スーパーの夜間バイトは、学生におすすめ!-仕事内容や人間関係-

スーパーの夜間バイトは時給が昼間より高いため、効率よく稼ぎたい学生に人気のバイトです。

しかし、スーパーの夜間バイトはどんなことをするのかわからず、やってみたいけれど不安に感じている方も多いでしょう。

夜間バイトの仕事内容や人間関係についてなど、ふだんはなかなか知ることがないですものね。

このページではスーパーの夜間バイトについて、仕事内容から人間関係、メリットや注意点にいたるまでを紹介します。

スポンサーリンク


スーパーの夜間バイトの仕事内容

 スーパーの夜間バイトの仕事内容は、主にレジ・品出し・清掃 となります。

一般的には夜間レジ・夜間品出し・夜間清掃などとそれぞれが独立した仕事になっています。

しかし小さな店では、店の混雑具合をみながら、レジに入ったり品出しに入ったりしなければならないこともあります。

そんな店の場合、基本はレジが中心だと思っていてください。

ここからは夜間レジ・夜間品出し・夜間清掃のそれぞれについて、具体的にどんなことをするのかについて紹介します。

夜間レジ

 夜間のレジは客数が少ないことや客層の違いから、宅急便の受付や包装といった面倒な作業を頼まれる機会もあまりないため、昼間のレジに比べると簡単 だといえるでしょう。

笑顔でお客さまに接客するレジ従業員夜間の主な客層はサラリーマン

ただし夕方の値引きが始まると、30分~1時間程度忙しくなります。

それ以外の時間はたいして忙しくないので、むしろ退屈に感じる場面も多々出てくるかもしれません。

そして 夜間レジの一番重要な業務として、レジ締めがあります 

レジ締めはそのレジに入っている金額と売上に違算がないかを確認する作業となります。

万が一違算があった場合は、その原因を突き止めて不足分を見つけるまで帰れないこともあります。

夜間品出し

 品出しは売場を見て少なくなっている、またはなくなっている商品を補充する作業 です。

前出しをするスーパーの従業員誰にでもできる簡単作業

このとき、前出し(乱れた売場の商品をきれいに陳列し直すこと)も同時に行っていきます。

ひたすら売場とバックヤードを往復して、商品を売場に並べていくだけなので、とても簡単な作業だといえるでしょう。

夢中になって品出しをしていると時間が経つのも早く感じますし、接客もこちらから行うことはないため、人見知りの方や退屈なのはイヤだという方におすすめです。

夜間清掃

 スーパーの夜間清掃は、青果や鮮魚など生鮮部門のバックヤードに入って作業を行います 

バックヤードにこもっての作業になり、売場に出ることはほとんどないため、お客さまとの接触もありません。

具体的には 生ゴミを捨てたり、包丁などの器具を洗ったり、床掃除などの単純作業 となります。

ただ生ゴミは重量があるため、ある程度腕力がないと持つのも大変ですし、洗い物も長く続けると手荒れする可能性があります。

これらのことから体力に自信がない人は、やめておいたほうがいいかもしれません。

スーパーの夜間バイトの人間関係

スーパーは女性が多く、お局さまがいたり派閥があるなどで人間関係が大変だと言われています。

しかし 夜間バイトでは人間関係で悩むことはほとんどない といっても過言ではありません。

気に入らない相手に文句を言う女性女性が集まる職場の人間関係は複雑

それはなぜかというと、お局さまや派閥を形成しているメンバーの多くが女性(特に主婦)だからです。

 夜間に勤務している主婦はごくわずかですから、必然的にお局さまや派閥に巻き込まれることがない のです。

夜間のバイトに入っているのは学生もしくはフリーターが多いため、変に気張らなくてもいいですし、また同年代の友達や彼氏彼女を作ることもできます。

 まるでサークル活動のように楽しくバイトすることができるので、学生がスーパーでバイトするなら昼間より夜間がおすすめ ですよ。

スーパーの夜間バイトのメリット

ずばり、 スーパーの夜間バイトは昼間よりも時給が高くなるという点がメリット です。

ガッツポーズで意気込む女性時給が高くなるのは大きなメリット

スーパーにかぎらず、夜間のバイトは通常よりもプラス50~200円程度高い時給が設定されているところがほとんどです。

昼間バイトしている人からすれば、夜間はお客さまも少なく、仕事の作業量も減るのに時給が高いのはずるいと不満に感じることもあるくらいです。

つまり仕事の負担量と時給のバランスを考えると、 夜間バイトは少ない負担で高い時給がもらえる わけなんですね。

また もうひとつメリットをあげるならば、先述していますが人間関係に悩まされずにすむという点もあります 

やはりバイトするなら、自分と同年代の人が多いほうがなにかとやりやすいですものね。

 学生を中心として若者が多く働く夜間バイトは、人間関係を重視する方にとってもおすすめ ですよ。

スーパーの夜間バイトの注意点

最後に、スーパーの夜間バイトでの注意点についてです。

仕事内容に関してはレジの方は違算を出さないように注意するくらいで、特別注意点はありません。

それよりも、 夜間バイトということで帰宅時間も遅くなりますから、帰宅時に事件事故に巻き込まれないように十分注意してください 

 特に女性の方は、できるかぎりひとりで長時間歩かないようにする、送り迎えをしてもらうなどの対策を取ったほうがいいでしょう 

実際、夜間レジに入っていた学生に好意を持ったお客さまが、帰宅時を狙ってつけまわしていたというトラブルも起こっています。

高い時給の見返りに自分の身の安全がおびやかされるというのは、皮肉な話ですよね…。


スーパーの夜間バイトは仕事も簡単で時給も高く、しかも人間関係に悩まされないところが魅力だといえるでしょう。

同じスーパーでも昼間のバイトは、やることもたくさんありますし、主婦の人間関係には悩まされますから、夜間のバイトとは大違いなんです。

しかも昼間は忙しさからか、店全体の雰囲気もピリピリしていて居心地悪く感じることもしょっちゅうですが、夜間はなんだかまったりした感じで、まるで同じ店とは思えないほど変わります。

これらのことから、学生がスーパーでバイトするなら夜間がおすすめなのです。

スポンサーリンク


こちらの記事もお見逃しなく!