相手のために…それ、親切の押しつけかも?-見返りを求める-

相手のことを思ってしたことが、かえって裏目に出てしまうということもあります。

こちらはあくまでも相手が喜ぶだろう、相手のためになるだろうという一心で行ったことなのに、どうして?と納得いきませんよね。

他人になにかを施してあげることは、もちろん素晴らしいことです。

ただ、問題は相手の気持ちを考えたうえで行動しているのか?という部分になります。

もしかすると喜んだふりをしているだけで、内心は迷惑しているかもしれませんよ。


良かれと思ってやっていることも、相手からすると迷惑に

自分が相手のためにと思ってやっていることも、相手からすると迷惑に受け止められていることがあります。

こちらからすれば、せっかく相手を思ってやったことなのにどうして?と困惑してしまうことでしょう。

それは 相手からすれば自分が頼んだわけでもないのに、一方的に行われたことであり、いわば親切心を押しつけられているように感じる からです。

またこちらが行った行為が、相手が望んでいることかどうかもわかりません。

相手からしてほしいと希望された場合は別ですが、そうでなければ自分が勝手に、相手が喜ぶだろうと思ってやっているだけということになります。

このように、 一方的な親切心は相手からは余計なおせっかいだと思われてしまいます 

なんでもかんでも、相手にしてあげれば喜んでくれるわけではないのです。

親切心も度が過ぎると、相手の負担になる

ただ相手側も、一方的な親切心を拒絶しにくいのです。

いっそのことはっきり迷惑だと言えばいいのでしょうけれど、なかなか言えないわけです。

面と向かって拒絶してしまえば、人間関係に亀裂が入ってしまいかねませんからね。

だからといって、その 親切心を受け続けるのは精神的な負担となってきます 

最初はありがたいと思っていたとしても、しだいに 相手の中で、自分もなにかしなければいけないと感じるようになってしまう のです。

それも当然で、人間は相手から施しを受けたら、お返しをしなければいけないと考える生き物なのです。

たとえばバレンタインデーにチョコをもらったのにお返しをしない男性は、ことごとく批判されていますよね。

この例からも、誰かにしてもらったにもかかわらず、何もお返しをしないのは失礼な人だと思われてしまいます。

誰しも自分が失礼な人だと思われたくありませんから、誰かになにかをしてもらった場合は、必ずお返しをすることになるのです。

つまり、 お返ししなければいけないことがが負担になるからこそ、一方的に施しを受けること自体が迷惑に感じる というわけです。

相手のためと言いながら、実際は見返りを求めている

相手のお返しがあろうがなかろうが、別に自分は気にしないという方もいるでしょう。

だからなぜ相手がそこまで負担に感じるかわからない、と思うかもしれませんね。

しかし悲しいことに、 人になにかをしてあげると見返りを求めてしまうもの なのです。

相手になにかをするということは、自分の時間だったりお金だったりを相手のために使っていることになります。

そのため相手が何もこちらにお返ししてくれない場合は、自分はこれだけお金や時間を使ってしてあげてるのに、と思うようになるのです。

特に 異性間で恋愛感情が絡んでいる場合は、その傾向が顕著 になります。

わかりやすい例として、キャバ嬢と男性客で考えてみます。

男性客は何度もお店に行く時間を作って、お店では高いお酒をおろして、プレゼントをあげて…と、一生懸命キャバ嬢のために尽くします。

最初はプレゼントをもらえてラッキー♪ぐらいにしか思わなかったキャバ嬢も、プレゼントの頻度が高くなったり、高価なものをもらうようになると、しだいに恐怖心が芽生えてくるのです。

そうして尽くすのも、キャバ嬢に対して個人的な恋愛感情があり、自分に好意を持ってもらいたいがためです。

いっぽうキャバ嬢はお仕事ですから、貢いでもらうことが当然と考えますし、男性客から好意を持たれても応えることはできません。

そのうち男性客は、率直に自分と恋愛関係を結ぶように迫ってきます。

そしてキャバ嬢がその気持ちに応えられないと知った途端に、今までやったプレゼントを返せ!お金を返せ!と言い始めるようになるのです。

これはつまり、キャバ嬢に恋愛関係を結んでもらうという見返りを求めて、尽くしていたということになります。

以上のケースは極端にわかりやすい例を出しましたが、一般の男女においても同様のことが起こります。

その結果関係がこじれてしまい、ストーカー事件など取り返しのつかないことになってしまったということも実際によくあります。

そんなことを防ぐためにも相手が困惑していたら、お互いのために関わり合いを持たないようにするのが、最善策だといえるでしょう。


自分は見返りを求めているつもりではなくとも、根底ではやはり見返りを求めてしまうものです。

相手がそのことを察知したとき、してもらって嬉しい気持ちも困惑へと変わってしまいます。

どこまでなら、相手が望むラインなのか?というのは、相手との距離感によっても変わってきます。

その距離感をうまくつかむのは、本当に難しいことなのです。

相手のためにいろいろしてあげたくなる気持ちはわかりますが、のちに自分がツラい思いをする可能性もあるため、よく考えたほうがいいでしょう。


こちらの記事もお見逃しなく!