数の大人たちは、あなたたちと同じで「どんな子が来るのかな?」「楽しんで体験してもらえるかな?」と、ドキドキしているのです!笑

あえてアドバイスをするのならば、 普通にあいさつをしっかりすること・わからないことがあればすぐに聞くこと を心がけましょう。

この2点に関しては、大人でもしっかりできない人はたくさんいるものです。

ですので、中学生たちが しっかりあいさつして、見知らぬ大人とコミュニケーションを取っている姿を見ると、それだけで関心もの なのです。

せっかくの貴重な体験ができる機会なのですから、緊張せず楽しんでくださいね。

いかがでしたか?

職場体験の裏側って、なかなか除く機会ないですよね!

特に、通常のオフィス企業に勤めてる人には、縁がない話なんじゃないかなと思います。
職場体験に選ばれる業種は、主に飲食店や小売店になるので…。

皆さんも、もし職場体験中の中学生を見かけたら、優しい目で見守ってあげて下さいね。

スポンサーリンク