雑誌コーナーを導入!ところが撤去?!-思ったほど売れない-

いまや雑誌コーナーはコンビニだけでなく、スーパーやドラッグストアにおいても展開されています。

それほどお客さまからの需要があるということになり、供給してあげることによって、お客さまの満足度を高めることにつながるのです。

というわけでうちの店でも雑誌コーナーを導入してみたのですが、短期間で撤去することになってしまいました。

一体なぜ撤去してしまったのでしょうか?

スポンサーリンク

雑誌コーナーを導入することになった理由

まず、雑誌コーナーを新規で導入することにした理由から述べてみたいと思います。

 一番の理由は、やはり売上の増加を狙って ということになりますね。

基本的に店が新規で取り組む事柄は、当然利益UPに繋がるだろうと考え行います。

お客様の利便性を向上させるため…という理由もなくはないのですが、建前上といっても過言ではありません。

 たとえ立ち読み目的での来店でも、ついでに何か購入していってくれる”ついで買い”をしてくれれば、店としては無問題 なのです。

あなたもコンビニでちょっとトイレを借りた際に、お礼の代わりとしてなにか一つ商品を購入したことがあるかと思いますが、これもれっきとしたついで買いなんですね。

ただ、ついで買いというのはお客様の良心に頼る部分が大きいので、どれほど効果があるのかは未知数です。

導入してみたものの、雑誌は売れない…

しかし立ち読みだけされて、肝心の雑誌を購入してくれないのでは?という不安もありました。

 結果としては予想通り立ち読みばかりで、雑誌を購入していく人の割合は少なかった です。

ちなみに立ち読み客は普段スーパーに来ることがない、高校生や大学生といった学生さんの姿が目立っていました。

そして、その学生たちは雑誌こそ買わないものの、飲み物やお菓子をちょこちょこ買っていってくれるようになりました。

ですから 期待していたついで買い作戦は、一応成功した といえるでしょう。

結局売上不振で撤去することに

しかし、1年も経たずに雑誌コーナーは撤去されてしまいました。

 その理由は危惧していたように立ち読みばかりで、雑誌の購入率が低かったから です。

つまり、雑誌を仕入れたはいいもの売上が予算に届かず、利益が取れなかったというわけです。

そして売れ残った本を仕入れ元に返品(業界用語では返本といいます)しなければならないのですが、この作業がまた面倒くさいのです。

この苦労は書籍を扱ったことがある方ならわかるかもしれませんね。

話が逸れましたが、 雑誌は立ち読みばかりで売れないわ返本の手間暇はかかるわで、結局導入したメリットがうちの店にはなかった というわけです。

そのため撤去に踏み切ったのですが、一部のお客さまからは撤去を惜しむ声も見られました。

立ち読みするだけでなく、ちゃんと雑誌を購入してくれる方はいるのですが、その絶対数が少なすぎたのでしょうね…。

雑誌コーナーを撤去しても、店への影響はなし!

さて雑誌コーナーを撤去してどうなったのかといいますと…。

立ち読みをしていた学生たちが常連客になることもなく、お客さんから雑誌の取り扱いをやめたことに関しての不満もほとんどあがりませんでした。

むしろ「立ち読み客が邪魔だと思ってたから、なくなってよかった」という意見のお客様もみられました。

これは人それぞれの意見だとは思いますが…。

 うちの店は雑誌コーナーを撤去しても、何も影響がなかった ということになります。

とはいえ、雑誌がしっかり売り上げに貢献している店もあるでしょうし、それぞれの店でどうなのかは、やってみなくてはわからないということです。

というわけで、撤去の主たる理由は「立ち読みばかりで雑誌が売れないという事態に陥ってしまったから」でした。

立ち読み客に、いかにしてついで買いをしてもらうか…という点でもう少し綿密にマーケティングをしていれば、また結果が違っていたかもしれません。

…とはいえあくまでスーパーの主要商品は生鮮食料品ですから、雑誌は売れたらラッキーという感じですね。

余談ですがコンビニが窓際に雑誌コーナーを設置しているのは、防犯上の理由もあるのだとか。

スーパーはだいたいレジ近くに雑誌コーナーがありますが、レジ前のガムやお菓子などと同じく、ついで買いを狙うには最適の配置場所なんでしょうね。

電子書籍が当たり前になってきた現代ですから、スーパーに限らずどこでも雑誌は売れなくなってきている気がします。

そのうちスーパーやコンビニの雑誌コーナーがなくなって、書店だけでしか雑誌を購入できなくなる日がくるかもしれませんね…。

スポンサーリンク

こちらの記事もお見逃しなく!