キッズウィーク導入後、スーパーはどうなる?-負担増で迷惑?-

キッズウィークはプレミアムフライデーに続く、政府による新しい政策です。

世間では早くも賛否両論、どちらかと言えば否定派の意見が多く出てきています。

特にサービス業に従事されている多数の方が猛反対しているようですね。

そこで今回はスーパーに勤める従業員の一人として、キッズウィークの概要と実施されてからの見通しを述べていきます。

スポンサーリンク

子どもからも大人からも不評のキッズウィーク

まずキッズウィークそのものについて、わからない方のために説明をします。

 キッズウィークは小・中・高校生の夏休みを一部(約一週間分)短縮し、その分をどこか別の時期に割り振る、といった制度 になります。

短縮分の休みを割り当てる時期というのは、各地域が独自に決めるということになっています。

つまり年間での休日数はそのままですが、夏休みを早く終わらせ別の時期に一週間の休みを入れるというわけです。

しかしその恩恵を受けるはずの学生は、一週間も休みになることによって授業が遅れたり、部活動のスケジュールに影響が出ることを懸念しているようです。

この反応をみると、子どもたちの間では歓迎ムードではないことがうかがいしれますね。

一方大人たちの反応はというと…こちらでも厳しい意見が出ているようです。

プレミアムフライデーと同様、 サービス業に従事している人たちからは大ブーイング が起こっています。

キッズウィークが導入されたら、こんな弊害が?!

上記で述べたように、現在のところはキッズウィーク導入に対して不安視する声が多数あがっています。

スーパーで働く従業員たちにとっても、キッズウィークは他人事ではありません。

もしもキッズウィークが導入されたら、スーパーでは少なからず影響が出ると思われます。

主婦パートが同時に休んで人手不足に?

まず真っ先に考えられるのは、 スーパーで働いている多くの主婦が一斉に休みを取る可能性が高い 、ということです。

その理由はスーパーで働く主婦には、小中高生の子どもがいる割合が高いということに関係しています。

 キッズウィーク期間中は子どもが一週間も学校を休むことになるのですから、子どもの面倒をどうするかが問題 となります。

このことは子どもが小さければ小さいほど、深刻な問題となってきます。

学童に預けるなり祖父母が世話をしてくれればいいのですが、核家族や日ごろから学童を利用していない家庭は、預け先が見つからないということも…。

そして預け先がない場合、結局母親自身が面倒を見ることになります。

子持ちの主婦パート全員が休むということないでしょうけれど、どうしても面倒を見るために休まざるを得ないという方も出てくるでしょう。

 キッズウィーク中に休みを取る主婦が多ければ多いほど、人手不足でシフトが回らなくなってしまいます 

正社員はパートの穴埋め要員に…

ではパートではなく、正社員の立場だとどうでしょうか。

正社員の場合は、もともとパートやバイトたちが休んだところの穴埋めをしなければなりません。

つまり キッズウィークによって主婦パートが一斉に休んでしまうと、その穴埋めは当然正社員がする ことになります。

正社員でも子持ちの方は多くいるでしょうが、立場上どうしてもパートさんを優先させてあげなければならないのです。

ですから、 主婦パート以上に子持ち正社員のほうが辛い立場 なのではないかと思います。

自分も子どものために休みを取りたいと思ってはいるものの、実際はパートさんの希望を優先しなければならず、休みがなかなか取れないのですから…。

独身者と子どもがいない主婦が特に振り回される?!

結局キッズウィークで子どもが学校を休みになると、母親たちはその都合に合わせて休みを取ることになり、正社員が穴埋め要員になってしまうわけです。

しかし、 特に不遇なのは独身者と子どもがいない主婦 でしょう。

独身者と子なし主婦、どちらも子持ち主婦からは時間に融通が利いたり、急な予定の変更にも対応が容易に可能と思われている感が強くあります。

そのため 独身者や子なし主婦ばかりが、休んだ子持ち主婦の穴埋めを押しつけられる ということも考えられます。

子どもがいないというだけで自由で暇なように思われ、一部の子持ちの方は「子どもがいるんだから休むのは当然」と悪びれる様子もなく、平気で休んだりするのです。

子なしの立場からすると子どもという言葉を出されたら、それ以上もう何も言えなくなっちゃうんですよね。

結局 キッズウィーク自体が子どもがいない人たちにとっては、デメリットしかない といえるでしょう。

上記をまとめると、キッズウィークによって主婦たちが子どものために休む→シフトが回らない→他の人(主に子どもがいない人)の負担が増えるという流れになるのではないかと私は予測しています。

スーパーに限らず、サービス業ならどこもそんなふうになるかもしれませんね。

また子持ち主婦のなかには「稼ぎたいのに、変な時期に子どもが一週間も休みになるのは困る!」といった意見を持った人もいるようです。

自分は働きたくとも子どもの面倒を見る人がいなければ、自分が休んで面倒を見るしかありませんものね…。

独身者や子なし主婦からはもちろん、学生や子持ち主婦からもいい意見を聞かないキッズウィーク…はたしてどうなっていくのでしょうか。

スポンサーリンク

こちらの記事もお見逃しなく!