バイトを辞めたい!いつ誰にどうやって伝える?-早めに直接上司へ-

バイトを辞めると決めたはいいものの、いつ誰にどうやってこのことを伝えればいいのか迷っていませんか?

いい話ではないゆえに、なかなか人には簡単に言いにくいですよね。

ただ、だからこそバイトを辞める意思を伝える時期・相手・伝達する方法が重要になってくるのです。

どれかひとつの要素でも間違えてしまうと、店側に悪印象を与えかねません。

円満にバイトを辞めるためには、正しい手順を踏むことが大切なのです。


辞める意思を伝える時期

辞める意思を伝える時期を間違えると、すぐに辞められない可能性があります。

たとえば明日辞めたいと言ったところで、すんなり辞めることはなかなかできませんからね。

 基本的には辞める一ヶ月前、どんなに遅くとも2周間前までには伝えておくことが常識だとされています 

カレンダーとペン辞める時期を計算して、一ヶ月前には伝えよう

なぜそんなに前から伝えなければならないのかというと、店側が次の人員を確保するための猶予となるからです。

従業員が辞めると告知してから辞める日までの間に、店側は次の人員を探しておくわけです。

そのため 店側は、辞めることが決まったら一ヶ月前と言わず、半年前でも一年前でも早めに教えてほしいと思っています 

学生だと卒業や就活の時期は決まっていますから、一年前から少しずつ辞める雰囲気を出していてもいいかもしれませんね。

辞める意思を伝える相手

辞める意思が決まったら、とにかく早く伝えなければなりません。

ここで チーフに言うべきか、店長に言うべきか悩むところですが、先にチーフに言いましょう (チーフがいない場合は店長に言えばOKです)

どのみち店長に言わなきゃいけない話を、わざわざチーフに言わなければならない理由は、チーフが直属の上司となっているからです。

 まずは直属の上司であるチーフに伝えてから、チーフのほうから店長に伝えてもらう、というのが正しい伝達の流れになります 

なにより店長は店全体の責任者ではありますが、個々の仕事内容やシフトなどは把握していないものです。

新しい人員をどうするか、残りのシフトをどうするかなど、チーフにしかわからないこともたくさんあります。

このような理由もあるため、店長よりも先にチーフに話しておくべきなのです。

辞める意思を伝える手段

ソファで横になりながら電話する男性チーフや店長となかなか会えないなら電話でも可  辞めるという大切な話をするのですから、メールやLINEではなく直接面と向かって言いましょう 

もし チーフや店長にはなかなか会えないのであれば、電話で伝えるようにしましょう 

そのさいの電話は、店が暇な時間帯を狙ってかけるといいでしょう。

店が忙しいときに電話をすると、話を後回しにされたり、真摯に聞いてもらえなかったりする可能性が高いからです。

何度も同じ話をするのは店にとっても、自分にとっても手間がかかるだけですからね。


もう辞めるから、どう思われてもいいやと思うのではなく、辞めるからこそいい印象を残す必要があるのです。

どんなにいい人だと思われていても、辞め際に問題を起こしてしまうと、それまでの印象は一転して悪い人になってしまいます。

店側になるべく悪い印象を与えずに辞めるには、辞める意思を伝える時期や相手を間違えないようにしなければなりません。

これらを間違えてしまったゆえに心証が悪くなってしまい、わだかまりを残したまま辞めるはめになったという方も結構いるのですよ。

正しい手順を踏めば問題なく辞められますから、辞めること自体に負い目を感じる必要はありません。


こちらの記事もお見逃しなく!