すももも、もものうち!-ネクタリンやプルーンも仲間-

有名なことわざの一つに「すもももももももものうち」という言葉があります。

このことわざを節で区切ると「すももも、ももも、もものうち」となり、すももはももの一種であることを指す意味を持つ文になります。

はたして、本当にすももはももなのでしょうか?

今回はそんなすももとももについて紹介します。


ももの系統は3種類に分けられる

ももはバラ科モモ属の果実で日本の果物というイメージがありますが、原産地は中国です。

その歴史は古く、日本においては縄文時代にはすでに伝来していたようですが、本格的な栽培が始まったのは明治時代ごろになります。

栽培が始まるきっかけとして、中国から「水蜜桃」という品種が輸入されたことが大きく起因しています。

「水蜜桃」は甘みが強い品種なのですが、この水蜜桃を品種改良した甘いももが広く流通されるようになり、現代のももの原型と言われています。

現在では数多くの品種が流通していますが、それらの品種は 白桃系・白鳳系・黄桃系という3つの系統 に分けることができます。

白鳳系

 シーズンの前半に登場する品種は白鳳系 であり、該当する品種は名称に「~白鳳」とつきます。

代表的な品種はそのままですが白鳳、また日川白鳳も有名です。

この 白鳳系は完熟に近い状態で収穫されるため、果皮は赤く 染まっています。

 果肉はやわらかくとってもジューシーで、甘みも強くとろける食感が楽しめます 

ただし、傷みも早いのでその点は留意する必要があるでしょう。

白桃系

 シーズン後半になると、白鳳系から切り替わって白桃系になります 

こちらも該当する品種は「~白桃」とつきます。

有名な品種に川中島白桃・清水白桃などがあります。

 白桃系の桃はその名が示すように果皮が白い のですが、一部ピンクに色づいているものもあります。

これは栽培時に日光が当たったかどうかの違いだけで、味に差はありません(りんごと同じく、光が当たると果皮が色づくのです)

白鳳系とは逆に 白桃系は熟す前に収穫されるため、果肉は硬めでシャキシャキの食感 をしています。

 糖度は高いのですがさっぱりとした甘さ となっているので、食べやすい桃だといえるでしょう。

黄桃系

こちらはちょっと変わった黄色のももの品種の総称になります。

マンゴーのようなもも

代表的な品種は、黄金桃など。

 果皮も果肉も黄色 なので、まるでマンゴーのような見た目ですが、日光に当てて栽培すると普通のももと同じピンク色の果皮になっちゃいます。

 ジューシーでとろけるような食感で、強い甘みがある一方で適度な酸味も存在しています から、甘さと酸味の両方を味わいたい方におすすめの桃です。

白鳳系や白桃系に比べるとレアものなので、欲しい場合は見かけたらすぐに購入するといいですよ。

ネクタリンは毛のないもも

ネクタリンはバラ科モモ属の果実でももの仲間の一種なのですが、ネクタリンにはももとの大きな違いがあります。

まず大きさが全然異なっており、 ももの大きさに比べるとネクタリンはその半量くらいの大きさ で、わりと小さめの果実といえるでしょう。

また果皮が深い赤みを帯びており、さらに 毛がなくつるつるしている こともネクタリンの特徴となっています。

果肉は品種によってさまざまな色をしていますが、基本的には黄色であることが多くなっています。

 締まった肉質で、強い甘みと適度な酸味 があります。

こうしてみると、ネクタリンはももよりもすももに近いように思えますが、れっきとしたももの仲間なんですよ。

すももの由来は酸っぱい桃!

すももはバラ科スモモ属の果物で、原産はももと同じく中国です。酸っぱいももということから「すもも」と名付けられました。

なお すもものことをプラムと呼ぶこともあります が、むしろこちらの名のほうが聞き慣れている人もいるかもしれませんね。

そんなすももは、 古来から日本国内に存在している日本すももと後述する西洋すももの2種類に区分 することができます。

このページでは、日本すももを単にすももと略して呼ぶことにします。

すももが日本で栽培されるようになったのは、明治時代と意外にも近代的な果物なんですよ。

主な品種は大石早生やソルダムですが、 すももは品種によって果皮や果肉の色が異なっており、それぞれの品種に個性がある珍しい果物 といえるでしょう。

プルーンの呼び名でおなじみ、西洋すもも

すももと同じくバラ科スモモ属の果物である 西洋すももは、一般的にはプルーンと呼ばれています 

以下、西洋すもものことをプルーンと呼ぶことにします。

原産はヨーロッパですが、近代になるとカリフォルニアで盛んに生産が行われるようになり、今では世界的な名産地となっています。

国産プルーンはレア

ちなみに日本では雨に弱いというプルーンの性質上、ごく限られた地域でしか栽培されていません。

すももの仲間ですが見た目も中身も異なっており、たとえば すももには種がありませんが、プルーンには種があります 

プルーンは主にドライフルーツなどに加工されることが多い果物ですが、生食用として生産されている品種もあります。

しかし生食用の品種が店頭に並ぶことはあまりありません。

主な産地

 もも・ネクタリン・すもも・プルーンのすべてにおいて、長野が主な産地 で共通しています。

さらに詳しくみていくとももとすももは山梨でも生産が盛んとなっており、これらの栽培には寒冷地が適していることを表しています。

特にプルーンは国内での生産量自体が少ないため、 国産プルーンの存在はレアもの だといえるでしょう。

鮮度チェック方法

このページでは諸都合によりプルーン以外のもも・ネクタリン・すももの鮮度チェック方法について記しています。

では、ももから順番に鮮度チェック方法をみていくことにします。

もも

ももは非常にデリケートな果物のため、少しの衝撃でもすぐに劣化してしまいます。

そのため、 潰れていないか・指で押された跡がないかどうかを念入りにチェック するようにしてください。

押され跡などによって見た目が悪くなってしまうと、いくら中身がきれいであったとしても、プロパーでは売れなくなってしまいます。

 その他はカビていないか、汁が漏れてきていないかも確認 しましょう。

そして、フルーツキャップが被されているときの鮮度チェックは注意してください。

なぜなら、 フルーツキャップを外さないとわからない部分が傷んでしまっていることが多々ある からです。

こればかりは仕方ないので、時間があるときにキャップを外して確認する、という手間をかけながら鮮度チェックするしかありません。

ネクタリン・すもも

 ネクタリンやすももはももよりも表皮が硬く耐久性がある ため、ちょっと触れただけで傷がつくということはありません。

そして劣化するスピードもそんなに早くはないので、さほど神経質にチェックしなくとも大丈夫です。

ただしそれでも いずれカビてきたり、劣化して皮が裂けた部分から汁が漏れてきたりします から、鮮度チェックは怠らないようにしましょう。


すももの由来が酸っぱいももだから、とは驚きですよね。

というわけで、間違いなくすももはもものうちだったというわけです。

またネクタリンやプルーンも姿形は多少異なっていますが、ももやすももの仲間ということがわかりましたね。

広義的にはももやすももと同じバラ科には、りんごやさくらんぼなどざまざまな果物がありますから、これらもある意味仲間といえるでしょうね。

こちらの記事もお見逃しなく!